忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582] [581] [580]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南の島で接続が限られる船長に代わって、スタッフとおるが代打します。



現在発売中のSURF1st 059号に、NAKISURF初の広告が掲載されています。

以前ここでお知らせしていたので、もう直接手に取って実物をご覧になった方も多いと思うので、ここに公開しますね。

表紙は、はやとくんBESSELLフライングフィッシュ5'0"

そして写真は松風王国のさんゆうさん(U-ske)。



美しい表紙ですね。

おおお!

ボードと雑誌ロゴのイエローが、「お知らせ」のリンク先に咲いていた満開の向日葵とつながった・・・、すごい・・・。

そして、こちら↓が今回初めて雑誌掲載させていただいたNAKISURF広告です。



まさに広告らしい広告ですが、いかがですか?


そして最後は、SURF1stの兄弟誌、Blueに掲載されたコラムをどうぞ。

この巻頭コラムのテーマは・・・

どうぞゆっくり楽しんでくださいね。



八重山諸島、静岡、湘南、東京と旅をし、ノースハワイに戻ってきた。それぞれの場所で野宿をし、それらの地しっかりと受けとめてきたと感じている。
野宿と書いたが、俺の場合はテントを張らず、寝袋だけでさっと寝るゲリラ的なものだ。各地に『キャンプ禁止』と立て札があるが、つまりあれはたき火をしたり、ゴミ放置問題から禁止だとされていると理解している。
そこで、
1)たき火はしない。
2)ゴミを捨てるなどもってのほかで、付近のゴミまでしっかりときれいにする。
3)その土地を愛し、もし注意されたら、丁寧に謝ってすぐに立ち去る。
4)騒がない。
という4箇条で臨んでいる。要は目立つ行動はしない、ということだ。俺は陽が沈んでから寝袋の中に潜り込むだけなので、誰にも会うことはないから実際にはこの必要すらない。
こんな旅を続けていると、自宅に帰ってきても好きな浜に寝袋を持っていく。
はっきりとした青い空、白い雲。
ここにはハイビスカスが自生している。
その南国風景にうっとりとしていると、その後ろに大きな虹が浮き出てきた。
この大きな砂浜はメインビーチで、トイレとシャワーが完備されたパビリオンが複数ある。ここには長期型野宿(つまりは浮浪)する人が多く集まっている。
皆、テントの周りに火を熾し、思い思いの格好をし、ギターを弾き、裸足でのんびりとクルーズしている。
ゆったりと朝陽から夕陽までを味わう長くも短い一日。
こちらではその人たちのことを「ヒッピー」と呼び、それはひとつの文化でもある。
「ヒッピー」という言葉を調べてみると、関連用語には「ナチュラリズム」「ニューエイジ」「サイケデリック」「フラワーチャイルド」「コミューン」「ボヘミヤン」「トラヴェラー」とあった。
どうみても俺は「トラヴェラー」に属していると思うので、ヒッピー文化の一員でもあると知った。
人のいないビーチで寝袋を拡げると、屋根などない、拡がる空の下に身を置き、夜半、月が落ちたころに目を覚まし、漆黒の闇に拡がる天の川を見て、宇宙旅行をした気になった。野宿の醍醐味がここにある。

やがて夜が白み、星が消え、陽が戻ってきた。ゆったりと昇る太陽を見届け、好きな本を開く。
暑くなったので履いていたトランクスのまま、海に飛び込み、寒くなるまで波と遊んだ。
冷えてしまった体を熱い砂の上に横たえ、温めていく。
雲がゆっくりと形を変えながらそらを舞っている。
波の音以外何も聞こえない世界。

今回の旅では街にいることが多かったので、その大都市生活欲求に適合した自分が出現した。
都会の愉しみ、つまり利便性を知った俺は、雨が降ると屋根を求め、暑くなるとエアコンのスイッチを探してしまっていた。

この自然に体を横たえ、精神を自然回帰させていく。
陽が傾いてきた。

最初に行った八重山諸島のある島でのことを思い出した。そこでは砂浜に無数にあった洞窟に寝袋を持って潜り込み、毎晩女神様の夢を見た。
同じ夢とは不思議だなあ、何かあるぞと思っていると、この場所は御嶽(うがん)という名前がついていて、それは土地の言葉で『神様の住む聖地』という意味とわかった。さらにここは「うなり」という名が古来から付けられていて、八重山諸島で唯一の女神様がいる場所であると知り、一瞬凍りついた。
サーフィングという遊びから、旅の形を見いだし、自分の行動範囲を拡げ、さらには深い精神世界を知った。
風を感じ、雨を受け、全てに感謝してしっかりと生きよう。
そんなことを思いながらそらを見上げると、夕陽に染まった雲がサルバドール・ダリの絵画のようになった。シュール(幻想的な)だなあと俺はまた非日常的な日常に戻っていくのだった。
(「ヒッピー」 了、6/24/2007)




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
野宿ばんざい!!
米やのヨッチャン 2007/12/08(Sat)08:44:33 編集
無題
サーファーズ・アワード 2007 ばんざい!!
じーじ 2007/12/08(Sat)10:18:30 編集
無題
ばんざい山椒♪
得♪ 2007/12/08(Sat)14:36:01 編集
ZH!!
みなさん、
ありがとうございます。
当日お待ちしております!
ふなき 2007/12/12(Wed)21:48:31 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ