忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[1071] [1070] [1069] [1068] [1067] [1066] [1065] [1064] [1063] [1062] [1061]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝4時に起きて、ブイ情報を見ると、

13ft. 16sec. @314(NW)

とあり、どうやらいきなり北西うねりが入ってきたようだ。

16秒とはかなりのグランドスウエルだ、と気を入れる暇もなくフレちゃんに電話すると、

「まちがいなくメジャーリーグベイだな」と言う。

しかし、こちらは許可証を持っていないジョンがいるので「イナリーズに行くね」とハイウエイを西に走った。



イナリーズに着くとこんなにすごい波だった。



かなり大きく、流れもすごい。
いきなりのリアル・イナリーズで驚いた。



「Oh my god...」と唖然とするジョンを横目に着替える。



あまりの海のすごさに波乗りする気が失せたジョンをなだめ、すかしてなんとか着替えさせてボードにワックスを塗ってもらい、「よし行こう!」と上流にずっと歩いていく。

ジョンをたまに見ると咳き込んだり、セットを見て下を向いたりしているのでかなりの緊張が伝わる。

「この波を6'2"じゃむずかしいでしょ」

「俺は5'0"だぞ」

「......」

と彼の逃げ場がなくなっていく。

でもジョンのように「サーフ歴23年、そしてかなりのグッドサーファーだから溺れることはない」という確信を持って景気付けながらカレントの切れ目まで来た。

ジョンは「セットの間隔を計ってみる」と言いながら腕時計を見つめている。

セットが来るのを待っていたが、あまりにも来ないので、リーシュを付けていると、今度は「胸の動悸がすごいよ、俺には大きすぎるみたいだ」とまた弱音を吐くので「大丈夫、ダイジョーブ、ノーウオーリービーハッピーだ、ノープロブレモー」と各国の言葉で安心させる。

「先に行くね」と待てずに沖に漕ぎ出して、途中で水平線が暗くなると「嗚呼、大セットだ」と今度は俺が怖がりながら流れに乗ってパドリングアウトしていった。

幸いにも大セットはやってこずに沖に出ることができた。

沖はセットも見えず平和なのと、ひさしぶりの真イナリなので、小さめの肩の切れたのに偵察を兼ねてテイクオフした。

すると、波から押された瞬間に空中に飛び出すようなテイクオフとなり、なんとかテイルのレイルが波面に噛んで無事を得た。

ジョンに向かって腕を上げながら「ダイジョーブー」と無言でアピールする。

一本すごいのが入り、セクションのつなぎ目からテイクオフし、そのままワンターンし、合わせてバレル、そして出てきてからもう一回パンプしてバレルに入り、さらにもう一回バレルに入れそうだったのだが、あまりのうれしさになぜかキックアウトしてしまった。

悔しいがうれしい。

でも今年初の一本で三回バレルだったのに、とよく考えてもやはり悔しい。

今度は「ヒュー!ジョニー!!」と嬌声を発して、まだ浜にリーシュを持ったまま立っているジョンを呼ぶ。

それを聞いて意を決したジョンがパドルアウトを開始した。

俺は沖のセットを見る。

何も見えない、「いいぞ、ジョン急げ!」と心の中でつぶやく。

インサイドセクションを抜け、アウトのファーストセクションにさしかかったところでいきなりセットが現れた。

怖がらせてはいけないと、動かないでいたが、今度は俺が喰らってしまいそうなので慌てて沖に動く。

ドッゴーン!!

とものすごい量の圧縮したリップが飛んできた。

「これじゃ、ジョンはお陀仏だあ」と少し彼を憐れむ。

ものすごい泡から逆向きになって現れたジョンの絶望的な顔を見た。

「大丈夫だ!もう何も来ていない。急げ!」と応援して、彼のモチベーションを高める。

もう一発小さいのを喰らって、ようやく出てきたジョンは

「ヒュー、あきらめるところだったよ、圧力がすごい!ムーンサルト3回転を決めたぜ」

と顔を紅潮させながらジョンは真剣なるジョークを交えた正直な感想を漏らした。

「でしょ、だってここはイナリーズだもん」となぐさめずに、イナリ印のブランド崇拝者ならではの意見を伝えた。

ジョンはセット間隔は「16分だ」と彼らしい真面目なる計測結果を俺に教えてくれる。

俺はあんまりそういうのを気にしないので、ふーんと聞き流した。

少ししてジョンにいい波がやってきた。

「GOGOGO〜!」といい波だということを知らせ、ジョンが決死でパドルインするが、テイルがリップに乗ってしまった。

彼はまっすぐ降りる(チョッカル)ことしか選択肢がなくなり、ジョンはグッドサーファーらしくテイルを踏むのだが、そのままリップから飛び降りるように墜落し、量子爆弾のようなインパクトの直撃を受けた。

沖に戻ってきたが、暗い顔で消沈している彼に「後もう一回パドリングをすれば楽勝だったぞ」と伝えるのだが、ジョンのショックは大きいようで、気のない返事だけが返ってきた。

それから何本か乗るが、流れがすごく、上がらなくてはならない目印のサビタ号が目前に迫ってきた。

ジョンはあきらめたようで、ずっと向こうに流されてから上がってしまった。

俺も上がろうと一瞬思ったけど、ちょうどフェイマス社主宰のジェイミーがやってきて見ているので、また気合いが入った。

奥の方が波も大きく、テイクオフの掘れもすくないので、上流へ本気パドリングを開始した。

呼吸だけ気にしながら全開パドルを続ける。

顔から汗が吹き出ているのがわかる。

こんなフィジカルなサーフィングはひさしぶりだなあ、と岸を見るとジェイミーがパドルアウトしてきた。

いいセットが入り、それをジョンがピンボケで撮ってくれたのがこれ。



これがすばらしい波で、そのままハイラインでバレルを抜けてきたインサイドセクションまでも撮ってくれていた↓



ジェイミーのバレル↓



上がってみると、細く、長く伸びきってしまったリーシュ。

軽く1.5倍は長くなりました。

イナリ印のパワーを物語る証拠ですね。

去年はリーシュセイバーごとポリエスターボードに食い込んでしまったけど、AVISOはそうはならない。



で、疲れ果てて上がってくると、上記した撮影がジョンによってされていて、それに喜んだ俺は持ってきたこの「サメ君に乗るから撮ってね」と空気を入れる。



ジョンは「デュード!本気か?」

というのだけど、それには答えずに沖に向かった。



浮きすぎてダックダイブができないので、こうして波の上を通してゲッティングアウトした。



流れと、波の圧力があまりにもすごく、「一本だけ乗ろう」と決意して乗ったのだが、ジョンがよそ見していたのか、撮れたのはこのインサイド写真だけ。



ちゃんと乗ったんですよ。(笑)
ジョンにも「次のAVISO新モデルはこのサメシェイプだぞ」と念を押して、にっこにこでジョンのお母さんの家に行きました。



続きます。



(おまけ) 昨日D大先生はサンフランシスコ公演で、このブログでもおなじみのジェイソンが見に行ってきた。

俺の作品がグラフィックになったツアーバス。



D大先生のサンフラン衣装がコレ↓



アコースティック↑
エレキング↓



(おまけ2) 先週末に行われたスケートコンテスト時にノースハワイ辣腕写真家のジャスティンが二灯フラッシュでノアを追っていました。



作品を見せてもらったらかなりの出来で、俺も二灯フラッシュが欲しくなりました。

(お知らせ)
南島キャプテン津村さんがマウイ島に戻ってしまいました。



せっかくうねりが来たのに残念です。

先日彼の波乗りを撮ったので、後日掲載しましすね。

津村さんの55才の波乗りチャレンジに俺も勇気と元気をいただきました!
ありがとうございました!

今日は少し長くなってしまったけど、読み切れましたか?

いつもお越しいただき、ありがとうございます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
心臓バクバク
ジョンの気持ち、解ります。
前回、激浅ミナゴロシでパドルアウトする
自分もそうでした(笑)。

でも勇気のきっかけを貰って
一歩踏み出すことが出来れば、新世界の扉が
開けるのですね。

天国か地獄かは・・・?

またNAKIさんと波乗りしたいです!!
カジキ南島 2009/02/24(Tue)13:00:00 編集
(((・・;)
真イナリーズに感動です!
またもや、自分と同じBD3とは信じられず、“嘘やろぉ~っ、スゲェ~”っと、ただただ口がアングリだったのと、ジョンの心境が痛い程分かる今日のブログでした(笑)

ps.祝!!長文~(嬉)
トメ.カレン 2009/02/24(Tue)13:42:37 編集
無題
半端じゃないですね!!!さすがです。
今日のサンセットは10ftでかなり混雑でした。。。
だん 2009/02/24(Tue)14:21:56 編集
無題
「後もう一回パドリングをすれば楽勝だった」というお言葉に、ハワイの波乗りの難しさを感じました。びびる自分との闘いなのでしょうかね。
no name 2009/02/24(Tue)14:57:45 編集
沖縄ぜんざい
激浅ミナゴロシはすごかったですね。
沖なのに水深50cmはやはり魔界島です。

新世界にぜひぜひ〜
津村さんが「カジキくんカジキくん」って言っていました。
ふなき 2009/02/24(Tue)15:16:41 編集
思うのですが
私もひさしぶりの真イナリに感動しました。
地形が悪かったからこの冬はだめかなあ、と少しあきらめていたところなのです。

逆に短いBD3の方がイナリーズに合っているような気がします。
テイクオフで一本も刺さらなかったことが証明していると思うのです。

ありがとうございます。
ふなき 2009/02/24(Tue)15:18:48 編集
リッキーくんも元気みたいですね
サンセットの夕方が良かったそうですね。
カラニ・ディビッド君がイナリに来ていました。
空いていて夢見たい、ですって。
ふなき 2009/02/24(Tue)15:20:23 編集
道は
後一回のパドルが切り立つとむずかしいのです。
俺もいつも「もう一回、もっともっと」と思いながらテイクオフしています。
厳しく険しいです。
ふなき 2009/02/24(Tue)15:21:24 編集
ご無沙汰です
ご無沙汰しております。
毎日のブログを楽しく拝見しております。
週末しか波乗り出来ないので、ハワイの良い波が
とてもうらやましいです。
先週末は仕事でアリゾナのキャンプ地めぐりでした。今年はシアトル、LAが興味を持ってくれた
ので、シアトルの日本人選手に使ってもらうのが
楽しみです。もちろんWBCが終わってからに
なりますが。
次回のCABBQ楽しみにしてますよ~。
次は寝袋持参します。
マシン屋 2009/02/24(Tue)15:55:11 編集
M気炸裂
リアル・イナリーズ!!
巻かれてみたい。。。
そう思う自分はかなりM度数高いのでしょうか?(笑)
この波をBD3でヤルなんて快感でしょうねぇ~!
しかも、サメくんも登場とは!?
ダルマに対抗ですか?(笑)
明日も、ぜひ~
Fg 2009/02/24(Tue)17:04:53 編集
あろれなりん
久々に手に汗握りイメージしました、自分のイメージでは白人は恐怖を感じないと思っています、それがビビルとはそうとうなのでしょうね
TAKASHI 2009/02/24(Tue)21:27:04 編集
おお!
先日の日本での最高の波がそちらに届きましたね!
む~、同じウネリの元と思うと感無量です。

そして、ノースハワイの民の大挑戦、しかと見ましたです!
次回は畳でお願いしますです。

しかし、おれの出来ないボトムターン、見せ付けるね~~。

負けた・・・
二平ウニCAFE 2009/02/24(Tue)21:32:02 編集
すごい!
マシン屋さん、
ごぶさたしております。
それでは時速200km投球のマシンが完成、納品したのですね。
今年はシアトルとダジャース打撃陣がすごくなりそうです。
CABBQは3月中旬か4月上旬を予定しています。
朗読コーナーも作りますのでお楽しみに!
ふなき 2009/02/25(Wed)11:12:34 編集
イナリサメダルマ
はい、その通りです。
このサメ君は「先日のダルマ返し」と、来る日への鍛錬です。
ダルマに20インチシングルフィンを付けて乗ってみたいのです。(笑)

巻かれても平常心であれば平気ですよ。
ぜひぜひ〜
ふなき 2009/02/25(Wed)11:14:12 編集
履歴書の覧には
白人は恐がりですよ。
みんな同じだと思います。
ただ、低温には異常に強いのが特記事項ですね。
ふなき 2009/02/25(Wed)11:15:10 編集
おおバニーさん1!
二平さん、やはり同じ低気圧からですね。
また次のうねりが来ている、ということで気合いが入っています。

畳ストリンガーとかまぼこブギーに挑戦しますね!
ふなき 2009/02/25(Wed)11:16:54 編集
デカっ!
波、大きいですね~。
俺なら「見てるだけー」ですよ。

カウアイ恐るべし!
よーし!カウアイに行ったら必ずAVISO購入しますのでアドバイスよろしくお願いします。
KAZU 2009/02/27(Fri)19:41:10 編集
北海のカズさんへ
見ているだけでもすごい波ですよ。(笑)

AVISO楽しみですね。
いつ来られるのですか?
ふなき 2009/02/28(Sat)00:06:10 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ