忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2ヘッドイーグルロゴのNAKISURFリーシュが完成しました!



じつはこれを1年以上前からフェイマス社にお願いし、さまざまな長さのリーシュを作ってもらっていたのです。

で、いちばん気に入ったのが6'8"(6フィート8インチ=203cm)という長さ。

リーシュって普通は6フィート。

この長さは誰が決めたのだろうか?

と考えると、ボードの長さに対してのものとわかった。

ロングボードは9フィート程度。

とすると、BDシリーズは5フィートなのか?

思うけど、6フィートのリーシュは俺には短い。

波に巻かれて上がってくると、顔の周りにボードがあって怖い思いをしたことが何度もある。

で、長いコンペリーシュはないかなあ?
とマーケットを探していたんだけど、みんなステレオタイプなのか、何もかんがえていないのか、判で押したように「6フィート」ばかりだった。

「それなら俺が作る」

と最初は7フィートを作ってもらった。

そして少し長いので、短くしようとまた考えて、俺がゾロ目好きということもあって、6'6"(198cm)という案もあったんだけど、もう5cm足して203センチとなりました。



そして4本のサンプルを去年のサンディエゴASR(1月29日)の際に受け取り、ずっと俺と柳瀬で使用しました。

王子邸前、ニューポートビーチ、Tストリート、トレッスルズソフトサンドリーフ、闘牛はもちろん、ホワイトハウスにイナリーズ、そして三日月湾と全ての波にずっと使っていました。

完璧だったので、「生産GO」サインをジェイミーに出したのが昨年の11月。

他の機能はフェイマス社自慢のパワースイベル、リーシュセイバー、キーポケットという仕様を使わせてもらえることとなったのです。

今度は生産に入る段階で、少し問題が起きました。

それは、大量生産をすると値が安くなる代わりに『中国工場での生産」となるというのです。

俺は、アメリカ製のタフなリーシュをイメージしていたので、

「じゃあ、何本までならアメリカで生産できるの?」

と値段よりも少量生産にこだわりました。

それから冬が来て、クリスマス、そしてお正月と通過し、ようやくというか、やっと完成した、という誕生物語をこの2ヘッドイーグルロゴのリーシュは持っているのです。

余談ですが、このサンプル版の一本は先日イナリーズの強波の日に10'0"まで伸びちゃったけど、こんな日もボードが体に跳ね返ってくることなく、安全にサーフを楽しんだ。

6'8"。
この微妙な長さが俺が提案する「魔法のリーシュ長さ」のようです。

直径5mmのコンペティション版



に加えて、ある程度の大波まで使える6.5mmのレギュラーの2本立てです。



巻かれて引っ張る系の人はレギュラー。

一緒に波に巻かれていける人はコンペティションをお選びください。

ちなみに俺はコンペティション版のみしか使用していませんが、

1)大波が来てもボードは捨てずに必ずダックダイブする

2)巻かれてもボードと一緒に波の中にいる(引っ張らない)

3)もし切れても岸まで泳げる経験と自信

上記の3つが守れる人はぜひコンペティション版の5mmをお選びください。

俺は「細いリーシュの方がパドリングとテイクオフが速い」という信仰なのですが、友人のブルースは「関係ない」と深く信心しているので、どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。(笑)

PR
ノースハワイに戻ってきて、まずは大好きなうどんを食べる。

みりんをベースにした昆布出汁のつゆに半熟よりゆるい程度の玉子を温め、ゆであがったうどんにかけて食べました。



空港から「うどんうどんうどん」となっていたので、これで満足。

北西うねりが入っているというので、ソフトサンドに行くと、頭オーバーダブル未満の波がズドンズドンと割れていた。

ノースハワイおそるべし。



この夏に向けて、エルサルバドルでデザインしたNAKISURFメインロゴ「2ヘッド・イーグル」Tシャツが完成しました。



イタリアデザイナー風ロゴはコカコーラTに引き続き、古着風のかすれプリントです。



完成現物はこちら↓



完全再現できていて、さすがドクサープリントだなあ、とうっとりにこにこ。



プリントもこの通りです。



ここにはPURE LIFEはもちろんのこと、

GO SURF!(サーフィンに行こう!)

FEEL THE OCEAN POWER NOW!(海のパワーを感じよう!)

とメッセージを入れました。



サイズはXS,S,M,L,XLの5種類です。

オーガニック素材の着心地と柔らかさ、そして発色の質が高く、お客さまの満足度が非常に高いので、今回もBEAMSコラボTに引き続き、オーガニックコットン100%の生地を使用しました。

そして人気沸騰のザクロ色(赤系)と、ディジョンイエロー(黄系)の2色を用意しました。

サイズは以下を参考ください。
いわゆる少し大きめのアメリカサイズです。

XS:A(丈)66cm
   B(幅)41cm
   C(肩幅)35cm

S: A(丈)71cm
   B(幅)46cm
   C(肩幅)40cm

M: A(丈)74cm
   B(幅)50cm
   C(肩幅)44cm

L: A(丈)75cm
   B(幅)55cm
   C(肩幅)47cm

XL:A(丈)80cm
   B(幅)60cm
   C(肩幅)50cm

デザイナーブランドなどでおなじみの柔らかいオーガニック素材。



「アメリカンアパレルORG2001」です。

価格は44ドル(アメリカからの送料込みです)

いつものように限定枚数ですので、ご希望の方はお早めにどうぞ!

お値段はプレミアムTシャツ価格の44ドル。(送料、関税込み)

に加えて、NAKISURFオリジナルステッカーを1枚お付けします。

2枚コンプリートで79ドル。(送料、関税込み)
に加えて、NAKISURFオリジナルステッカーを3枚お付けします。

ご希望の方はメールで、【shop@nakisurf.com】 までお願いします。

題名を『2イーグルT希望』として、

ご氏名、
メールが届かない場合の連絡先、
そしてご希望のデザイン、
色、
サイズ、
枚数をお知らせ下さい。

NAKISURFカスタマーサービスより折り返しご連絡させていただきます。

到着までのおよその目安は、決済終了後、約2週間です。

ノースハワイから梱包してUSメイルで郵送いたします。

新しいオーガニックタグプリント(ミントグリーン)がこの位置に入っています↓




made in USA!
しかもprinted in Kauai!!

合言葉はPURE LIFEで!


青い空のカリフォルニア。
これは乾燥している大気と、北米大陸沿岸のコンビネーション。

大好きだったナイキのシューズをモチーフにした看板を見つけました。
かっこいい。

先日もお伝えした、GW後に仕上がる予定だったNAKISURFコカコーラTシャツが完成しました!



ご予約いただいて、決済が終了した分は全て本日発送しました。

サンフランシスコのクリエイター、ジェイソン・アンダーソンも早速着てくれています。



まだ若干枚数ございます。

ご希望の方は shop@nakisurf.com まで題名を「コカコーラT希望」として注文下さい。

カラーはコカコーラレッドのみの一色。

ロゴは古着風のかすれプリントです。
ドノバンがエルサルバドルで着ていたプリントにより近い質感を表現しました。



サイズはXS,S,M,L,XLの5種類。

サイズは以下を参考ください。
いわゆる少し大きめなアメリカサイズです。



XS:A(丈)66cm
   B(幅)41cm
   C(肩幅)35cm

S: A(丈)71cm
   B(幅)46cm
   C(肩幅)40cm

M: A(丈)74cm
   B(幅)50cm
   C(肩幅)44cm

L: A(丈)75cm
   B(幅)55cm
   C(肩幅)47cm

XL:A(丈)80cm
   B(幅)60cm
   C(肩幅)50cm

デザイナーブランドなどでおなじみの柔らかい素材は「アメリカンアパレルの2001」です。



価格は39ドル(アメリカからの送料込みです)



新しいタグプリント(グリーン)がこの位置に入っています↓



made in USA!
しかもprinted in Kauai!!なのです。

これを着てPURE LIFEですね!


波が小さくなってしまった。

なので、早朝より原稿書き、写真整理、デザイン等々にじっくりと取り組んでいる。

昨日からTシャツのことばかりを考えている。



最近素材にこだわり、やわらかコットンから、デザイナーズTへとシフトし、遂にオーガニックコットンに行きついた。

この素材の発売会社は弊社ではおなじみの「アメリカンアパレル社」
今時珍しいMADE IN USA製である。

このオーガニックが発売され、試しに昨年のグリーンルームフェスティバル会場で領布した「NAKIPHOTO記念Tシャツ」に使用してみた。
そのTシャツを手に入れた方ならご存じだろうが、
それは柔らかく、発色もたおやかで、根性のある耐久性がたまらなく気に入ってしまった。

さらに今年に入り、6色が追加された。

でもなぜオーガニックTに行き着いたのだろうか?

早速検索すると、なんと桑原茂一さんのサイト「メディア・クラブキング」がヒットした。

そこに詳しい記載があって、一部引用すると↓
================================

なぜ、私はオーガニックコットンを選ぶのか?

はじめに、通常の綿素材が人体に有毒であるということはありません。ただ、他の農作物に比べ手のかかる綿栽培は、その手間を省くために大量の農薬を必要とします。地上のわずか3%にも満たない面積の綿花栽培農場で、全殺虫剤消費量25%が使用されているという報告があります。土壌汚染のみならず、空気や雨、霧や雪などからも農薬が検出されるという深刻な問題を引き起こしています。さらに、その強力な薬品は、本来土壌に栄養をもたらす微生物までをも殺し、より多くの合成肥料を使用するという悪循環をもたらしています。
そこで『TASM ORGANIC COTTON』、『stop-rokkasho T』プロジェクトでは、自然のサイクルに逆らわない無農薬有機栽培で育てられた、オーガニックコットン100%でTシャツを作ることにしました。それが自然農法を増やし、水や空気の浄化につながればと願っています。着る人が増えれば増える程、持続的な社会の実現も可能です。

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは、化学薬品を使わずに有機栽培され、加工の段階でも化学処理をせずに作られた無農薬有機栽培綿のことです。化学肥料の代わりに有機肥料を、除草剤の代わりに人による除草作業を、綿につく害虫にはそれを食べる益虫をあてがうなど、有害物質を使わずに駆除し、刈り取りは枯れ葉剤などを使って人工的に葉や茎を枯らすことはせず、自然に枯れる10、11月まで待ちます。有機栽培法とは、化学薬品に代わる様々な工夫を凝らして行われるのです。
================================

と書かれていた。

そんなに重要だったこととは知らずに使っていたが、これも何かのお導きなのだろう。

じつは「BEAMSさん限定のNAKISURFプレミアムTシャツ」の再販を求めるうれしい声が多く、遠方の方たちにも手にしていただけるようにNAKISURF内、そしてウミカフェに代表されるラグジュアリーストアで販売させていただけないか?とBEAMSさんの担当者と話すと、それを快く諒解していただいた。

で、増刷しました。



↓ぜひナンバーワンT/黒・黒プリント(オーガニックT)



↓ぜひナンバーワンT/ナチュラル・蛍光イエロープリント(オーガニックT)



↓イーグルT/パープル(オーガニックT)



↓イーグルT/レッド(オーガニックT)



いつものように限定枚数ですが、S、M、Lと3サイズ,そして全色完全コンプリートしました。
(今日は平気だと思いますが、ご希望カラー、サイズ品切れの際は容赦願います)

お値段は44ドル。
(送料、関税込み)
に加えて、NAKISURFオリジナルステッカーを1枚お付けします。

2枚で82ドル。
(送料、関税込み)
に加えて、NAKISURFオリジナル・ステッカーを3枚お付けします。

3枚で115ドル
(送料、関税込み)
に加えて、NAKISURFオリジナル・ステッカーを6枚お付けします。

4枚コンプリートで142ドル
(送料、関税込み)
に加えて、NAKISURFオリジナル・ステッカーを10枚お付けします。

としました。

ご希望の方はメールで、【shop@nakisurf.com】 までお願いします。

題名を『BEAMS T希望』として、

ご氏名、
メールが届かない場合の連絡先、
そしてご希望のデザイン、
色、
サイズ、
枚数をお知らせ下さい。

NAKISURFカスタマーサービスより折り返しご連絡させていただきます。

到着までのおよその目安は、決済終了後、約2週間です。

ノースハワイからしっかりと梱包しお送りします。

MUCHO ARIGATO!
今日はブログ700回目という節目の日です。

アクセスカウンターを見ると、ものすごい数の読者さんがいてびっくりしました。

雨の日も風の日も、眠い日も、寝られなくて、または朝起きてすぐに、コーヒーを飲みながら会社で、学校で、ネットカフェで、モスバーガー店内、お気に入りのカフェで、移動中携帯で、旅先、海外で、とアウトプット場所は様々でしょうがいつも読んでいただき本当にうれしく思います。

ありがとうございます。

本編に入ります。

夜明け前からウッドと波乗りに行く。



ビッグセーブで朝食を購入する。



メネフネマートのそれと違い、値が高いだけで量のないサンドウイッチに落胆するウッド。

ビッグセーブの総菜担当者は競争店も見て勉強してくださいね。

(このことを説明するにあたり、よく言えば「アロハ精神」。悪く言うと「どうでもいい」。ビッグセーブは従業員全員にそんな気持ちが蔓延しているように思える。このペラペラ具なしサンドに3ドルも誰も払わないと思います。実際毎日売れ残っている...)

余談だが、カビカのあっちゃんの地元ソルトポンドにあるマーケット、そこのツナサンド(2ドル)が絶品であることはあまり知られていない事実だ。



波は小さいが、なんとかできるコンディションでした。



NAKISURFよりウッドに届いたばかりのヘビー級仕様バットフィッシュL(L=LUXURY)。



フットボール選手のようなウッドの体重は100キロ強で、巨漢コールにお任せして弾きだされたのはこのサイズ↓



6'2"x20-3/4"x2-5/8"

バットフィッシュはフルレイルなので、厚みより幅を多くしてきましたね。

セルフタイマーでパシャリ。



俺はBD3をバックアップにし、このDOCのAVISO6'1"ホワイトプロを試す。

ひさしぶりのニューボードに緊張気味のウッド。

そして波乗りを開始して、5分後には「こんなに調子良いサーフィングはないぞよ!」

とウメボシ星の殿下(©藤子不二雄)みたいな口ぶりで大興奮。

多くのタルいセクションをスケーティングで抜けていき、レイルが波に引っかからないことにも驚いていた。

俺もエルサルバドル以来のDOCことドッキーのAVISOボードの確かさににっこり。

これからの季節、ホワイトハウスのスモールからミッドサイズまでもこのボードは大きな武器となるだろうな。

ほくほく笑顔で二人は帰還となり、イシハラマートでお弁当ランチ。

自身の波乗りに大満足しているウッドは、フィッシュフライ弁当(9ドル)とまぐろポキ(5ドル)の14ドルランチという大盤振る舞い。



いつでも冷静な俺は浮かれることなく「ベジタブル・ラップ」4ドル→値下げ2ドル品を購入。(笑)



さて、これから仕事に入ります!

NAKISURFがリニューアルしました。


人気ボードランキングから、新着、注目アイテム等々、情報を多くしたのでどうぞお越し下さい!

これからもNAKISURFをどうぞよろしくお願いします。

(お知らせ)
大人気ロングボード誌『NALU』に私作品が見開きで掲載されております。



この日は美しい朝焼けでした。



このように作家紹介ページもあって、ありがたいです。



(お知らせ2)
今度は南島のがんちゃんのお店「ハワイアングロットー」が、あのカフェスイーツに見開き掲載されています。



誌面にはがんちゃんと雪子さんが作ったカフェの魅力が満載です。



やさしいがんちゃんの作るおいしいカクテルと、画家の雪子さんのおいしい料理と絵が飾られた南島は大川の「ハワイアングロットー」にぜひ〜!

各都市から直行便が就航中です。(JALとANA)

波が小さい。

夜明け後に波を見にホワイトハウスに行く。



30分に1本頭程度がやってくるのだが、他は小さくリーフに当たらず「ロール」というドヨドヨのブレイクでカヌーなら乗ることができる程度。

やることが盛りだくさんなので、オフィスに戻って仕事をする。



写真整理が主だが、最近はデジタルなので量がすごい。
イナリーズの季節だと月に1万枚は撮っている。

波だけの写真で1万枚。

だが、夜明け、夕焼けのみに撮っているが、佳いものはその一万枚中に一枚でもあれば大満足となる。

波写真の世界も、撮られる波も厳しいのだ。

働きたい会社に行き、雇用してもらうことを「就職」と言うが、もしあなたの他に就職したい人がいて、雇用されるポジションがその数に合わないとそれは競争となる。

これは「就職率」として数字が出されるが、この世の中なんにでも倍率が存在する。

野球だとヒット(ホームランも含む)を打った数をバッターボックスに立った回数(打数)で割ると「打率」という数字となるが、イチローさんは伝説並にーーあれだけ打っているのに.350、3割5分程度でしかない。

野球とはむずかしいもので、こんな少ない数字が伝説の領域なのだから、サーフィング世界はどうだろう?と目を向けてみた。

まずは「ワイプアウト率」、または「テイクオフ率」というカテゴリーを設けてみてはいかがだろう?

ワイプアウト率は、名前の通りテイクオフからキックアウト(プルアウト)までを表すもので、この求算式は、

「ワイプアウトの回数 ÷ テイクオフできた回数」となる。

例えば22本波に乗り、ワイプアウトが7回なら0.318となり、それは「3割1分8厘だ」とわかる。

そしてテイクオフ率は少し難しく、

「実際にテイクオフした回数 ÷ 自分のところに波がきた本数」

で求められるが、実際には自己申告であるためにあまり正しい数字ではないだろうが、混雑の状況を伝えるにはわかりやすいかもしれない。

以前ーー1987年にパイプラインの佳い波の日にサーフしたが、この日は3時間入って一本乗ったのみである。

沖で待っていた俺には、きっと5分に3本は「乗ることができる波」が来ていたのだろう。

とすると、1時間で36本、3時間で108本=0.009。
たった9厘のテイクオフ率となる。

混雑度はこの数字で測れますね。

とまあ、サーフィングにそんな数字はいまのところ存在していないのが救いである。

話は変わって、ドノバンから毎日のように電話がある。

今日も彼が5月初めに行くタヒチについて話していたら、AVISOのジョンからキャッチフォンが入り、ドノバンに「ではではBYE」と言い、切り替える。

そのジョンは「今ネバダからAVISOボードを弊社に向けて輸送中で、その中にはBD3(アルタネート・ロゴマーク位置)と、NEW TOYがある」という。

NEW TOYといえば、前出のドノバンと行ったエルサルバドルで、その異端なる性能を発揮して俺たちの度肝を抜いたボードだった。



シェイパーのDOCによると、「普通のクアッドフィンボードをいかに短くするか」というところに腐心したデザインであるという。

昨年の夏前にそのポリエスター試作品はハンティントンビーチで誕生し、ドノバンはもちろんみんなが驚くマジックボードとなった。

そして、次はマスターデザインとなるべく高額投資をしてAVISOボードのラインアップに加えることとなり、そのテストボードが完成したのがエルサルバドルに行く2日前。



滑り込みセーフでDOCCYがボードバッグに入れ、中米の熱い波を滑ることになったといういきさつがある。



俺はというと、ボードを一本も持っていかないという「板乞い式」旅だったので、このNEW TOYによく乗った。



ノースショアに住む、フィルマーのエリックもこのボードを気に入り、彼とよくこのボード使用で争ったことは、今となってはなつかしい思い出だ。



↑左がそのエリックなのだが、彼の体重は92kg。

俺が62kg、とするとAVISOボードは実に30kgの許容体重の幅があることとなる。


ドノバンは11本のボードを持ち込み、合計14回の波乗り機会でこのAVISOを3回乗ったのだが、その気に入り方がうかがえる。



例の算式を使用し、「乗った回数÷波乗りした回数」でボード使用率を出してみたが、0.214という数字が出された。



とすると実に5回に1回以上、このボードにドノバンが乗っていたということで、これは11本中のボード群の中では軽く一位となる。

そんなNEW TOYの初納品を記念し、ドノバンに電話をすると「何かしようぜ!」ということとなり、彼の一番のお気に入りのトランクス、そしてシャツにサインを入れた各1点の景品をいただきました。





応募方法は2通りです。

1つは

「4月末までにこのAVISO社製NEW TOYを購入、または売約いただいた方」
(DOCのAVISO社製なら全てカウントいたします)

から抽選で1名さまにトランクスを郵送いたします。
(これはドノバン、またはDOCCYが選出する形です)

おしくも外れた方全員に「NAKIPHOTO/ドノバン@エルサルバドルオリジナルプリント5枚セット」を差し上げます。



もうひとつはこのNEWTOYに向けた想い、またはこのブログで見たエルサルバドル旅の感想を shop@nakisurf.com まで、メール題名を「ドノバンプレセント」としてお寄せください。

こちらは「文藝」として、僭越ながら私ととおるが選考委員となり、優秀作にはこのサイン入りシャツを差し上げます。



さらに惜しくももれた作品から入選作も選出し、こちらには「NAKIPHOTO/ドノバン@エルサルバドルオリジナルプリント5枚セット」をノースハワイから郵送させていただきます。

さて、これを書いていたらそのボードの詳細写真が弊社スタジオより届いた。



(白い線は写真を合わせたので発生していて、実際にはありません)

5'9"x20-1/4""x2-5/8"



私からの推奨体重は、AVISO特有の大きな浮力幅があるので以下のようにしました。

初心者〜63kg

中級者62〜78kg

上級者75〜83kg

プロ&マエストロ78〜88kg



Jeff "Doc" Lausch
NEW TOY
5'9"x20-1/4"x2-5/8" W/W/ROUND FUTURE-Q
$1415(ブラックプロフィニッシュ)

現在の目安としての納期は、ブラックのプロフィニッシュが、3〜4週間ほど、
ホワイトのプロフィニッシュが、4~6週間ほどの見込みとなっています。

NEW TOYのご購入/お問い合わせは、
NAKISURFカスタマーサービス】までメイルでご連絡ください。



(おまけ)
エルサルバドル旅から大好きとなり。1曲リピートで延々と聴き続けている曲がある。

それはドノバンの友人ベン(・ハーパー)の「WHERE COULD I GO」で、鳥肌と震えが止まらない時がある。

歌詞はゴスペルなので難解であるが、きっと神を唱っているのだろう。

俺は死にゆくときはこの曲を聴きながらと決めてある。

オリジナルも凄いが、このアポロライブのアカペラには卒倒しそうになった。

いつかドノバンにお願いして、ベンとの旅を実現し、目の前でこれを唱ってもらうのが一番の夢である。



ブラウザに画面が現れない方はこちらをクリックしてください。

スタンドアップパドルをしに土井さんと七里ヶ浜に行く。

波はほぼフラットだったので無人であった。

それにしても美しい朝焼富士。



それを撮す土井さん。



スターボードでおなじみの酒井さんも登場。
右は幸せサーファー田中さん。



夜明け前で寒いですね。



およそフラットだったが、たまにやってくるささやかな波に乗り、途中で伝説ブロガーである「七里のおじさん」の加藤さんとお会いし、ボードを土井さん宅に置き、しらすのおにぎりと豚汁の朝食を大盛りでいただき、そのまま土井さんのDBS号で横浜インタースタイルに向かう。



横浜駅西口のホテルで、視察に来日したAVISO社のジョンとニックをピックアップしつつ会場に行くと、勇人さんたち、そして懐かしい友人たちと会い、記念撮影をする。

左から勇人さん、ニック、横山泰介さん、ジョン、ニック中村さん、AVISOマーボー。



原田正樹さんと小川啓さん。



伝説の「ザ・ロードアンド・ザ・スカイ」も出展していました。
なるちゃんにこんにちは!



エアロクイップ星さんと、今村厚さん。



四国は千葉組若頭のレキさん。



AVISO王子ニックとハーレーかつさん。
またまたすばらしいおみやげをいただきました。
ありがとうございます。



ニュージーランド帰りだという奄美王子の緑くん。



ネスタのブースではベセールを展示。
これは勇人さんボードです。



これも。



ASPジャパンブースでは近江さんとオガマさん。
ワニボード「ダンディ」の創案者であります。



俺が書く巻頭コラムがあるblue誌ブースでは「fishfry」のポスターがあった。



サーフサプリの増子さん、マニューバーラインの山田さん、逆真会若師範の暖くん、そしてアクアノイドの中根さんとの4ショット。



当店でもおなじみfcsフィンのブース。



ここにも勇人さんボードがありました。



インタースタイル終了後、ふたりをお台場に連れて行き、「大戸屋」でおそばの食事に大満足。



おやすみなさい。
お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ