忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このNAKISURFブログでは俺を一番左にして、カリフォルニアの日替わり波情報が入った柳瀬太郎の「スタッフブログ」、そして、叙情詩、音楽、こころの内面に迫る佐保亨による「タイドブログ」、真木勇人の生活を綴った
「ハヤトブログ」が並んでいるが、今月4日からtomomiによる「SWEET BLOG」が始まった。

本サイト初の女の子によるブログである。

そこにあるsweet of the dayのカワイコちゃんがうらやましく、俺がブログ内に足りないものを昨年感じ、それを埋めるべく動いてきたが、しかし果たせなかった女性美を掲載するという絵が存在していた。



まあ、HUSLER誌のスタッフ・フォトグラファーにでもなれば、その部門は満たせるのだろうが、なかなかそんな機会がなく、もし美しい女性が現れても「写真を撮らせてください」とはなかなか言えないので、このブログは男塾化していたのだ。

悔しいので、花を撮る。
今日はラワイ・バレーに咲くピンクハイビスカスを撮ってみた。



カメラはGRDか、キヤノンのEOS1Dマーク2で撮っているのだが、ファイルサイズは最大RAWで記録する。

その後フォトショップでRAW現像するのだが、モニターに映った花は小宇宙そのものだった。

何が小宇宙なのかを説明できる明確な文は書けぬが、繊細でいて見事な曲線の作品が数多く撮れた。

女性の体もそうだけど、自然の丸みって芸術なんですね。



さて、時間は今朝に戻る。

昨日から続く北風だと聞いたので、今日もイナリーズに行くことにした。

夜明け前にウッドから電話があり、彼は「もういいかげん(オンショアに)食傷気味ズラゾヨ(ウッドは南東訛りが強い)」と言う。

どうやら東側のでこぼこ斜面に嫌気がさしているようで、きっとイナリーズは無風だよ、と誘うと、2つ返事でやってきた。



本当に美しい斜面で、ウッドは「バハマみたいな海の色ダゾヨ!」と感激していた。

ウッドはバットフィッシュLが大のお気に入りで、今まで大きい人用のボードデザインに乗ったことがなかったので、このコールのリ・デザイン「ラグジュアリーシリーズ」をこのうえなく愛している。

彼にとってはこのボードの曲線が確かな「美」なのだろうね。

これは昨日の写真だが、今日もこんなライト波がきていた。



凄く速い早いバレルなので、こうしてスピードを上げながらセットアップする。

レイルセットの位置が通常のバレルより低い気がするが、イナリーズは底掘れするのでこの高さでバレルインしていくのが正解だと思う。

これをやってみると実際にはかなりスリリングで、全ての意識を自分の走るラインのみに集中していく。

それはまるで、自身に閉ざす深層心理の核に触れるようにある意味で内面的、そしてフィジカルな瞬間の連続で、究極な時間を体現しました。

この感覚は多くのスポーツに共通するものでしょうが、宇宙的で美しい感覚です。

1時間くらいすると南東風が吹きはじめ、あっという間にこの斜面をでこぼこにして、本日は終了となった。

いい波は儚(はかな)いですね。

以前に上にも出てきたタイドブログの佐保が、「儚いとは人の夢と書くのですね」
と言った。

なるほど、「人の夢」か、宇宙的に考えると、今いる100年単位での歴史でさえもきっと儚い一瞬なんだろうな。

としみじみする。

タオルを忘れたから全裸で着替え、体を日光で乾かしてから帰宅する。

帰りにこのお店で朝食として、ハワイアン・サンドイッチ(ツナ、ハム、目玉焼き、レタス、トマト)をいただく。



伝統的なお店だなあ。

この町にはソウルサーフィング界に殿堂入りしているジョン・ペックが住んでいる。

ジョンは以前、ジョエル(・チューダー)、ハーちゃん(ハービー・フレッチャー)に紹介してもらったのが親交のはじまりだが、たまにワイメアタウン、またはソフトサンドで会う。

ジョンは整体の天才的達人で、いつかこの俺のぼろぼろの体を診てもらおうと思っている。

閑話休題。

ランチには大好きなうどんをいただきました。

今日はU-SKEさんにいただいた山芋がまだ残っていたので、「とろろうどん」として食べました。



日本食、こちらもまちがいなく「美」そのものです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
素敵ですね
イナリーズ(^-^)水の色 いつか触れてみたいです それまでは寒い福島で修行です(*_*)
 883からよく船木さんの素敵な話きいてまーす
ケリー 2008/04/08(Tue)18:19:28 編集
福島大好きです
883!
すばらしい交友関係をお持ちですね。
イナリーズにいつかぜひ!
ふなき 2008/04/10(Thu)17:21:28 編集
そうですね
883とも海がきっかけで友達になれ自分がサーフィン始めたきっかけはnakiさんがとったアーチのバックサイドリップの写真に感銘を受けたからなのです(^-^)本当に海にnakiさんに感謝です(^-^)greenroom楽しみにしています!そして必ずイナリーズいきます
ケリー 2008/04/11(Fri)12:16:33 編集
883!
グリーンルームではありがとうございました!
883もケニヤくんも来ていて感動!
今度ラオシャンにワカメ湯麺を食べに行きましょう!
ふなき 2008/06/16(Mon)06:36:08 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ