忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[841] [840] [839] [838] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうかな?」と昨日掲載した長いブログが一部に好評でほっとする。

PCならわかるが、多くの人が1万字を越える文章を携帯端末で読んでいただいたことに恐縮しました。

ありがとうございます!

湘南には台風8号のうねりが入っているようで、きんちゃんは朝3時からホームブレイクに向かった。

コスタリカ、パナマから逗子に帰ってきたターザン古矢さんはカカイサンズに入り、「たった4人だったよ」とご満悦。

こちらノースハワイはその台風からのうねりなのか、サーフライン等のサーフレポートで大きな南西うねりと聞き、ホワイトハウスに行くが強風、大雨で撤退する。

波はようやくオーバーヘッド程度で、期待で眠れない夜を過ごした俺にとっては肩すかしでもあった。

ガソリン代も高いから(笑)ここで無理やりでもサーフしようと思ったけど、結局は闘牛に向かう。

闘牛に着くと、西うねりのようで、リリコイ岬がブレイクしているという。
よくチェックするが、すでにSUPが3台入っているので断念し、オリジナルアイディアの闘牛で軽くサーフ。

大きなうねりは逸れているに違いなく、いったいどこに行ったのか?



と基地のクリスチャン、ブラックハウスのカイルに電話をするが、どこもかんばしくないと言う。

まあ、こんな日もありますね。

また大雨が降ってきた。
変な夏だなあ。

そうだ、7月にここにミーティングをしに来るはずのAVISO主宰ジョンと王子ニックの予定が変わり、今度の土曜日に来島となった。

波予想を見るとどうも小さいなあ。
彼らはリリコイとホワイトハウスを心待ちにしているけど、こればかりはどうにもならない。

それと、発売前に予約購入したビギンの新譜にも肩すかしを喰らった。

名曲「涙そうそう」や「昔美しゃ今美しゃ」の新しいメロディを期待していたので、その軽くなりすぎた曲すべてをiTunesから外してしまうほど、ガッカリしてしまった。

彼らは時代に順応しようとしすぎて、外してしまったのだろうか?

プロデューサー?

レーベル?

しかし、悪いことあれば良いことがあるのが人生で、ビギンと同時購入した井上陽水先生のアルバム「弾き語りパッション」に感動する。

古い曲なのだろうが、「昭和フォークのしめやかさ」という心があり、いくつかの曲の詩が全くわからないけど、それ以上の深い響きがあった。

詩がめちゃくちゃな名曲「傘がない」も収録されていました。

そんなこともあり、You Tubeに行き陽水センセの動画を見、それで中島みゆきさんに行きついた。

1975年の名曲「時代」を聴いていたら涙が出てきた。



音質が良いバージョンはこちらです。

年と共に涙もろくなっているようで、でも今だからわかる詩にうっとり。

このデビュー時23才の中島みゆきさんはどんなことを思って歌ったのだろうか?
ちなみにこの時、俺は10才になったばかりです。

暗い、失恋というテーマだったので、彼女の歌をずっと敬遠してきたが、ようやく聴けてよかった、出会えて良かったという曲を多く発見した。

いいぞー。
渋いぞ、俺たちが生きて、過ごしてきた昭和だ!

中島みゆきさんのすごいところは、デビュー前に100曲以上のオリジナルソング(作詞、作曲)があったということで、今どきそんなシンガーソングライターはいるのだろうか?

と話はノースハワイの2008年に戻る。



週末にコロア本願寺主催の「盆踊り」があって、家族で行ってきた。



ご存じのようにハワイは日系人が多いので、日本以上に日本文化が伝わっているのです。



ヤキトリ、オニギリ、ヤキウシ、ヤキブタ、サイミン売店↓



2ドル50セントも取るのに当たってもたいしたものがもらえない「的回し」↓



下手をするとペットボトルの水一本という賞もアリマス。

どこで手に入れたのかテイチクレコードの「世界平和音頭」のハッピを着た人もいました。



俺も欲しいなあ。



アニーとカイラも着物姿で参加。



的回しをやるアニー



なんと大当たりのドノバン印のギター(べース)を手に入れご満悦。



うれしくて盆の踊りにも力が入ります。



日本みたいですよね。



来週はハナペペ本願寺で開催なので、お近くの方はぜひ!



とここでも昭和にひたりました。

ふむー、時代っていいなあ。

『時代』の歌詞です

今はこんなに悲しくて
涙もかれ果てて
もう二度と笑顔には
なれそうもないけど

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ時代はまわる
喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも
生まれ変わってめぐりあうよ

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を
たとえ今夜は倒れても
きっと信じてドアを出る
たとえ今日は果てしもなく
冷たい雨が降っていても

めぐるめぐるよ時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

まわるまわるよ時代はまわる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
いつも拝見してます。
初めまして、自分は東北日本海をベースにしてます。nakiさんのブログは時に楽しく、時に繊細でとても興味深く拝見しています。特に今回は自分の心情と重なり「時代」についてですが。
昨晩、飼い猫のパンクが天国に行きました。私事ですが、ブログに中島みゆきさんの「時代」の歌詞がとても胸を打つ内容と改めて思い。コメントさせて頂いてます。
中島みゆきさんのは持っていないので、徳永英明さんの曲を聴いてます。
とても、悲しいようなでも希望を持てるような。
猫のパンクも、僕も「生まれ変わって歩き出すよ」
あまりに悲しく、今日も午前中から海に行きましたが、波はオンショアの腰腹でした。時折、雨のパラツク天気でした。海に入ってる時は大丈夫ですが、考えだすと、自然に涙がでます。
そんな中で日課のnakiさんのブログを拝見したら・・・。
動物病院で亡骸を見ながら、院長が「この子はよく頑張りました。命のロウソクの火を最後まで燃え尽きました。褒めてあげて下さい。」と言われた瞬間涙が溢れました。
僕の恋人が飼ってたので、僕は2年くらしか生活を共にしてませんが。僕と生活する事になった時から病に掛ってました。最後の二か月は餌を口にしなくなり、流動食を与え、排泄も満足に出来なくなり、最後の1週間は歩く事も出来ないままでした。時折、鳴くくらいでそれでも頑張っていました。今は悲しいですが、お疲れ様と言いたいです。でも、亡くなった叔母さんから引き継いだパンクを一番可愛がっていたのは、僕の恋人だと思います。5年ほどの思い出に泣いてます。
今彼女は家族で葬儀しています。僕も遺骨を分けて貰えることになりました。
二人で生まれ変わり(気持ちを切り替え)歩き出したいと思います。
パンクも生まれ変わり、今度は人間に生まれて来てほしいです。
長々と自分事で申し訳ありません。
ハワイでも夏祭りがあるなんて、素敵ですね。
こちらもそろそろ、東北の有名なお祭りがあります。昨年はパンクと3人で行きました。今年は思い出と一緒に行きます。
これからも拝見させて頂きます。いつも楽しみにしています。本当に長いコメントですいません。
それでは、片田舎の海で応援しています。
yudy 2008/07/29(Tue)16:31:02 編集
ボン・ダンス
すごい!普通に日本の夏祭りですね。
蛭子能収センセイ風タッチのポスターとホングワンジが最高にシュールです。

おぼん!
Z35 2008/07/29(Tue)21:34:21 編集
無題
中島みゆきの「時代」。。。学生時代、病気なんて縁遠いと思っていた体育の先生が癌に侵され、闘病の末に亡くなりました。先生の葬儀は学校のチャペルで行われ、先生を見送る為に先生が大好きだった「時代」をみんなで輪になって、先生を囲んで泣きながら歌いました。
 涙でます。
mzk 2008/07/30(Wed)01:41:12 編集
生まれ変わって歩き出すよ
東北日本海からありがとうございます。
まだ行ったことのないフィールドですが、今度ご紹介くださいね。
魚介類を含めて、ぜひお伺いしたいです。

パンク、本当に悲しいなあ。
ネコは俺も大好きです。
でも、この文面を読んでいたらパンクはもうすでに生まれ変わって歩き出しているような気がします。
生とはそんなようにまわっているような、うまく言えませんが、こころのなかの昴が沸き出てきました。

悲しいこと、楽しいこと、色々ありますが、お互い前に歩いていきましょう。

いつかパンクの写真を見せてくださいね。
お気持ちを知らせていただき、ありがとうございます。
命の大事さの再確認と、その深さをまた知りました。

どうぞこれからも日本のすばらしい場所で、いい波に乗ってくださいね。
ふなき 2008/07/30(Wed)02:07:24 編集
安西水丸さんも渡辺和博さんも
ホングワンジに行ったら、漫画「ガロ」の世界で、その蛭子さん、つげ義春『ねじ式』や滝田ゆうさん色の世界で、どこかから「カムイ伝」のカムイ兄(鏡隼人)がどこかから見ているような気配がありました。
ふなき 2008/07/30(Wed)02:13:33 編集
まわるまわるよ時代はまわる
時代、うれしいようでやはり悲しい歌ですね。

でもその先生はすでに生まれ変わって歩き出しているのですね。
どこにいるのでしょうか?

旅を続ける人々は
いつか故郷に出会う日を

気持ちの共有ができました。
でも悲しいなあ。
ふなき 2008/07/30(Wed)02:15:42 編集
それにしても
波が無いなあ。おかしいよ。
このへんのフォークを追求していくと「赤い鳥」の「竹田の子守唄」に行き着くと思います。鳥肌立ちます。*****yudyさん愛猫、お気持ちよくわかります。先月、20年居たうちの猫も他界しました、私の3人の子供達が生まれる前からいたので子供達にとっては家族のようなものでした。*****下の記事のKC.アーチ、クリスチャン、みんなうちのライダーだったなあ、なつかしいなあ。あの頃は写真の事しか頭になかったでしょ?リバーサルだったし。俺は今でもリバーサルだな。
Hoku 2008/07/30(Wed)06:46:55 編集
昭和
 最近、昭和ってよかったなぁと思うことがあります。街には今と違った活気があったし、人も人間味にあふれていたように感じます。
この間も酔って帰ってきて、きずいたら雅夢、山口百恵、八神純子なんか聞いてました。
アメリカにいるせいで余計に懐かしいのかもしれませんが、若い頃には否定していたダサい昭和が37歳になってようやく昭和の良さが理解できてきました。
海外に住んでると日本の良さに本当に気付かされす。

yudyさん
僕も去年の8月に12年飼っていたワンコが逝きました。
現在カリフォルニアに住んでいるため、死に水を取れなかったのが本当に残念でなりません。
けど、彼を大好きな家族の中で我がまま放題に育てたので幸せだったと思うようにして自分を納得させました。
yudyさんの猫ちゃんも彼女とyudyさんと生活できて幸せだったと思います。
悲しいでしょうけど、元気を出して頑張ってください。
Toshi 2008/07/30(Wed)09:44:44 編集
昭和2
波がないのは本当に変です。
沖ではものすごいうねりが動いているはずなのに波が届かない。
竹田の子守唄、聴かせていただきました。
メロディもそうなのですが、しいたげられていた母の叫べない叫びですね。
そうです。
この頃は写真のことばかり考えていました。
増感、ベルビア、絞り、コンポジション、すべてが糧となっています。
ふなき 2008/07/30(Wed)09:54:15 編集
昭和3
日本の良さは人情だったのかな、と感じます。
自分もそうですが、日本の心だったお寿司もアメリカに渡り、見る目は回帰主観となる自分がいます。
心だけは人情=昭和を忘れないようにしたいと思います。
ふなき 2008/07/30(Wed)09:58:38 編集
本願寺
こんにちは。
「本願寺」をローマ字で表す文化があるとは・・・新鮮です。しかもソコがノースハワイ!
いつかは、日本文化を併せ持つ本部道場でサーフィンをしてみたいです!
てつ 2008/07/30(Wed)10:40:47 編集
ぜひぜひ!
いつか、いつでもどうぞ!
できれば10月から3月の北うねりが多い季節がいいですよ!
ふなき 2008/07/30(Wed)15:18:31 編集
東北日本海
nakiさん、Hokuさん、Toshiさん
コメントありがとうございます。
大変、励みにりました。
今日のこちらは、昨日のうねりは夜中に無くなりもうフラットでした。しかし、週末に波が届く予定なので期待してます。
カメラ、携帯で波を撮影することはあまりというかありません。これからは、何かとカメラ小僧になります。
クドイようですが、私的な事で申し訳ありません。
いつか、冬の日本海の波を載せたいです。
ありがとうございました。
追伸、パンクも天国で喜んでいます。
yudy 2008/07/30(Wed)22:25:07 編集
いつまでも美しい海に
パンクもこうしてyudyさんと彼女で魂の共有ができて幸せに思っているはずです。
波があってもなくても美しい東北日本海ですね。
お元気でお過ごし下さい。
温かいコメントをありがとうございました。
ふなき 2008/07/31(Thu)01:07:06 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ