忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今日はサーフボードのスウィートスポットの見つけ方というお題を見つけました。

というのはこれが見つけられないと、どんな名作ボードでも駄品になりさがります。
事実私もアマチュアの頃は、かなりの確率でこの場所が見つけられず難儀しました。



そのスウィートスポットを見つけるのにはコツがあるのですが、それはどのボードにも全員がうまく行くとは限らないのです。
ここにいくつかルールがあるのでそれを紹介します



1)デッキパッドを使う
  これによって足を置く位置をわかりやすくします。デッキパッドの先端付近は通常フロントフィンのちょうど真上に位置することをおぼえておきましょう。

2)前足を使うサーファー
  ニューボードを手に入れたらできるだけ薄くワックスを塗ってみる。前足の置く位置によってボードにへこみが出来る。ここが前足のスイートスポット。これを見つける事が出来たら、もう前は終了。もう前足は動かす必要はほとんどありません。

3)コンディションによって違いをつける
  足を置く位置の話ですが、掘れている波の場合、後ろ足はアクション系の波よりも前方に置きましょう。デッキパッドの前です。デッキパッドの上ではありません。大きなターンの時に1で触れたフロントフィンの上に足を戻す。このように波の状況に合わせて足の位置を変化させていく。



4)ガンタイプの場合
  これは少し時間を必要とします。ボードスペースが大きい分、足の位置も変わりやすいのです。ただ全般的にガンを使用する時は、後ろ足を前方に出すのが好ましいでしょう。

5)全く別のボード、例えば、シングルフィンやレトロフィッシュ等に乗ってみよう
  スピードの出し方がわかっているならボードをコントロールする事に集中してください。後ろ足をなるべく後ろに置く。そしてさらにターンをする時に足にボードが付いてくる位置まで少しずつ下げてみる。



これでそれぞれの足の位置が決まったわけですが、基本は前足をボードのセンター(中心)に。後ろ足が加速の際に前方(ノーズ寄り、フィン前)に、ターンの際はフロントフィンの上に下げ、大きなターンの際はさらにテイル側に下げるということです。
昔に調子の悪い時にビデオでスタンスの位置をチェックすると、後ろ足がデッキパッドの前にあって、絶好調なときにはきちんと後ろ、つまりちょうどバックフィンとフロントフィンの間に乗っていました。
それぞれのサーファーのスウィートスポットは違うのでしょうが、次の波乗りの際に自分の位置を注意してみると、これからのサーフィンライフがぐっと変わると思います。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
懐かしい
マチャドのシルエット写真〜なつかすぃ〜。

パドリングでキャッチングウェイブそしてスタンディングまでの動作を落ち着いてできる時って、スタンス(立ち位置)が決まりますよね。落ち着いてテイクオフできるってことが調子の良い証拠なのかな。スタンスが決まってる時、スイートスポットにきちんと乗っている時ほどサーフィンが楽しいことはないってもんだ。うん!
得♪ 2006/12/13(Wed)20:06:30 編集
無題
立ち位置が定まらないとなにもうまくいかないですね。
人生も同じようなものですね。
よし 2006/12/13(Wed)23:30:10 編集
今なお
おNEWの場合、早く慣れるためにメジャーで測ったセンターに目印のステッカーとか貼るようにしてます。
そして、そこら辺にフットマークが付きだしてくるとなんとも嬉しくなってきます。
長さ1インチの違いにはこだわるのに立ち位置がずれてちゃ話になりませんよね(笑)
たけ 2006/12/13(Wed)23:51:30 編集
練習人生
得♪さん、
スタンスってむずかしいですよね。
一万回の反復練習で習得できるそうなので、一万本波に乗ってみます。

よしさん、
そうなんですよ。
その通りだなあって思いました。
ふなき 2006/12/14(Thu)11:28:23 編集
マーキング
たけさん、
それはいい案ですね。
今度やってみます。
ふなき 2006/12/14(Thu)11:29:01 編集
いまさらですが...
protoⅡ今頃になってスイートスポット見つけられました。
デッキ面がぼこぼこになってしまいましたが、古臭くていい感じに仕上がってきました。
今頃マイブームです。
きちんとボトムターンできた後、トップに上がる時に後ろ足スタンスをきちんとバックさせられてるか、今日この頃の課題です。
こんどビデオにでも撮ってみようと思います。
markee. 2006/12/14(Thu)14:43:46 編集
SB
markee.さん、
ステップバックはむずかしいですが、慣れてくると無意識にできるようになるでしょうね。
私はいまだに意識してやっています。
ふなき 2006/12/14(Thu)15:30:03 編集
ステップバック
海に入る前はステップバックが頭の中にあるんですが、いざ入っちゃうとアドレナリンですぎて、思い出すのは残念ながら帰る車の中です。

markee. 2006/12/14(Thu)16:00:06 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ