忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500] [499] [498] [497]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノースハワイに帰ってきてから毎日波があったので、勤勉に目覚ましをかけて未明に起きてホワイトハウスに。
おかげで無風のいい波に乗ることができた。

BESSELLの新作6'4"が届いたのもあり、サーフィングにヒートアップした毎日だった。

肝臓のために数日行う禁酒期間も解け(あまり量は飲まないんですけど)、バックトゥノーマルとなったようだ。



そして今日。

朝七時が満潮いっぱいということもあり、目覚ましをかけずにゆっくりと起きてからホワイトハウスに行くと、強いトレードウインドが東に向いていた。

ということは、ここはサイドウインドとなる。

あまり気乗りはしなかったが、波乗りはしておくべきと思い、沖に出ることにした。

車に積んだばかりのゴーグル(水中メガネ)があったので、それを首にかけた。

ワックスを塗っているとカイルがやってきて、最近得意のモーリードイル(初心者用のスポンジサーフボード)でホワイトハウス波に挑戦するという。

「おもしろい考えだ」と一緒に沖に出ると、オーバーヘッドくらいのフェイスが横風にあおられてたわんでいた。

一本乗るが、凸凹の斜面では砂利道のスケートボードに近いものがあり、あまり楽しいものではない、ということに気づく。

カイルはドイルでピークからすごいドロップをした。
それはまるで崖からボードで降りるようなものだった。

彼の言うところの「オートマチック・ストール(自動減速)」が微妙に効き、レイトドロップとなっているのだろう。

彼と話していると沖にウミガメを見た。

「イエィ、ホヌー(ウミガメ)!!」

というカイルの横を抜け、ホヌの近くまで行く。

ゴーグルをセットし潜ると、ホヌは両ヒレを優雅に舞うように目の前を泳いでいる。

緑色の甲羅が水底のリーフと同化し、まるでリーフが親ガメのよう。

底には黄色、緑、赤、オレンジ色をした多くのリーフフィッシュが集まっていて、小宇宙そのもの。

ホヌのように両手両足を動かし、一緒に泳ぐ。

息が苦しくなってきたので、海面を見るとところどころに泡が散っていた。



「そうだ、(上界は)風が強かったのだ」

と思い出し、海面に出るとカイルが「波だぞー」と声をかけてきた、
ちょうど目の前に凸凹フェイスの波が崩れようとしていたので、そのまま大きく息を吸い、波の下に潜る。

大量の泡が発生し、視界を白く満たした。

波もきれいで大好きだが、波の下も負けずに美しい。

底にはさっきのホヌがゆったりと泳いでいる。

俺は波乗りを忘れ、ホヌと魚と泳いでいると深い穴を発見した。
そこには魚が「塊」という言葉のように群れていた。

彼、彼女らのように息が続かないので、息継ぎのたびにこの世界に戻り、正気になるのだが、海中世界と同化したようで、海の流れに身をまかせどこまでも漂っていた。

(おまけ)

海からあがるとこんな車が停まっていた。

スペアタイヤに後部座席横積みのショートボード。
クラシックでいいなあ。



アロハ精神ですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
バックトゥノーマル!!
日本は、三連休最終日なのですが我がホームポイントはこの三日間巨大な湖化しております。(涙)
ですので、お酒もグビグビいってしまいます。(笑)
明日から休肝日です。
ホヌは、ハワイでは良く見かけますがこの間お邪魔した伊良湖で特大のホヌに遭遇した時はビックリしました!
でも、ホヌを見た日って凄くハッピーなのはなぜですかね?
Fg 2007/09/17(Mon)13:42:13 編集
あお
Fgさん、
波が無かったのですね。
残念です。
休肝日は重要みたいで、よく実施します。
特大のホヌすてきです。
幸せの伝染なのかなあ。
ふなき 2007/09/19(Wed)16:51:38 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ