忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [774]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



南南西うねり継続中!

オーバーヘッド波が続き、夕方から新しいうねりになったようです。

ピストルクアッド+1を持ち出し、トライに換えてサーフ。

6'4"x18"x2-3/16"



むき出しでサーフボードを持ち歩くのもはばかれ、日本で使っていたMILSOLボードケースがなつかしく、そこでリリーさんにこのピストル(ミニガン)用ケースをオーダーしました。

完成は1ヶ月後です。
日本からここまでの郵送期間もあるから7週間後くらいなか?

父の日なので、というかそれとは関係ないんだけど釣りに行きました。

釣果は2時間でこのアカエショが2尾釣れました。
ポキご飯にしてみます。



開発でもうすぐなくなってしまうこの港の景色をバックにふたりでパシャリ。



Tシャツは南島のスプラウト製です。
この島では俺しか持っていないだろうな、という逸品です!

(ニュース)
この夏行われるライジングサン・ロックフェスティバルの公式Tシャツがクラブキングさんよりリリースされました。



モデルは藤井フミヤさん。

カンムリワシという南島にしかいない珍しい鳥を偶然撮って、それがこんなかっこいいTシャツになりました。

早く欲しいです!

そのクラブキングさんから20年間も刊行されている「dictionary」の最新刊が発行されました!

「MOTHER号」で、



裏表紙は私作品です。



コメントにはハワイに伝わる言い伝えを書きました。



NAKISURFの広告もしっかり入っております。



この『dictionary#122』はNAKISURFのお客さまに向けて限定部無料配布中です。

ご注文時に「122欲しい!」、または「dictionaryください」、「ディクショナリーをぜひ!」

と明記してください。

商品と同梱して発送いたします!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
エソ
エソの一番美味しい食べ方は、まちがいなくしんじょ揚げです。小骨が多いので包丁で叩いてすり鉢で軽くすって粘りを出し、イカのげそがあれば一緒に混ぜて揚げます。もともとカマボコに使う魚なのでこうすると美味いのです。焼き魚や生食には小骨が多く、肉がぐにゅぐにゅで×です
Isseki 2008/06/16(Mon)14:57:24 編集
エショ
じゃないんですね。
エソとは!
驚きました。(笑)
しんじょ揚ですね。
釣ってきたえしょはすでに生でポキの胃袋内に収まっちゃいました。
今度やってみます。
すばらいコメントをありがとうございます。
ふなき 2008/06/16(Mon)15:33:44 編集
エソ2
生でエソ食べた人は世界初では??
日本にもたくさんいます。特に真鶴で活きイワシでマゴチとかヒラメ狙っていると、50センチ級のがめちゃくちゃ釣れます。小田原の最高級のカマボコは、エソとグチ(イシモチ)なんです。
Isseki 2008/06/16(Mon)17:16:39 編集
URL
写真入り料理方法発見
http://homepage2.nifty.com/mahana/cook/eso1/eso1.html
Isseki 2008/06/16(Mon)17:17:57 編集
ポキは
ネコなので、生食は大丈夫です。(笑)

それにしてもこの料理方法参考になります。
山芋いれて揚げたらおいしそう。。
小骨が多いのですね。
すり鉢がないのでミキサーでやってみます!
ふなき 2008/06/17(Tue)02:15:44 編集
無題
マエソ(エソ)
ハダカイワシ目エソ科
釣り場=沿岸のやや浅い砂泥地

獰猛な性格で、魚食性。

料理=大型はこぶしめが美味。(酒をふった昆布ではさんで、さらしもしくはラップで密封)

”海の釣魚”、成美堂出版よりばっすい。



じっくり読みたいです。
名文って良いです。





闘牛ポイントへ行っていますね。ちょっとマーキーな茶色の水面を見たところ、今年も雨の島健在って感じですね。北側の秘境に世界一の降水量を観測した地点もあるらしいですよ。ロングファンレフト、アイミスダプレイス、ブラ。



クリスチャンフレッチャーは元気ですか?ウェッジで問題を起こしていた写真をWaterで見ました。天使の顔を持つ悪魔って感じでしょうか?

ではでは
おいなりさん 2008/06/26(Thu)23:35:23 編集
ふむふむ
エソに闘牛岬、そして世界一の降雨量の山と、ものすごい島です。

クリスチャンは相変わらずで、あの通りの悪童の限りをつくしています。

でも本人に言わせるとマーケティングなのだそうです。
ふなき 2008/07/27(Sun)16:07:49 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ