忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[835] [834] [833] [832] [831] [830] [829] [828] [827] [826] [825]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

波はまあまああるんだけど風が悪く、ホワイトハウスでは強風横風。

そこで、闘牛に行きサーフする。

ここでなら朝夕はオフショアでサーフできます。
(夕方はハワイアンだらけになるので、朝限定で行っています)



ひさしぶりにAVISO BD3に乗り、その幅の広さの創りだすターン性能にびっくり。

ピストルというガンタイプもいいけど、ターンがどうしても大回りになるんだよな。

そしてハワイの運転免許を取得してきました。
ハワイ州の運転規則は独特で、それを学ぶのに苦労しました。

今回はDMV(ドライビング・モーター・ヴィークル=つまり免許試験場みたいなもの)の総督ヴォアンにかなりお世話になっちゃいました。

やっぱりサーファーのつながりってすごい。

ヴォアンは今度、西側のシークレットに連れて行ってくれるというので、それも楽しみです。

運転中、クレイグからの電話で、「今から日本に行きます」とのこと。

オフィスに戻ると、彼の親友のYさんからのメール。

さすが仲良しのおふたりは以心伝心していますね。

出たばかり(日本では10日発売)のサーフィンライフ誌が届いた。



ルーキー号で、知らないサーファーたちがぞろぞろと出てきた。

サーフィン界の将来はあなたたちにですよ、しっかりとやさしい気持ちで楽しくサーフして、波もシェアしてくださいね。

と、ふむふむやりながらペラペラとめくっていると、『今月のイチ押しブログ』という新企画があり、その第一回はなんと俺ブログだった!



「ふむー、ありがたや」とうなりながら読み、なるほど最近アクセス数が増えたのはこのページのせいだったのですね、と再び感謝する。

新しくこのブログに来られた方、これからもどうぞよろしくお願いします。

旅の情報、ノースハワイ島のいろいろ、そして楽しくサーフできるお手伝いをしますね。

今度はリリーさんからのメールで、「umi cafeに行ったら〜」という題で、俺のBD3が飾られてあったのでパシャリしてくれたのだそうです。

ヒグラシの鳴くBGMとBD3さま↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(おまけ)

何の意味をなさない文章=stop making sense


麺類が大好きです。
一番好きなのはうどんで、次に

そうめん

ネンミョン(冷麺)

マカロニ

葛切り

ひやむぎ

きしめん

エンジェルヘア

リングイネ

スパゲッティ

ミン(ベトナム)

ほうとう

沖縄すば(そば)

ラーメン

春雨

ビーフン

ファットチーネ

黒豆麺

ペンネ

フォー(ベトナム)

焼きそば

緑豆麺

ソバ

サイミン(ハワイのラーメン)

長崎ちゃんぽん

と順位が付いた。

この順は明日になったら入れ替わっているだろうという程度のもので、最下位の長崎チャンポンさんは気を落とさずにリンガーハットで胸を張って「餃子とのセット680円」となっていってください。

とにかく、何よりもうどんが好きで、例にもれず今日の昼食もうどんを食べた。

以前、カリフォルニアにいるときはアルバイトたちにうどんを振る舞って好評を博し、「うどん大王」としての自信をつけた。

調子に乗って、年月を重ねて作りつづけた結果、独創的なラー油すし酢うどんやタバスコ、アボカド、海苔海苔、ツナ納豆、胡麻ゴマ等のうどんコラボレーション伝説がこれまでに完成しました。

その際によく聞かれるのが
「うどんのおいしい作り方を教えてください」
ということです。

重要なのは、茹でている間はうどんから目を離さないこと。

さらには眼を血走らせ、うどんの一本一本が平均的に沸騰したお湯に絡まるように真剣に箸を使うのです。

これは10分間強の茹でるドラマだと思います。

これが稲庭うどんクラスになると、ゆで時間3分とあるので、その間は息をするのももどかしく忙しくなる。

うどんから離れるが、インスタント物で好きなのは「サッポロ一番しょうゆ味」で、この赤いパッケージの袋を見ると陶酔してしまう自分がいる。

これは茹でるお湯とスープのお湯を別にするのが「油抜き」の裏技で、麺から抜けた油分を補うべくバターをのせ、C級グルメを装ったフレンチ風とするのが白金台に住む奥さんたちがやっている手法と信じている。

「イトーヨーカドーの袋ラーメン17円」というのも大好きで、これには麺を茹でるときに一緒にベーコン2枚も入れる。

すると、ベーコンの風味が麺にまとわりつき、怪しくワハハ味のラーメンとなりますので一度お試しを。

「四角くって食べやすい」がキャッチフレーズの『ペヤングソース焼きそば』も大好きだ。

これは三橋三智也さんの宣伝する「激めん」、そして九州とんこつの「うまかめん」と、当時(中学生、1978年)通っていた釣り堀のストーブの横で、100円ゲーム機『ギャラガ』、または『ムーン・クレスタ』のデモ画面を見ながら3品同時に食べるのが俺の生きがいだった。

その時、横でペヤングを食べていた俺の釣り友が「この焼きそばいつ食べてもホントマジー(まずいの意)よな、お前なんでこんなの好きなの?」と聞いてきた。

「?」

と、彼のペヤング容器をのぞき込むと、どうやら麺にソースがかかっていないようなので、「お前なー、ソースかけないとまずいぞ」と正すと、ソースはかけたと言う。

「でもなんでそんなにメンが白いんだよ?」と聞くと、

「しらねーよ」と一言。

貧乏だった俺たちにとって、このカップ麺は釣り堀の魚のポイントを集めて購入した大事な土曜日の午後の食料だ。

どんなことをしても捨てるわけにはいかない彼は、そのかなりまずいであろう「味なし麺」を一心に喰っている。

で、少ししてから気づいた。

「おい、お前もしかしたらお湯を入れる前にソースいれたべ?」と俺。

「悪いかよ...」

これで彼の焼きそばがなぜまずいかを知った。

そいつは恥ずかしいのか、または悔しいのか、俺の前で2度とペヤングを頼むことはなく、カップヌードル・カレー味と赤いきつね専となった。

あれから30年、彼はまだペヤングを食べていないのだろうか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
「ワタシ麺道八段でした」
サイコォーです!!!
何度読んでも面白いッ!!!
ヽ(≧▽≦)/

天才がここにいた!!!

私の時代のゲームは
ドンキーコングでしたが。
661 2008/07/24(Thu)11:06:17 編集
「ワタシ麺道八段でした」
サイコォーです!!!
何度読んでも面白いッ!!!
ヽ(≧▽≦)/

天才がここにいた!!!

私の時代のゲームは
ドンキーコングでしたが。
661 2008/07/24(Thu)11:32:00 編集
ペヤング~っ
いますねぇ~。
お湯を切る前にソースと青のりを入れてしまう人。
僕の職場では、頻繁に見掛けます。(笑)
この人達の場合は、カップラーメンの癖が抜けずに無意識でやってしまうようです。
因みに、僕が十代の時にペヤングの焼きそば《超大盛》ってのがありましたよ。
その名の通り二玉入っておりました。
今なら胸焼け確実です。
Fg 2008/07/24(Thu)11:42:04 編集
問1.好きな食べ物は?
麺類(即答)。

麺類最高ですヽ(*`Д´)ノ
回想幼少期伝説のオチ、爆笑ですΣ( ̄□ ̄)!


僕は就職した最初の年は財布事情が厳しく、それこそ本当に色々な『パック麺の食べ方』を研究しました。
(サッポロ一番、うまかっちゃんのようなパックに入っているやつをパック麺と呼んでます)
極貧生活で活躍した贅沢ラーメンは『サッポロ一番ツケメンx2味』で、
作り方は醤油味と味噌味、2つの麺を同時に茹でます。
粉末スープを別々のお椀に濃いめで作り、醤油にはゴマとラー油、味噌にはゴマと七味と青ノリを入れます。
茹であがった麺は冷水でシメて皿に盛る。そこに味付けノリをパラパラ(袋に入れたままで砕くと散らばらない)とかければ完成★
今でもハングリー精神が弱まると闘魂注入のためにやったりします。

ながなが失礼しましたm(_ _)m
しゅうまぃ 2008/07/24(Thu)12:29:31 編集
シエラ
麺道話を気に入っていただき良かったです。
今度はスパゲッティ話をひとつやりますね。

お湯の前にソースとスパイス、青のりを入れちゃうのって、トランクスの中にワックスをいれたまま 乾燥機をかけちゃうのと似ていませんか?
超大盛!
2個一緒に食べてみたいです。

パック麺のいろいろ話、おもしろそうです。
今度ゆっくりと朝食バフェの席でお聞かせ下さい。
ふなき 2008/07/24(Thu)15:48:11 編集
白金台
またもやNAKIブンガク炸裂。

俺のブンガク中枢神経を魅了して
止みません。ハラショー!

Q 2008/07/24(Thu)17:34:19 編集
ペヤング
知人のオランダ人は、ソース焼きそばのお湯を切らずに、ソース&青海苔をいれて”スープ焼きそば”を旨い旨いと食べてました......
Kawika 2008/07/24(Thu)18:00:39 編集
昨日
umi cafeにて船木さんのBD3お借りしました。お店に入って初めて見た感想は・・・オーラでてました!!愛くるしいフォルムでハートを射抜かれました・・・今週末大切に試乗させていただきます!!
take 2008/07/24(Thu)21:12:37 編集
xopoшo(時計仕掛けのオレンジでのセリフにもありましたね)
xopoшo=ハラショー、最高という意味のロシア語を駆使しての賞賛ありがとうございます。
ロシア製ワインがやたらまずく、哀しい話を読んでから寝たらロシアの夢を見ていたのですが、いただいたこのコメントが関係していたのかもしれませんね。

オランダ人に限らず、アメリカ人もやりそうです。
逆か、多くのアメリカ人は味濃めが好きなので、日本のケーキが甘くないと言い、砂糖をふりかけて食べていたというロスアンジェルスはガーデナ市での目撃談があります。

umi cafeで鎌倉野菜のカレーを食べてみてからBD3に乗ると、、あれ不思議なことが起きますよ。
なので、ぜひ!
ふなき 2008/07/25(Fri)02:37:41 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ