忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[604] [603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日のブログが淡泊だったので、今日はずっしりと書きますね。

まずは最近のまとめ。


1.コールのステッカーいろいろを注文しています。

これでファイヤーフライやさまざまなロゴがカットアウト(抜け)ステッカーとなります。


2.ブラックダイヤモンド3(詳細未定、コールがシェイプ中)。

試作後、AVISO化するべく根回し等々動いています。ちなみにこの発売は8月頃を予定しています。


3.フォーカラットで全く新しいコンセプトボード試作開始したました。

これは初心者から中級者をターゲットとしたふわふわ感覚のやさしく楽しいサーフボードを千葉公平さんシェイプで試作しました。(フィンも)これからラミネート、サンディングして年明けにはノースハワイに届く予定です。試乗が楽しみです。


4.『アクアノイド』という対摩擦フィルムを日本で発見しました。

これは鉄腕アトムを2003年に誕生させた天馬博士、じゃなかった片瀬の中根博士が創造したボトム用、フィン用の対摩擦、または係水流対策用フィルムとカタログにありました。
レジンやエポキシ表面では達成できなかった低抵抗をこれで実現できます。私はまずはフィンに取り付けてテストしました。
結果はいかに?


5.中空AVISOにヘリウムガスを入れて浮力調整してみては?

というアイディアをカビカのあっちゃんよりいただきました。以前にコーデルが「浮力過多の際にはボードの上に乗り、空気を抜き栓をすると良い」ということを言っていた、とトモヒロさんから聞いたが、逆に「浮力が足りなければ増やす」ということも可能かもしれない、と拡がりをみせています。こちら要実験くんなので、機会をみて試します。


6.試乗プログラム拡大のお知らせ。

「葉山BEACH、トリムズオブヘアーさんから始まった試乗」が多くのヨロコビと反響をいただき、サーフショップは元より八百屋さん、魚屋さん、本屋さん、はたまた個人の軒先にも門戸を拡げることとしました。ただいまそのページ制作中です。しばしお待ちを。


7.ウエットスーツによる体重増に関してのひとりごと。

今回の旅はブラックダイヤモンド2を持っての移動でした。そこで気になったのが5ミリ3ミリのウエットスーツを着た際に「少し沈」してしまったということ。そこでその脱いだウエットをビニール袋に入れ、温泉の体重計に載せるとなんと5kgもありました。とするとインスタントに5000g増えるということで、これにブーツやグローブ、そしてアンダーウエットを入れると8kg近くになるだろう、ならば冬用のボードという提案も必要なのだなあ、と実感しました。


8.アンダーウエットの必要性。

俺は薄いウエットを好む傾向にあるようで、寒いときは少し岸よりに波待ちし体をより動かして対応する。しかし早朝の厳寒時には、家から着ていけるようなアンダーウエットが欲しいなあ、と考えました。トイレ等があるので家からというのは少し無理があるが、ウエットを着る前にあらかじめ着ておいて体温低下を防ぐような下地が欲しいと考えました。
理想はライクラ生地による超保温ですが、「そんなの無理」と一蹴され、少し迂回した素材で機能的なものを考えました。
現在、ウエットスーツ企画製作26年というK氏、I氏とその試作案を練っています。
Z1付属品として発売しますので、お待ち下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これがアクアノイド、2フィンタイプ。



フィン装着後は、加速感とコントロールがすばらしく、全てに安定しました。

こんなフィルムで「どうして?」って思ってしまいました。

中根博士って天才です。
日本ってすごいなあ。



これが今日のテスト波。
腰くらいのヨレヨレで、ノアがいたら喜んだと思えるささやかな波でした。



ちなみに場所はサテライトリーフです。

NAKISURFの各ステッカーやTシャツプリントでおなじみの「ドクサープリント」。

その新オフィス施工中です。

左からカイル・マリグロ、秘書アニー、スパーキです。
内装がビビッドだなあ。



そのドクサーで見つけた逆真人さん。(ギャクシンジン)



逆真会子さん↓



端布のステッカーを使って遊んでますね。

ではでは良い週末を!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
質問です!受賞式の日のブログに投稿者mangaさんとありますが、もしかして鎌倉のズカさん?だったら、懐かしいです。よく稲村で一緒に波乗りしていましたからね。それと、最近は例のシーックレッとポイントは地形がかわり良い波を観ていませんね。犬の散歩で良く行くのですが。最近ノースでも、フナキ君の戦車(アメ車)の形はもう見かけませんね。
今度、家族でカウアイに行きま〜す。
Nori Oahu 2007/12/21(Fri)04:16:32 編集
フル回転
フナキさんは、身体も頭も常にフル回転してるんだなぁと感じました。
あまり魅力的な企画、商品を発売しないで下さい。
大蔵省から《ナキサーフ》閲覧禁止令が出そうですから。(笑)
Fg 2007/12/21(Fri)07:37:28 編集
7.ウエットスーツによる体重増に関してのひとりごと。
今年春に購入した板が春、夏とすごく調子良かったんですが5ミリ3ミリフル着るようになったとたんに不調だったので冬用に少しオーバーフロート気味の板の購入を検討していたところだったのですごくタイムリーなひとりごとでした。 体重63キロですがブラックダイヤモンド2または3だとどんなスペックがよいですか?

M2 2007/12/21(Fri)07:43:15 編集
盛りだくさん
興味ある企画だらけで、おなかいっぱいです。

すごくたのしみです。
markee. 2007/12/21(Fri)08:47:59 編集
無題
4カラット、ふわふわですかぁ~気になりますねぇ。

ヘリウムガス使用後は、吸って遊べてリサイクル性にも優れてますね(笑)

ウェットそんな重くなるのですね。って事は試乗してのインプレも夏と冬じゃ変わっちゃいそうですね。
ウェット着たら自分は、ほぼヘビー級になってるって事かぁ。

冬用の板では、なく体に塗れてベタつかず害がなく超撥水で超保温効果で冬の海でもトランクスで入れますみたいな物が開発されればいいですね。
グンゼ 2007/12/21(Fri)10:08:18 編集
無題
ウェットの重さ・・・自分も考えたことがありますが、
+-5kgぐらいなら頑張れないこともないというか、
寒い時期に頑張ったモノが夏を制すというサーファー都市伝説は、
ここに小さな答えを見出せるとも思っています。
重いウェットを着て冷たい海でサーフをしているからこそ、夏にはボードも体も軽く感じる。
結果モテるということです(笑)
楽な方ばかりへ傾かないで、日本の四季の中でひとつぐらいは苦しい修行、鍛錬も必要なのでは?
ボードやウェットの選択肢が増えすぎて困っている貧乏サーファーの嘆きです。
これ以上素敵な企画はやめて下さい(笑)
ちょっとまじめな話しをすると、冬用ボードという提案より、日本の様なウェット着用率が高い国のサーファーに対してはそのことを考慮して、ウェット着用時とトランクス着用時の中間ぐらいのディメンションの提案をしていけばいいのではないでしょうか?
あ、やっぱり貧乏サーファーの嘆きにしか聞こえませんね(笑)
kenny 2007/12/21(Fri)12:52:35 編集
モンテカルロ財務省
Nori Oahuさん、
その通り、石塚さんです。
あそこ、地形が変わっちゃったんですね。
今度ぜひぜひ。

Fgさん、
フル回転どころか、もっともっと色々したいのです。
大蔵省さんも波乗り世界に入っていただき、みんなでにっこにこ案はいかがでしょうか?
ふなき 2007/12/21(Fri)14:17:23 編集
BD2中央駅
M2さん、
そうなんですよ。
今まで気にもしていなかったので少しびっくりしました。
BD2または3だと
4'11"x20-5/8"x2-7/16"ではいかがでしょうか?

markee.さん、
南地区の企画も聞かせてくださいね。

ふなき 2007/12/21(Fri)14:22:07 編集
どこでもボード
グンゼさん、
やはりそう来ましたね。
ドラえもんで「深海クリーム」というのがありました。
その開発を急いでほしいところであります。

kennyさん、
そうなんです。
「堪え忍んで」という美もあるのですが、この年になると、後何本波に乗れるのだろう?としみじみしちゃうのです。
なので、修行と極貧は昔にしたので、それをあっちに置いておき、今は「いかににっこにこサーフできるか」に念頭を置いています。
実際に「これ一本」であるのなら中間値を取るといいでしょうね。
参考になります。
楽しい波乗りをぜひぜひ続けてください。
NAKISURFは、その価格で貧乏サーファーも応援していますよ。
ふなき 2007/12/21(Fri)14:27:37 編集
無題
ですね!
NAKISURFの本質を忘れてました~。
自分もデブ板買おうか迷いましたがもう少し修行と極貧の荒波に耐えようと思います(笑)
そのむこうにはきっとすてきなサーフィンライフがあると信じて。
kenny 2007/12/21(Fri)16:02:47 編集
わくわく!
ブラックダイヤモンド3・・・そして、AVISO化ですか~!
ブラックダイヤモンド2のAVISOが2月頃に出るんじゃなかったですか~~?!

のり 2007/12/21(Fri)22:37:39 編集
まってました~
僕も以前からアクアノイドボトムパットを使用してますが・・・!!あのスピード感といったらもう・・・やめられましぇん。
今度は是非、フィンタイプも装着したいです。
kena 2007/12/26(Wed)19:03:15 編集
2008.1
kennyさん、
そーです。
確かなお気持ちですばらしいサーフィンライフを満喫してください。
応援しております。

のりさん、
2と3のミックス版で正確には2.1なのですが、小数点が嫌いなコールが3としました。
2月と書きたいのですが、この分だと少し後ろにずれこみます。
テスト飛行させますからお待ちください。
ふなき 2007/12/27(Thu)08:25:36 編集
フィン代替え品
kenaさん、
水流って面白いですよね。
これが進化するとフィンが不要となるのかもですね。
ふなき 2007/12/27(Thu)08:26:30 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ