忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[848] [847] [846] [845] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [836]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



きれいな朝焼けを見て、メールやSNSのコメントを整理して約束の7時にホワイトハウスに行く。



波は小さいが、なんとかブレイクするので入ろうと支度をしていると、車の後ろで「これを見ろ!」とニックが言う。

彼らに近づくと、ウツボが釣り糸に絡まったまま投げ捨てられていた。

かわいそうに。

きっと夜釣りをしていて針にかかったのだが、気持ち悪かったのでそのまま糸を切って捨てたのだろう。

長い糸とオモリ、そして針がついたままになっていて、こういうのを結構見るのですが、釣り師のマナーが悪い典型です。

どの浜に行っても糸や針がそのままになっていて、見ていると地元の大人が普通に悪気なくやっているが、教育とはこういうことも教えなくてはいけないのか?

ハワイアンの釣り師の多くはこんなきれいな海を守ろうとはしないことにがっかりする。

「品がないなあ」と3人で大きな溜息をついた。



いくつかエクセレントな波に乗り、ニックは一本バレルに入ってご満悦。

今日は日曜日なので朝食を食べてからもう一回サーフしよう、ということになった。

ジョンたちが泊まっているピートの家に行くと、梱包を解かれたAVISOが勢揃いしていた。



おーすごい!

俺にテストしてもらいたい、とジョンが持ってきたのはAVISOの新DVS、"HYDRO HULL"です。

「世界のフィッシュマニアのために削ったんだ。これこそが本来のフィッシュの動きをするから乗って欲しい」」とDVSことディック・ヴァン・ストラーレン(DICK VAN STRAALENがマスターシェイプしたモデル。



5'9"x 20-1/8"x 2-1/4"
ハイドロボトム エッジドディープスワロウテイル 
FUTUREツインフィン 

このスワロウテイルはみたことがないほど、切れ込み、そして段になっている。
デッキ側の窪みと相まって、薄く、美しい。



ケアステッカーを剥がし、「ワックスは俺が塗っていいのか?」と再確認してイニシャルワックスアップ。



この写真だとテイルの窪みがよくわかりますね↓



暑い日のワックスはこうして「Xの字」を書くように塗ります。



ジョンが特製リーシュの紐を付けてくれました。



あまりにも美しいフォルムにふたりしてうっとりとする。

これなら世界のフィッシュマニアも納得するでしょうね。



と今度はジョンのワックスアップの仕方を見て勉強させていただく。



弧を描くようにしてワックスの接地面積を多く取り



塗り進めるやりかたでした。



闘牛岬に行くと、空いている空いている!
車が4台しか停まっていない。

これは波がないか、または風が悪いのか、どちらかであろう。

とブレイクまで歩いていくと、波はあるしサーファーはたったのふたり。

??

こんな空いていていいのか?

と疑問に思うと、フラガールで有名な文ちゃんが歩いてきて「昨日ノースで10匹の鮫が目撃されたのよ。だからみんな怖くてサーフィンしていないんじゃないかな?」

ということで空いているらしい。

でも食べられるとしたらまずは一番おいしそうなシーライオン(トド)・ジョンが食べられるから平気さ、と言いながら本人を見ると、「DUDE!笑いごとじゃないぞ」と顔が引きつっている。

こんな日は怖いけど、自身の直感で間違いなく大丈夫な気がしたので迷いなくパドルアウトした。

DVS5'9"のパドルは速い。

丸いノーズを海面に出してぐいぐい進んでいく。

DVS5'10"の時は「推進力」と書いたけど、その通り、似ている進み方をします。

きっと彼のフィッシュはこんなところにこだわっているんだろう。

それに加えて、体重75kg前後の人が乗る浮力設定だから61kgの俺には余計に進むのだろう。

余談となるが、「AVISOの浮力幅」というのはすごい。

俺も乗れるし、28kgのノア、そして88kgのジョンも乗れちゃうんだから無敵です。



もちろんそれぞれの適正な動きがあるから「ノアがレイルをグワシと沈め」、または「ジョンがロングボードが乗る位置からテイクオフ」することはできないのでご注意を。

考えるとこの浮力幅が広いのは、AVISO内部が中空になっているからに他ならず、乗っている方ならご存じ、「ターンをするときに体重によってデッキが凹む」のです。

いやあ新時代だなあ、などと思いながら波に乗っていく。

DVS5'9"の特徴は、さっき上に書いた推進力の他に操作性が高まっているということだろう。

これはテイルをエッジ(段)としたからで、波に食い込みやすくなっている。



見た目はマイナーチェンジなんだけど、乗ってみるコンセプトチェンジというデザイン変更となっている。



逆にDVS5'10"の方はテイルボリュームがあるので、パンチのきいたターンとなり、DVS5'9"はしっとりとした流暢なターンとなる。

好みで選ぶといいのかもしれません。

ただ、よくフィッシュを乗っている人が錯覚するのは「究極のボードではないか?」ということで、じつは普通のボードの方がターンはしやすい。

でもフィッシュボードには浮力が全体的についているので、テイクオフとパドリングは早い。



直進性と相反する回転性能は、ツイン系の翼フィンと、ボード全長が短いので良好です。

よく聞くのが「曲がりません」という質問で、そう言う方の乗られているボードはフィッシュだったりすることが多い。

まあ、このDVS5'9"はその「曲げづらかった」フィッシュボードの操作性を上げてより親しみやすくしたデザインです。

こんな闘牛波のようなゆったりと乗れる波、湘南だったら七里ヶ浜、千葉だったら片貝、御宿のような波質だったら完璧にはまることでしょう。



そして浮力があってパーフェクトなロッカーがつき、なおかつ回転性があるので、初心者〜中級者の人にも向いています。

ちなみに長女カイラはロングだとノーズが刺さって、波乗り不信になっていたのだが、このフィッシュ(DVS5'10")を乗ってから上手くテイクオフができるようで、突然波乗りが楽しくなったようだ。

前出した文ちゃんはロングボード一辺倒だったのだが、「持ち運びが大変だからショートに乗りたいの。そしてビャーってターンをしてみたい」ということでもこのDVS(5'10")をお貸ししたらいきなり一本目から乗れて、俺はもちろん、本人も驚いていた。

書いていて気づいたのだが、フィッシュボードはロングと通常ショートの中間の味わいなのです。

そうだそうだ、これで存在の意味を知ってようやく落ち着きました。

そんな中庸(中間)デザイン、フィッシュボード。

その最高峰にDVSシリーズがラインナップされています。

余談ですが、DVSをジョンがAVISOラインナップに加えたく、気むずかしいとされる彼に会いにオーストラリアまで行き、その密接な交流がはじまったのです。



その記念すべき3本目のデザインがこのDVS"HYDRO HULL"5'9"。

フィッシュデザインの世界最高峰と呼ばれる夢のあるサーフボードをぜひお試し下さい。

テストドライブにモデルを加えるようにジョンに5本注文しました。

デリバリーは湘南、千葉を予定しております、

と、熱くすばらしいボードミーティングを無事に終えました。



鮫は出ずにその代わりに大きなホヌ(ウミガメ)が現れました。

それからシェイブアイス(かき氷)を食べながらミーティングをしようとしていたら突然の大雨が降ってきて車に避難しました。



なぜか全員同じ注文で、#2ハウピア(ココナッツ)スペシャルというフレーバーです。



王子ニックは、どこに行ってももてるので、今回も店内で待っているときに20才くらいの地元の女の子3人に「どこからきたの?いつまでいるの?どこにいるの?電話番号教えて?」とナンパされていました。



「断るのが大変だよ」とはいつものセリフです。

新しい週がはじまりました。

新聞を読むと、日本各地で猛暑が伝えられています。
どうぞお体にはお気を付けてお過ごし下さい。



ALOHA!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
AVISOフィッシュ
美しいですネ☆

そして
美しいニック王子も気になります!
ぜひアップでお願いします。
m(_ _)m
リリー 2008/08/04(Mon)13:54:28 編集
BEAUTIFUL
本当に美しいボードです。

ニックのアップ、了解しました。
明日撮ってきます!
ふなき 2008/08/04(Mon)15:45:39 編集
言ってみたいセリフ
こんばんは。

「断るのが大変だよ」・・・一度でいいから言ってみたぁい!!モテる男はアメリカ人でも辛いのですね(笑)

アクアノイド、クアッド用ぜひっ!
てつ 2008/08/05(Tue)01:56:50 編集
このフィッシュ
乗りたい!

次回来日の際、ぜひ〜♫
naminoro-kozo 2008/08/05(Tue)11:06:29 編集
うろこ
ワックスの塗り方なんですが、
うろこっぽく塗ると、フィッシュっぽいかな、
と思いました!

断るのがタイヘンだ。言ってみたいね(笑
naminoro-kozo 2008/08/05(Tue)13:04:13 編集
DICK VAN
ディックバンのフィッシュは一本持ってますが、本当に美しいですね。無駄なカーブが一つもなく見とれてしまいます。

お願いですが、どうかAVISOでもう少し短いサイズを出してください!!
5.6位で体重65Kに合うような・・。
期待してます。
tatsu 2008/08/05(Tue)14:44:45 編集
さすが!
おはようございます。

アクアノイド、クアッド用はすぐに気づいたので依頼してあります。
完成はもうすぐです!
ふなき 2008/08/07(Thu)01:41:39 編集
さすが2
ウロコとは!
さすがです。
ウロコデッキというのが反射的にひらめきました。
ふなき 2008/08/07(Thu)01:56:26 編集
DVSのシンジツ
ニックが70kgで完璧浮力と言っていること、私が62kgで、少し浮力オーバーですが、ウエットを着たら完璧になるかなあ、と思っています。
そうするとこの5'9"は65kgだと完全に範囲内だと思います。
5'10"バージョンよりも浮力は抑えてあることも追記しますね。
ご参考までに。
ふなき 2008/08/07(Thu)02:00:28 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ