忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[634] [633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日イナリーズがパンピングしていた日は、隣島もこんなになっていた。

バックドアシュートアウトの映像です。

イナリーズは今日ようやくサイズダウン。

それでもまだ日本で言う「台風サイズ」です。
波乗りのときは、1分が1時間に感じられるほど密度の高い時間を過ごしています。



今日もバレルは大きく口を開き、パーフェクト。
そしてクジラが沖で潮を吹き、イルカが連続ジャンプしていて、なんだか夢の中みたいな感覚です。

暖くんも「連続バレルメイク日」と、「連続クジラ目撃日」を更新中です。

マンライ笑顔。

*マンライとは暖くんのお父さんたちのお仲間の造語で、意味は「満足ライディング」であるらしい。

分からない人は「マルキの前11時」に行くといいでしょう。

↑これも内輪ネタで、待ち合わせの時に必ず最初に言うセリフである。
よろしければお使い下さい。©OGMサーフボード



「千葉のバックドアマスター、小川幸男くんが登場した」とは昨日ここに書きましたが、なんと伝説のというか日本サーフィングの第一人者であられるミッキー川井さんまでイナリーズにやってきました。

あいにく午後からオンショアとなってしまい、川井さんのお好きなバレル波でサーフできませんでしたが、わが家で催したBBQパーティで、プロ級のウクレレとお声を披露してくださった。



すばらしい歌声で、いまだに加山雄三の「君といつまでも」を口ずさんでしまします。

食後、ミッキーさんの通過したエディ・アイカウと一緒にサーフした1960年代のサンセットビーチのお話、鴨川の赤堤とサンディエゴのオーシャンサイドハーバー酷似説や、幻のミッキーリーフの波質まで伺ってしまいました。

エディ・アイカウとのサーフ話を聞いて、ぼくはタイムマシンに乗って、その10〜12フィートの沖に浮いてきました。

昔のガンボード、ノーリーシュで波を喰らう寸前の数々の逃げテクニックに、鴨川少年団のお話等々とても興味深かったです。

偶然にもその鴨川少年団のエースだった「抱井さんの息子さんが実は暖くん」。

そして川井さんが登場されたことにオドロキつつ、これもあれも全て必然のことなんだなあ、としばしうっとりとした。

俺の浅き人生は、こういうことがあると「世の中とはなんと深いのだろう」

とテツガクの迷宮に誘い込む。

ここで一句。

  イナリーズ みんな集まり フィロソフィ

(イナリーズは冬の季語です。そしてフィロソフィは哲学という意味です)

ん?

これで着地したかな?(笑)

良い週末をお過ごしください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
cool!!
ダンディズムですね☆
t-mean 2008/01/20(Sun)15:37:35 編集
同感です
この世は偶然の連続で、それは必然であると気づかされるのです。
宇宙のちから、なのでしょうか。

それにしても、みなさんのにっこにこ、すばらしいですね!
自分も毎日そうあるように、と今日のお昼頃思いを新たにした次第です。
ピノコ 2008/01/20(Sun)16:43:58 編集
無題
川井さんのウクレレ拝聴したことがあります!
川井さんらしい独特のメローなリズムで素晴らしかったです。

そうそう、私も空手バカ世代で高校時代空手道部に所属しておりました。
偶然にもマス大山の一番弟子「城西の虎」こと山崎照朝氏が逆真会館という空手道場を開いております。

逆真会は大山倍達総裁の「小が大を倒す空手」「一撃必殺の空手」のロマンを継承、大山倍達総裁が求めた「一撃必殺の空手」に山崎館長が目指す「華麗な空手」を追求。美しく、力強い実戦空手を指導の目的としています。

[逆真とは] 
古代中国の易学にある「相反する性質をもつ陰・陽二種の気から万物はなる」という陰陽説を、武道空手の根幹に据えている。
即ち、「すべてのものごとは対極に見ずして真実は見えない」。
教えは「逆も又真成り」で、一撃必殺を追及する一方で「精神の修行」の大切さを説いている。
武道としての空手は「トレーニング」とか単に「練習」とは言わない。稽古は今も昔も「修行」である。
日々の稽古では華やかな技の追求の裏で基本の大切さを知り、一撃必殺の拳に破壊力の怖さをしることで、人と接する優しさを学ぶ。
稽古とは「己の肉体と精神をどこまで虐めきれるか」で即ち「修行」。自らが納得する境地を切り拓くことにある。

まさにふなきさんの波乗り道と通ずるものがありますね。
山崎氏は極真の歴史の中でも「華麗な技」を誇る空手家です。
「華麗な波乗り」もいいですね!
タカハシ 2008/01/21(Mon)02:08:07 編集
ダンディにっこにこ!
t-meanさん、
そーです。

ピノコさん、
宇宙のちからですね。
やはりクリスタルが影響しているのでしょう。
ふなき 2008/02/02(Sat)13:16:33 編集
ありがとうございます!
タカハシさん、
私も山崎照朝さんを劇画「空手バ○一代」で存じております。
その通り「城西の虎」でしたね。
すごいなあ。
同じ名前なのですね。
これもすごいです。
華麗な波乗りを目指しましょう!
ふなき 2008/02/02(Sat)13:19:03 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ