忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [544] [543] [542]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北西から、そして南西、南南西からと3つのうねりが届いている。

いっぺんに届いても乗れる波はそれぞれ1本なので、バラバラにやってきて欲しいと願うのだが、波はそんなことを知るよしもない。

こんな朝はどこに行こうかと、思案のときである。

満潮、風は東トレード20ノット、うねりは北西2〜3フィート、
南西2〜4、南南西1〜3フィートだ。

ハワイ表示のフィート高測定なので、2で頭、3でオーバーヘッド、4となるとダブルサイズも混じると考えていただきたい。

今日の波乗り場所には、

1.メジャーリーグ・ベイ

2.ソフトサンド、イナリーズ

3.闘牛

4.ホワイトハウス

5.スイミングプール

の候補があがるが、1.2は北西うねりをとらえるが、地形があまりなのと満潮だと行くには遠いし、波は弱いだろう。
さらには東トレードウインドが強すぎるので、ナパリコースとから風が回り込んでくるおそれがある。

3の闘牛がオフショア、南西、南南西を受ける、ということで一番良いのだろうけど波質が弱いのと、こんな日は人が多いので「うーん」とうなる。

4.5は南西だが、この東トレードは横風になるので斜面でこぼこ。
そして鮫が出現しているのでこれも怖い。

結局、一度うなった3に焦点を合わせることになったが、いまいち気乗りがしない。

そのブレイクを思い浮かべると、そうだ!

この闘牛のアウトサイドに「ファントム」というリーフがあり、このうねりならそこがブレイクしているはず。

しかもここは浅いので満潮しかできないのでばっちりだ。

とファントムに駈けて行き、リーフの亀裂に乗るダブルアップの波でバレルや高速ターンを楽しみました。

3回ほどワイプアウトをして、「ぐあっ、リーフに激突するぞ!!」と身構えたが、なんとどこにも当たらずに深い潮に感謝する。

ファントムから200メートルインサイドの闘牛を見ると、スタンドアップパドルサーファーが増えていて、5人もいた。

海面に立っているから数えやすい。

後からカイルがファントムにやってきた。

開口一番、スタンドアップサーファーを見て「来年にはこの3倍になるぞ」と警告にも似た予想をしている。

スタンドアップはうねりから波に乗れるので、岸側にいるパドルサーファーにとってはノーチャンス。

一台なら次の波を待てばいいのだろうけど、5台もいると次から次へとひっきりなしに乗っていくので、思考はチャーリー・ブラウンみたいにフキダシ内が「まっくろのぐにゃぐにゃ線」となる。
(確か谷川俊太郎訳だと、このまっくろのぐやぐにゃ線は→「ため息」となっていたはず)


前出したカイルは「一時ロングボード流行の時に味わった気持ちと似ているぞ」と言って少しショックを受けていた。

俺たちは、ロングもスタンドアップもやって来ないファントムにいたから難を逃れたが、共存共栄のためにいまのうちからしっかりとしたマナーを確立しないと、みんなが楽しめないかも、とチクチクする気持ちとなった。

海から上がって食べたリンゴのおいしかったこと。

その波乗り後、ずっと今まで作業をしている。

Lost社メイヘム、AVISO社ジョン、Fourkarat純城より電話があり、各人、口を揃え「ミーティングしましょう」とのことなので、飛行機のブッキングを始めるが、11月中旬から航空運賃が3倍になっていて驚く。

よく考えると「感謝祭」が控えているからで、この祭日を境にアメリカはホリデーシーズンに突入する。

休みが多く、仕事をしていても休んでいるような人が多くなり、具体的にはサーフボードの仕上がりが遅くなり、約束が守れず、進まなくなり、主力映画が多く公開され、お店は賑わい、道は混んで寒くなる。

もうそんな季節なんですね。

ハッピーホリデーズ!

まだ早いですね。(笑)



(おまけ)

先日のワールドシリーズ予想ですが、正解者がいないため部門正解者に「にっこにこ」か「ありがとう」、または「すてき」ステッカーを差し上げます。

結果が以下です。

4勝0敗 レッドソックス優勝
↑これが誰も当てられなかったのですが、以下のカテゴリーで正解者がいるはずです。

松井稼頭央野手 5安打 1盗塁

松坂投手 1勝、 5奪三振

このうちのどれかを正解投票された方は、希望されるステッカーの種類と、色(黒か白)、
そして郵便番号が明記された住所と、お名前、読みがな(ローマ字でここから送ります)をメールしてください。

小さなプレゼントと一緒に郵送いたします。

みなさん投票ありがとうございました!

                
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
部門的中されたかたはメールをしてください
メールはこの右下の ふなき という文字をクリックしてください。

メーラーが開きます。
ふなき 2007/10/30(Tue)16:17:24 編集
無題
キンチャンズ でした 最高の面子です 
深くお詫びいたします (#^.^#) 
コースト誠 2007/10/30(Tue)18:03:28 編集
関係無い話ですみません
なんでブラジルのWCTはあんなにブラジル人ばっかり
出れるのですか? 多すぎませんか?
gas 2007/10/30(Tue)22:19:34 編集
ぶが〜ッ!!
個人成績部門も擦りもせず(涙)
次回にぜひ!!
Fg 2007/10/30(Tue)23:57:21 編集
うわあ
ミーティング続きの11月ですね!
お忙しそうですが、お体には気をつけて下さいね。

あちこちで「スタンドアップパドルサーフィン」の文字を見かけます。

これは今の流行りなのですか?
kei 2007/10/31(Wed)00:11:55 編集
standup
マウイではスタンドアップ人口確実に去年の5.6倍、いやもっとだな、増えました。うまい人、昔からサーフィンしている人はすごくマナーを考えて、自分が乗れることを良く理解して、必ずみんなサーファーがセットに乗ってからしか自分は乗らなかったり、インサイドでみんながのらなかったおこぼれに乗ったりしています。またサーファーが多かったり、あるいはサーファーは少なくてもスタンドアップサーファーが増えると威圧感がルので他に移動していますね。でもそういうことを考えずに来た波はじからとっていってしまう人もいてこれからかなり問題になりそうです。それでなくてもシーズンはじめでみんな波に植えていて、この間もウインドサーファーとサーファーの間で大きなトラブルがあり警察とライフガードまで巻き込んで裁判沙汰になったくらいなのでほんとにみんなでなかよく共存したいものですねえ。それぞれが思いやりをもてばルールも要らないと思うんだけどねえ。私はサーファーが見向きもしない波でも十分スタンドアップで楽しいのでぜんぜんオーケーです。
mauitomo 2007/10/31(Wed)04:28:04 編集
そうなんですか
muitomoさん、ありがとうございます。
これはどなたかが火をつけたブームなのでしょうか?
江ノ島あたりでも、混んでいるサーファーの間にウィンドサーファーがビシューって入ってきて、恐い思いをした事が何回もあります。
みんな、ケガなく楽しく譲り合って波に乗れたらいいのになあ。
kei 2007/10/31(Wed)21:34:25 編集
鳥居南米
コースト誠さんがフロントになるのはピースポイントと言うそうです。
先週の日曜日あまりにもいい波に乗れたので、なでなでお地蔵さんに500円あげました。

gasさん、
知ってましたか?
後10年すると、WCTはブラジル人のみとなるのですよ。
ミックもアンディもブラジル亡命ですね。
ふなき 2007/11/01(Thu)18:05:45 編集
カヌーサーフィンの未来
Fgさん、
私もです。
自信あったのになあ。

keiさん、
スタンドアップはとても楽しいものですが、なぜか混んでいるブレイクに多く入っている傾向が見られます。
日本はどうなのでしょうか?

mauitomoさん、
やはりですね。
わかっている人ならいいのですが、こちらではまだ沖からがんがん波を取ってみんなを閉口させてます。
これは来年はイッシューだな、と言っているのをよく聞きます。
民度でしょうね。
ふなき 2007/11/01(Thu)18:08:51 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ