忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473] [472]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜、仕事中にブイをチェックしたら、南からのうねりが来ているようだった。

先日書いた北西うねりは結局何も届かず、夜中からソフトサンドに行ったウッドががっかりして帰ってきた。

皆は「8月に北うねりなんか来るわけないよ」と説教したのは、俺たちに「北西波が出るぞ」と教えてくれたジェイミーの言葉。

ウッドは「あいつの言葉を信じるのはやめた!」と怒っている。

外人は、言った言葉をすぐにくつがえすから信用ならない。(笑)

そのブイ情報を見てすぐに寝るが、期待と興奮で夜中に何度も目が覚めてしまった。

3時かぁ、いいや起きちゃおう、と決めて写真の整理をし、待ちきれずに暗いホワイトハウスに行く。

思ったより小さいが、潮も上げてくるからとにかく入ろうとパドルアウトすると、頭くらいのセットが入ってくる。

ひさしぶりのホワイトハウス。

いきなり掘れ上がるファーストピーク、セカンドセクションは別名スラッジハンマー(壊滅金槌)とされる強烈なセクション、それを越えるとリップ、カットバックの最終セクションとなり、最後は深くなって波は消滅する。

沖にいつもいるウミガメも顔を出し、白かった空に陽が昇ってきた。

パドリングの飛沫が黄金色となり、美しいを通り越して神々しい。



波乗りって最高だなあ、と沖にいるあいだずっと思っていた。

空が青くなってきた頃、スタンダップパドルサーファーとマークおじさんがパドリングしてきたのが見えたので、彼らと交代するように上がった。

それからオフィスで仕事をし、昼から始まったリトルリーグ世界戦をTV観戦する。
今日は準決勝の台湾対日本戦。

子供の試合だが、真剣勝負である。
すこしのミスで展開は二転三転し、勝負の流れはあちらに行き、こちらに戻るというドラマだらけ。

始まる前に準決勝第一ゲームのベネズエラ対キュラソーが他チャンネルでやっていた。

延長戦だ。
裏攻撃、キュラソーが2-1で負けていて、すでに2アウト。

キュラソー、絶体絶命のピンチから、ファーボールでランナーを出して、最後のバッターが2ストライクまで追い込まれた。

ベネズエラのピッチャーは、背が高く、サングラスをかけて子供離れした球を投げる。
その子のお母さんがスタンド観戦していて、TVに映し出される。

両手には小さなキリスト像を握りしめている。

ベネズエラ応援団全員が祈るように、お母さんは泣き出しそうな顔で息子の立つマウンドを見守る。

勝利を確信して、振りかぶり、渾身のボールをバッターに投げた。

「キン!」

金属バットの芯を捉えた打球音が響く。
カメラは外野を越え、柵の向こうに落ちるボールを映し出した!

サヨナラ逆転ホームランだ!

飛び上がって喜ぶ、キュラソーチーム。
応援団もベンチも全員でにっこにこ!

カメラは次にベネズエラチームを映し出す、全員がそれぞれのポジションに転がり、泣きじゃくっている。

次に応援団、先ほどのキリスト像を持つお母さんが崩れるようになっていて、それをみんなが悲しそうに支えている。

遠くからやって来て、何日も滞在してここまで勝ち抜いてきたのに、雨の日も風の日も練習をしたのに、と思うと俺も泣いてしまっていた。

毎年このリトルリーグ世界選手権を見ているが、毎回感動させられる。

台湾対日本は、3対2台湾リードで最終回の6回裏となった。

エラーとヒットで日本チームがランナーをひとり返し、この試合も延長戦ともつれこんだ。

そこから一進一退の延長4回、つまり10回裏に「キン」と一振り、サヨナラホームランで決着がついた。
勝ちチームである歓喜の日本チーム、そして応援団をTVは映す。

次に負けチーム。
また泣いちゃうの嫌だなぁ、って覚悟しながら見ると、悔しそうにはしているけど、あまり表情を崩していない打たれたピッチャー、先発ピッチャー、チームメイト...。

子供なのに、と怖いようなすごいような。

でも、そんなアジア人気質は理解できる。

この台湾チームに凄みを感じ、日本の少年たちからエネルギーをもらう。

明後日はそのサヨナラ逆転キュラソーとの勝負です。

Team Japan good Luck!
Team Curacao zehi!

ということで、これから夕陽のイナリーズに行ってきます!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
北砂
東京北砂勝利の速報、ありがとうございます。
倅の出身チームです。
2001年に次いで、二度目の世界一を目指して頑張っています。
なきさんも応援よろしくです。(^^♪
ちなみに倅の世代(2年前)は東京で優勝はしたものの、全国大会で終わってしまいました・・・
たけ 2007/08/25(Sat)10:45:19 編集
「東京北砂リトル」
たけさん、
そうなのですか!
すばらしいことですね。
I、Iで終わってしまうことの多い子供時代にWE,WEのチームプレイを知ることの価値は高いと思います。
サヨナラHRと2番手として好投した木内準祥君を筆頭に「東京北砂リトル」の選手、思いきり野球を楽しんで欲しいなと思います。
試合開始まで後1時間とちょいとなりました!
ふなき 2007/08/26(Sun)00:23:40 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ