忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[890] [889] [888] [887] [886] [885] [884] [883] [882] [881] [880]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



待ちに待ったMPツインが完成したので、サンクレメンテ王子邸前に行ってきました。

週末なので(週末でなくても)トレッスルズは激混みという情報を入手していたので、こんな時は王子邸前狙いです。

波はスーパーグラッシーで腰、胸くらい。
人は見渡す限りで8人。



さすがサンクレメンテのシークレットの面目躍如です。

噂のMPツインさま。



これはアキラ・アイパなどからはじまった「1980年代ツインフィンのリバイバル」にネオ・クアッドの祖コールからの直接回答です。

幅広なのにそう思わせないアウトライン。
全体的にスケルトンフィッシュの進化版と見たが、よくボトム形状やレイルをチェックすると、新しいコンセプトのツインフィンだった。



「抜けないよ」というロボ(ジョン・ロバートソン)の言葉を信じてツインのオンフィン。

フィンは選ばず、選べず、とこれは1980年代そのままで、なんだかうれしくなる。



5'8"x18-3/4"x2-1/4"

と、数字を読むと俺には少し厚めだが、そんなことは感じないフォルム。

スペックにだまされないのも大事です。

発売前の名作「ファイヤーブレード」と2ショット。



これにもファイヤーブレードと同様にハーちゃん印のアストロデッキ新作を貼ることにしました。



今回は「全ピース一気剥がしの一気貼り」の大技です。



うまく全てのピースを離れないように全ての裏紙を剥がして、



テイルで位置を合わせて、



押しつけて完成。

最後は砂浜にて「足で押しつけ圧着させてだめ押し」とするやり方です。

デッキパッドは本来だと貼ってから24時間おかなくてはいけないのだが、MPツインはマーチン・ポッターモデルでもあるので、彼が「ウエーブ・ウオリアーズ3」の中で貼ってすぐに入るシーンを思い出し、2008年に俺が再現したというわけです。

浜に降りると、南うねりが届いていた。
美しく速い波。



ワックスを塗り、



王子邸前コールが一気に揃いました。

左から柳瀬のMPツイン、このMPツイン、ファイヤーブレード、そしてともみのFF。



この人もコールでした。
スケルトンフィッシュかな?

こうして年季の入った、日焼けしたボードを見るとこのサーファーは玄人ぽいなと感じる。



靴もそうですが、ボードが白いと「新米」のようで少し恥ずかしいものです。(みなさんはいかがでしょうか?)

コールは生まれも育ちもサンクレメンテで、サーファーの街サンクレメンテでは、このサーフボード名匠を誇りに思っています。

かく言う俺もサンクレメンテでコールを持って歩くことが誇らしく、つい胸を張ってしまう。

潮が上げてきたせいか、波は小さくショアブレイクながらも美しくなってきた。



ゲッティングアウト。
海は楽しい。



一本目のレフト。
体のひねりがそのままターンになるので、軽く速く、ファイヤーフライをはじめて乗ったときのような新感覚になった。



ホワイトウオーターへのバウンシングもこの通り軽快です。



ともみのバレル波。



「フナキーサン!!」

と聞いたことのある大声がしたので、その方向を見るとディノ(・アンディーノ)であった。



なつかしい、番長ディノにここで会うとは!

と昔話に花が咲き、「コロちゃん大きくなったでしょ?」

と聞くと、さきほどエアをぶちかましていた少年が彼であった。



大きくなった、というかもう青年に近い。

コロヘ・アンディーノ。

サーファー誌などでは「未来の世界チャンピオン」と評価されているのだが、父ディノは

「長い道のりだぜ」

と言う。

俺もその通りだ、長い道だよな、と漏らすようにつぶやいた。

ディノが波に乗り、それは往年のスタイルそのままでうれしく思う。



俺も次の波に乗り、ディノの横でこんなアクション。



「おーまだまだやるじゃないか」とディノに言われうれしくなるが、そんなそぶりは見せずに「まだまだだよ」と謙遜する。

そしてこれがディノからの回答である1992年そのままのフローター。



負けていられないと、今度は超集中し、フックに合わせてマイクロバレルにイン。



静かな大人の日米対決だと自分では思っていた。



こんなほぼ誰もいない王子邸前で、サンクレメンテの番長親子と一緒になったというMPツインがつなぐ縁に胸が熱くなった。



カメラに向けてアウトラインをアピールし、



いつものようにカメラを柳瀬と交換し、今度は俺が彼たちを撮る。

本邦初公開、柳瀬の波乗り。

乗っているのは彼のMPツイン↓



ライトもこの通り。
水深はほとんどないが、楽しく乗れるワンセクション。



スカイラー・バロウザことスカイがやってきた。
彼はクリス・ワードと遜色のないサーフィングをするが、無名でスポンサーもないアンダーグラウンド・リッパー。

10年来の友人である。



コロちゃん。



そしてこれがコロちゃんのスーパーマンフリップの始動ショット。
90%メイクしていました。

すごいなあ!



ディノさまのお帰り〜。



ではまた明日!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
すばらし〜い
はじめまして。
NakiさんのBlogを拝見していて、本当に色々と感化されます。
41歳からのRetro & Short Boardのチャレンジを開始しました。
Nakiさんの様にRadにはもう行けないと思いますが、3インチでも近づける様に頑張ります!(今、柳瀬さんにBD3 5'2 Ver. をお願いしています。)
Scottchie 2008/09/15(Mon)20:47:40 編集
コロちゃんディノさん
偶然ていいな
涙もんです!
コジマ 2008/09/15(Mon)21:09:23 編集
コメントありがとうございます
はじめまして、
41才から新しいことに挑戦されていることに感銘を受けました。
のんびりと楽しくサーフィングを続けてくださいね。
BD3の52楽しみですね。
マスターの型を見たので、すごく実感がわいています。
ふなき 2008/09/15(Mon)21:44:49 編集
コロコロヘ
いやあ、ちょっと見ない間にあっという間に大きくなるのが子供です。
自分でもしっかりと生きなくては、という教訓を受けました。
ふなき 2008/09/15(Mon)21:46:08 編集
twin
MP-twin楽しそうですね。
操作性は快適ですか?
markee. 2008/09/15(Mon)22:38:38 編集
大人の日米対決
なんか良かったです。
《大人の日米対決》って言葉。
しかも、静かなって処が。(笑)
MPツインも、いいな〜
Fg 2008/09/15(Mon)23:17:27 編集
MPツイン
良さそうですね、まさに温故知新って感じで僕が初めて買ったビルバーンフィールドのダブルウィングスワローテールのツインを思い出しました。その後笹原さんの手によってツインスタビになって僕に数本のトロフィーをもたらしてくれたマジックボード一号になったのは自分の波乗り人生の中でもトップ5に入る良い思い出です。
マーボー 2008/09/15(Mon)23:46:23 編集
気になる存在
こんばんは。

ファイアーブレード・・・嗚呼。GHをオーダーしようかその狭間で揺れています(笑)確か、ファイアーブレードは来年の発表だと記憶しているのですが。。。待てるかなぁ・・・

ダイナミックなゲッティングアウトですね!
日米対決は10ptずつのドローでしょうか?!
てつ 2008/09/16(Tue)00:05:40 編集
わぁぁ~
「静かな大人の日米対決」
すごくカッコ佳いですぅ♪
(^0^)/

同じカリフォルニアにいるのに
ワタシは飛行機の上からしか
海を見ていません。。。

MILSOLケースの生地
いっぱい仕入れちゃいましたぁ~~~♪
お楽しみに~!
リリー 2008/09/16(Tue)05:12:41 編集
業界諜報員さまへ
MP-twinは驚きです。
なぜならツインって回りすぎる、抜けるという要素を持っていたと思います。
が、しかしこれは抜けずに回りすぎず、サーフファースト誌の原稿に書いた(9/30発売号)のですが、「何かの陰謀説」ではないか?
というほど乗り味は新しく、すばらしいです。
永久保存版となりました。
ふなき 2008/09/16(Tue)22:58:49 編集
マーちゃんポッター
「勝手に対決」ついやってしまうんです。
競歩のように走らずに走るように波に乗ります。
ポッツ風にエアと思ったんですが、むずかしかったです。(笑)
ふなき 2008/09/16(Tue)23:00:20 編集
カントの『純粋理性先験的弁証論』
最近ようやくクアッドやツインの調子が良いのかをつかみ始めました。
これは「研究」としてガッカイに報告しますので、大仏さまの横でしばしのお待ちを。
ふなき 2008/09/16(Tue)23:02:29 編集
GHかFBか?
GHとFBは違うコンセプトで作られています。

GH=ショートボード的な動きがお好きな方

FB=一度でもラウンドノーズ(バットフィッシュ、BD)中毒にかかったことのある方

と振り分けると簡単ですね。

ふなき 2008/09/16(Tue)23:06:08 編集
原宿ーロスアンジェルス
MILSOLケース楽しみです。
こちらは消費文化なので、ものすごい量の古着を見て、思うところがありました。
ハイファッションのリサイクルを続けてください。
今度は海にお連れしますね。
ふなき 2008/09/16(Tue)23:07:51 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ