忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460] [459] [458] [457]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

波がないです。

9'1"のロングボードを持ってトレードうねりが唯一届く闘牛ポイントに行き、10分に2本ほどやってくる膝波に乗ってきました。

今年の夏は波がない年だそうで、みんな参っている。

トレードとは貿易風のことで、毎日というか、ハワイでは毎日この風が絶え間なく吹いている。
たまに低気圧や、ハリケーン通過時に反対の風、コナウインドになるが通常はこの風。

このトレードがオフショアとなる闘牛ポイントは西側の代表的なブレイクである。
東側がオンショアになるので、毎日頭程度のジャンク波ならあるが、現在カツオノエボシという強力クラゲが異常発生して、東海岸に流れ着いているのでその理由でNG。

ここで一句。

波なきも 豊かにかかる 夏の虹



先日のブログで、純城が実際に毎日乗る(世界最速)ボードの推奨サイズ一覧表を掲載したら大好評であった。



そこで、今度は私モデル体重別推奨ボードサイズをここに掲載してみます。



船木モデル Funaki's "z-rider"

初心者(目安としてはパドルをしていて、ぐらぐらする、狙ったところにボード
を持ち上げられない、という人がここに属します)

45-55kg

5'9"x19-1/8"-2-1/4"
5'10"x19"-2-1/4"
5'11"x18-7/8"-2-1/4"
6'0"x18-3/4"-2-3/16"
6'1"x18-3/4"-2-3/16"

55-65kg

5'10"x19-1/8"-2-3/8"
5'11"x19"-2-3/8"
6'0"x18-7/8"-2-3/8"
6'1"x18-7/8"-2-1/4"
6'2"x18-3/4"-2-1/4"

65-75kg

5'11"x19-3/8"-2-1/2"
6'0"x19-1/4"-2-1/2"
6'1"x19-1/8"-2-3/8"
6'2"x19"-2-3/8"
6'3"x18-7/8"-2-1/4"

75-85kg

6'0"x19-3/8"-2-5/8"
6'1"x19"1/4"-2-5/8"
6'2"x19-1/4"-2-1/2"
6'3"x19-1/8"-2-1/2"
6'4"x19-1/8"-2-7/16"

中級者(目安としてはパドルがぐらつかない、狙ったところにだいたいボードを
持ち上げられる、やわらかくレイルを使って波の左右に意図的にターンができ
る、という人がここに属します)

45-55kg

5'7"x19-1/4"-2-3/16"
5'8"x19-1/8"-2-3/16"
5'9"x19"-2-3/16"
5'10"x19"-2-1/8"
5'11"x18-7/8"-2-1/8"

55-65kg

5'8"x19-1/8"-2-3/8"
5'9"x19-1/8"-2-1/4"
5'10"x19"-2-1/4"
5'11"x19"-2-3/16"
6'0"x18-7/8"-2-3/16"

65-75kg

5'9"x19-1/4"-2-3/8"
5'10"x19-1/8"-2-3/8"
5'11"x19"-2-3/8"
6'0"x19"-2-1/4"
6'1"x18-15/16"-2-1/4"

75-85kg

5'10"x19-3/8"-2-7/16"
5'11"x19-1/4"-2-7/16"
6'0"x19-1/4"-2-3/8"
6'1"x19-3/16"-2-3/8"
6'2"x19-3/16"-2-1/4"

上級者は私がお答えいたします。
掲示板かメイルでお問い合わせ下さい。

純モデルのところにも書いたのですが、プロサーファーやチームライダークラスの方にもお奨めします。

特にシェイパーを持たないプライベートプロの方に『超激クアッド』として活躍することでしょう。

8月中にフォーカラットサーフボードを成約いただいたお客さま全員に特製Tシャツをプレゼントしております。



まだどこにも販売していない稀少なTシャツです。

サイズはS,M、Lです。
オーダーの際に明記くださいませ。

こちらもぜひご利用下さい。

これはアルマーニやディーゼルなどでおなじみの「デザイナーT」と同様な柔らかい素材の
アメリカンアパレルの『50/25/25トライブレンド・トラックT』という最上級品を使用しました。

カラーはグレーのみです。

さて、昨日ブログでZ1サーフスーツのガールズロゴA案、またはB案を投票してもらったら圧倒的に『DIVA SURFSUITS』に軍配が上がった。

よって、こちらに決定しました。

よろしくお願いします。



(おまけの釣りバカ日誌-2)



波がないので、夕方は学校から帰ってきた子供達を引き連れて、近所の池で釣りをしている。
たった1時間だが、みんなバスにティラピア、クラッピーを釣ることに入り込んでいる。

上の写真はアニー画伯と、友人のニコちゃん。
アニーはマイクロバス2匹とティラピア1というのが釣果であった。

ちなみに自称釣りマスターのノアと学友ランディはティラピア1匹づつ。

さて、先日のブログコメントで、「大物に新品の8lbラインを2回も切られた」と書いたのだが、それから、そのモンスターに標準を合わせて、様々なプラン、スタイルで狙った。

奴の潜伏場所は水深表示の杭廻りというのは突き止めた。
全てここで喰っている。

ノーシンカーの6インチリザード(オレンジ)は2度も奴に喰わせたので、もうばれてしまったのか、何もアタリがない。

そこでゲーリーヤマモトの7インチセンコー(緑)にするが、ちょんがけ、ワッキーリグでも反応が悪い。

ハードルアーに替えて、ワカサギ色のペンシルもダメ。
ザラスプーク、
ジッターバグ、
ミノー、
クランクベイト、
ディープクランク、
スピナーベイト、
ジグヘッド。

全部だめ。

仕方がないので日本のメガバス印「ハゼドン」を付けるが、ミニバスのアタリばかり。

オレンジがいいのだけど、あまりオレンジってないんだよなあ。
この島にはバスショップもないから、道具は日本に行ったとき、またはバスプロショップというネットショップで購入しているんだけど、購入してから届くまで3週間かかるのがネックで、こういうときに戦力追加は望めない。

ふと、タックルボックスを見ると1本だけ全長5インチはあろう大きなグラブ、しかも暗オレンジ色を発見した。

平打ちのマス針みたいな大きなフックにこれを付け、ノーシンカーで投げる。

すぐに引くと浮いてしまうので、糸が沈むまで待ってからリトリーブし、ウオルマートで買った自慢のウルトラライト竿でちょんちょんと真剣アクションでその杭廻りを通すが反応なし。

あまりにもスロウな釣りに嫌気をさして、ガン玉という小さめのシンカーを針から30cm離して装着。

一投目をキャストすると、振り子みたいになるので、コントロールミスをしてしまい杭から1mも離れてしまった。

慌てて巻き取ると、根掛かりしたようで重くなってしまった。

こんな時は角度を変えて引くと外れることが多いので、歩き出した瞬間に「グングン!」
とバイトサインがあった。

「グアッ!」

と合わせると、やたら重く、底に持っていくファイトが始まり、俺は奴だと確信する。

向こうに行っていたノア達に「FISH ON! BIG ONEダゾー!!」と叫び、皆を集める。

そのあいだ奴はグオーっと走り、ドラグを絞り、竿を引きこんでいる。

替えたばかりのラインで、丁寧に結んだこともあり、前半は奴を浅瀬に引きこむような作戦。

その計画は大成功し、みんなが集まってくる頃には、浅瀬で黒と金色に輝く体を反転させているモンスター級ボディがギラリと見えた。

デカイ!

子供達は英語で「Wow! That's a big one!!」と驚いている。

ここまではいつも通り、しかし、今までジャンプしたことがないのにいきなり想定外のテイルウオークを始めた。

ヤバイ...と竿先を水中に突っ込み、それをしのぐ。

グイ、グイーと圧力をかけて水底に戻ろうとするモンスター。

何度か同じやりとりをして、再び浅瀬に引き寄せる。

すごいファイト、しかも全く弱らない持久力がスゴイ。

奴の顔がこっちに向いた瞬間、一気にリールを巻くと、バシャバシャーと斜めにこちら側、つまり岸に向かってきて、そのまま水深30cmくらいのところでヒレを空打ちしている。

しめた!チャンスだ!@!


と、そのまま俺が後ろにさがり、ズルズルっと岸に引き上げた。


上がった、

やった!!

本当にデカイ....。

と、昨日、ハワイ時間で8月8日午後5時頃、このモンスターバスを釣り上げました。



いったい何キロあるんだろう?

写真を撮って、みんなでギザギザの歯を触り、こどもの手なら3本も入るバケツ口は初めて見た。

すごいなあ。



逃がしてあげると、それを知っていたかのようにモンスターはゆっくりとゆっくりと水底に戻っていきました。

また会う日までさようなら。

それではみなさん、良い週末をお過ごし下さい!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
こっ!これが例のモンスターですか!!?
デカイ・・・・の一言です!w
今後の記録更新楽しみにしております~~!
mania OCHI 2007/08/10(Fri)11:19:38 編集
無題
キャッチしましたね。やったやったバンザイ!
一昨日行きましたがでかいのあげられずがっかり
かるく60upですね。ハクセイ物ですね。
kd 2007/08/10(Fri)11:59:52 編集
ドドゲアンタレス!!
さかなデカッ!!
見た瞬間爆笑しました。

先日の千倍論を知ってから、僕の中で
『でかい=アンタレス』
と言うようになってます。
こいつは正にドドゲアンタレス級ですね。
主なのでしょうか?


主ぜひ!!
しゅうまぃ 2007/08/10(Fri)13:00:36 編集
ガッデン
ピーコックか何かでしょうか!?

こんなデカイの釣りたいッス!
masuko 2007/08/10(Fri)16:48:46 編集
757HR!
mania OCHIさん、
ようやく上げました。
1mクラスを狙っていきます。

kdさん、
剥製はかわいそうなので、逃がしてあげました。
いつか釣りに来て下さい。
またきっと釣れると思います。
ふなき 2007/08/10(Fri)17:49:36 編集
アンタレスポンチョ
しゅうまぃさん、
小さい池なので、まちがいなくヌシです。
魚紳さんにも見せたかったなあ。
ドドゲアンタレスっていいなあ。

masukoさん、
いえ、オオクチです。
サーフサプリを飲んでいたおかげで上げられました。
感謝です。
ふなき 2007/08/10(Fri)17:52:38 編集
無題
お~さすがNAKIさん!
平和なカウアイでブイブイの主を
わからせたんですね。
今頃 底で斜めになって反省しているのでしょう。
ロアのコージー 2007/08/11(Sat)04:33:31 編集
ドドゲ本
ロアのコージーさん、
きっと今でも深く反省していることでしょう。
でもこのモンスター攻略方法が見つかったので、攻略本をドドゲ出版からしようと思っています。
ふなき 2007/08/13(Mon)04:58:01 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ