忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲートを上げ、またさらに進み、突き当たりを右に折れると、そこは岬の先端だった。

下を覗きこむと、ポイントに沿ってレフト(グーフィー)波が崩れていく。

そして波の最後は向かい側から崩れてきたライト(レギュラー)と結合し、ワイルドなエンドセクションを形成した。

その一部始終を見たみんながエキサイトしはじめた。

突然、入り江の奥にある部落から大きな黒犬が吠えながら走ってきた。

「やばい!」

こちら側からは黒犬ウイリーが立ち向かっていく。

両者(両犬)が重なると、彼らは親密にお互いをなめはじめた。

「?」

「アンディ(大きな黒犬)はウイリーのお母さんなんだ」

飼い主チャドがうれしそうに説明する。

胸をなで下ろし、もう一度海に目をやると、岬の沖に点在する大小様々な岩の上で形のいい波が崩れているのだが、追いかけると全ての波のライディングライン上には必ず岩が出現してしまう。

「あそこは8フィート以上ある西うねりならサーフ可能になるよ。でも俺と友達以外誰もサーフィングしたことがないはずだ」

と案内人チャド。

「ここは何という名前の場所なんだ?」

ドノバンが聞く。

「『ミセス・ジョンソンズ』。そして岬の先が、『ミセス・ジョンソンズ・リーフ(岩棚)』。この下のビーチブレイクが『ミセス・ジョンソンズ・プレイグラウンド(遊び場)』。で、この崖の下のレフトが『ミセス・ジョンソンズ・ロックス(多数岩)』というんだ」

そのジョンソン婦人は誰かは知らないけど、キャラクター色が強いネーミングがなんとも洒落(しゃれ)ている。

待ちきれないベーンがもうウエットスーツに着替えている。

ドノバンもサーフボードにワックスを塗り始めた。

俺もウエットを着て、水中ハウジングを密閉し、浜に降りたところでドノバンが最初の波に乗った。

崖にあたってウエッジしてくる波がなんとも楽しそうだ。

ベーンとアドルフはライト側のピークにセット。

チャドは砂浜で犬たちに囲まれながらストレッチング。

ブライアンは岬の先端に望遠レンズを立てている。

朝日の豊富な光と、凪ぎいた風の中を幸せにサーフィング。

真横を走り抜けたドノバンのレールからシュタッターと水切り音がうなる。 

2時間ほどゆったりと時間が過ぎた。

風が北東からタックインしてきたところで一度上がることにした。


(続く)
PR
年代物のカーステレオからボブ・マーレイの『Stir it up』が流れてきた。

運転席にたたずんでいるチャドに、この曲の意味を訊ねてみた。 

「『かきまわす』という意味じゃないの」

俺はあらためて、
 
「表面的なことではなく、この歌の真の意味は?」

と聞き直す。

たよりなさそうな波が弱く動いている。

「これは俺の考えだけどね」

と前置きしたチャドはこう言った。

「男と女が出会ってねっとりと人生を送ることなんじゃないかな」

「それってビューティフルなことだよな」

と付け加えドアを開けると、大量の冷気が入って来た。

黒犬ウイリーがそれに反応して目を開けた。

俺も外に出ると、強いオフショア風が体に張り付いた。

車を風よけにして青白い海を眺めていると、やがて夜が明けてきた。

トヨタのピックアップトラックからベーン、アドルフ、そしてブライアンらグロメッツトリオも

「寒イ寒イー」

と体を揺らしながら出てきて、

「波ダー、波ダー、月ダー、星ダー、寒イー」

となぜか興奮している。

あまりにも寒いので、俺たちは焚き火をすることにした。

炎から風に飛ばされるオレンジのラインが、何千本も宙に舞った。

ドノバンが起きてきた。

彼は焚き火の横で少し波を見た後、今日は風向きが変わりそうだから、岬と岬の間ーーつまり入り江ーーのほうがいいのでは?という動物的な勘に基づく意見を出した。

移動先はここからの距離、うねりの方向、浜の向き等の案がいくつか出され、「ギャンブルになるけど、もう少し北に移動しよう」ということが速やかに決定された。

行き先はチャドのみが知る『秘密の入り江』。

いまだに夜が明けきらない一般道をひた走る。

バンの後ろからドノバンがギターで柔らかい音を奏で始めた。

大きく突き出た岬。

部分的に岩が露出している砂浜。

カリフォルニア同様に群生するパームツリー。

電灯が切れたカフェの看板。

だれもいない沿道商店街。

野犬の群。

トタンでうまく組まれた家の横には一本の紐で吊された洗濯物。

荒野の中にある一本道。

点在する部落。

そんな流れ去る風景を眺めていると、海側に逸れ、砂利道に入った。

車体を大きく上下に揺らしながら進むと、植木で飾られた車止め(ゲート)が行く手を阻んだ。


(続く)
海を見渡す崖の上。大きな月が俺たちの正面にあった。

長時間走り続けた'77年式シェヴィヴァンのエンジンを切ると、ドアの隙間から冷たい風が否応なしに流れ込んできた。

横に長いウインドシールド越しからは、月夜の海が大きく広がり、棉を丸めたようなだらしない波がゆっくり動いている。

月光下の波は白い波頭がその主役。

‘99年の10月28日。午前6時、メキシコ、バハカリフォルニア半島、ラ・ファンダ。

「潮は?」

さっきまで睡っていたドノバンが後部座席から聞いてきた。

潮位は....、というところで情報の輪が止まる。

出がけにガソリンスタンドで買った新聞「L A タイムス」を座席の下から引っぱり出す。

 『Metro(メトロ、情報セクション)』
Tides(潮位):1.6 Low(干潮) 5:12AM 、6.2 HighM(満潮) 11:28 AM 、-0.5 Low(干潮) 6:30 PM 。Sunrise(日の出)7:05AM 、Sunset(日の入り)6:18PM

潮は、正午には大きく満ちていく。

ドノバンがサンドバー(海の中に発生する砂の州。波に変化をもたらす)を発見した。

「見ろ、あそこは波のリフォーム(再生)・セオリー通りだぜ。ピークの後ろから行って、あのパワーエッジを使ってリフォームセクションの中に入っていけば、かなりロングランができるな」 

セットが来る。

1本目はムッシー(緩い斜面波)で、たらたらとした青白いスープが動いていく。

2本目はドノバンのセオリーに沿った青白泡波。その通りにリフォームブレイクする波。例えるなら、「月作動のドノバン魔法」なんていうのはけっこう正しいのかもしれない。

このセットは、3本目が一番大きかった。実際にはバレルになっているのだろうけど、まだ暗闇に包まれていて、さらに深い闇色を落とした波面が移動している。


(続く)

"Be the change you want to see in the world..." -Ghandi
"あなたが願う世界に変えよう" ガンジー


 陽はまた昇り、また沈む。

『至福千年(The Millennium)』という言葉がある。これは神の愛によって世界が支配され、平和と豊かさの楽園が1000年間続くという、聖書に伝わる千年王国の言い伝えだ。

新しい千年紀のスタート、至福であるべき西暦2003年に大規模な戦争が起こっている。

パラダイス=楽園には『天上の楽園(天国)』という意味と、『地上の楽園(エデン)』という2つの意味があるそうだが、地上に生きる我々にとっては存在している現在に満足するのか、それとも6000年前に存在したと伝えられるエデンの園を求めるべきなのか?

人類は知恵と努力、偶然によってこの千年紀を延長させられるのだろうか?

俺はその戦争当事者の米国に住んでいる。

欧米諸国のことを"西洋"と言い、アジアを東洋と呼ぶが、文化が明らかに違うことに最初はとまどった。

そして戦争に関係なく新しい春がやってきた。

色とりどりの草花を見ていると、戦争が海の向こうで起きていることが信じられないほどやさしく美しい。

穏やかな気候に恵まれた楽園が『エデンの園』と旧約聖書には書かれているが、これも楽園に感じられる。

嵐の翌日、夜が明ける前にカメラを持って、無人の沖まで泳ぎ出ると、朝日が藍色の闇に暖かな色を付け始めた。

遠くから美しい波がやってきた。

波面に反射する太陽光、先端は弧を描きながら飛び、青空が薄く透けている。

バレルの中に入り込んだ瞬間、魔法が起きた。

強い波と、海底棚の組み合わせがこの円筒形の創造物を創りだし、大小に伸縮した。

波面に一瞬だけ反射した小さな点滅が瞼から長い間離れなかった。

その翌日、現像から上がってきた写真を見たら、その反射が焼き付けられられていた。

左側に太陽、右側に波。

よく見ると、ここには中国に古くから伝わる『陰と陽』という陰陽学説の通り「太陽に向かう(陽)、太陽に背く(陰、写真右側波の腹部分)」という対術(身近なところではタウン&カントリーのロゴ)が鮮明に映っていた。

東洋的な事象がここ西洋で出現した。

このことを地球は一つ、丸くつながっているとすると、今実際起きている戦争や争いをどのように説明すればいいのだろう?

それとも人類は殺生戒(せっしょうかい)により、この美しい千年紀延長への終結に向けて自らの足を速めているのだろうか?

(了、3/30/2003)


・・・昨日からの続き)


さきほどのうねりが未明に届いたザ・ピットは、朝陽と共にその大きな口を開いた。

夏期を形の良いポイントブレイクで過ごした俺にとって、「ザ・ピットで入る」というのはいわば形式化された冬の儀式で、楽しいターンの繰り返しとは違った感覚となる。

波への畏怖や海が創り出す芸術作品に触る気構えとキック力がある。

セットの起伏が水平線を上下させながら近づいてくる。
繰り返すが、これは遠く日本からはるばるやってきたうねりだ。

沖にパドリングし、ラインナップに到着するとまずは呼吸を整える。
斜面が一番最初に凹むピークからドロップインし、波壁に沿うようにして降下すると、壁の先端が弧を描きながら自分を包む。

波が海面に炸裂した轟音の反響、濃藍色をした波の壁、部分的に砂を巻き上げているエリア、天井から先へ薄くなった側が太陽に透けて艶麗な視界を創り出した。
その中で楕円に開いた外への門までただひたすら向かう。
やがてセクションがつながってしまったのか、出口が遠くなり、曲がった壁で見えなくなる。
逃げ場の無い大気が狭くなる空間と共に加速度的に圧縮して、「キュイーン」という高い金属音が始まると、緊張で身が引き締まった。
さらに進むと圧縮が極まり、完全無音状態と化した。

それは例えるなら真空というか、今見える全ての光景が本質をもたない因縁による仮の現象として存在しているように映った。
これは今まで経験したことのない神秘的なものだった。
その空間で俺はサーフボードに乗ったまま凍っていた。
突然壁の角度が横方向へと変化し、泡が真下に発生して一瞬で吸い込まれた。
背中に強く感じる海底の硬い感触から解放され、海面まで浮上すると、まるで世界が変わってしまったかのように精神は解き放たれた。のみならず五感全てが研ぎ澄まされたようで、震えるように体が興奮している。
この感覚は長く持続し、夜になってもなかなか睡ることができなかった。
これが何なのかを説明しようとしばらく考えていたが、しっくりするのは「宇宙飛行士が青く輝く地球を初めて見た」というのに似ているのかもしれない。

翌日ドノバンと会って、体験した無音状態全てを説明すると、
「おーそれか!下まで開くチューブの中では毎回起きるぜ、バックドアなんかは風景がカチッと固まるのさ。お前初めて聞いたのか?」
と答えが返ってきた。
ディノも向こうからやってきたので同じことを聞くと、
「俺は耳がいいからシュワシュワと泡のはじける音が聞こえるんだ」
と、やはり彼らは何百回もその境地をすでに経験済みだという。

波乗りの持つ新世界に純粋に感動し、それから波が出るたびにザ・ピットまで行くのだが、あれから一度も味わってはいない。しかし波の内側から見る世界が変わったようで、超自然的で美しく感動的だ。

追記:サンクレメンテの老舗シェイパーのティム(・ベセール)がバレル内の無音状態のことを『ホワイトサウンド』というのだと教えてくれた。これこそ名は体を表している典型だろう。

(了、1/14/01)

ビッグイベントのクリスマス、新世紀となったニューイヤーズデイも迎え、いまだにのんびりした休日ムードが抜けずにいる。

一昨日、そして昨日と大雨が降った。新聞「ロスアンジェルスタイムス」の公式発表によると、この降雨量はこの冬最大だということ。
春から夏、そして秋まで大陸に堆積した汚れがバクテリア(細菌)となり、海に流れ込んできた。
キャピストラノビーチの崖まで行き、眼下に広がる海を見ると、川からの流れが沿岸沿いをくねくねと曲がりながら茶色い帯を海面に作っていた。
雨によって海に流れ込んだ細菌は、傷口や、粘膜経路で感染するサーファーにとって怖ろしい病原菌だ。
先日、オーシャンサイドで波乗りをした友人が感染し、発病後に意識不明となり、救急病院で集中治療したほどなので、カリフォルニアでの雨の翌日には要注意したい。

俺はクリスマスの前週に新体験をした。
それは波乗りの新しい世界に違いない。

東日本でこの秋一番の寒さをもたらした寒気団。
それは勢力を増しながら北に向かい、アルーシャン海域でさらに発達する。
冷たい猛風の下で海面はさざ波となって揺れ動く。
さざ波は連なり重なり、それはやがて大きなうねりとなり、貿易風に乗ってはるばるハワイ諸島のある中央太平洋海域に突進してきた。
うねりとなってから実に100時間がここまで費やされている。

3番目に大きい島、オアフ島。
その北部には「7マイルの奇跡」という伝統的な波乗りができる海岸があり、トリプルクラウンのために世界中から集まったサーファーたちをこの大波は歓喜させた。
ソリッド20フィート、つまり波の前から計ると15メートルという北西うねりは、ハワイ諸島に上陸し、すさまじいエネルギーを波の切っ先にこめてブレイクした後は、北米大陸の西端までさらに進んだ。

南カリフォルニア。
その入り組んだ地形から「オレンジカウンティで最後の秘境」と称されるラグナ・ビーチ。
そこにモナークビーチと呼ばれる小さな岬があり、隣に白砂が広がる群立海岸公園『ソルトクリーク・カウンティビーチ』。
ここはオレンジ群で北西うねりを最大に捕らえる海岸として、サーファーに知られている。
その湾の北側にサーファー達の間では、『ザ・ピット(穴蔵)』と愛称が付けられた海底隆起があり、ものすごい波の饗宴がここで展開される。

さきほどのうねりが未明に届いたザ・ピットは、朝陽と共にその大きな口を開いた。


(明日へ続く)


ちょっと移動でばたばたしています。

今日はいい天気ですね。
ゆっくりしましょう。

たけしさんの新作を見に行きたいのだが、時間が合わず断念。

お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ