忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[915] [914] [913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松風王国から南へ峠道を下り、熱海、伊東、伊豆高原、白浜、下田と通過し、吉佐美に到着すると、今どき珍しい「竹槍出っ歯軍団」が国道を走っていた。



特筆すべきはこの運転手たちの愛想が良く、街道から好奇の目で見る俺たちに会釈をして返すというマナーであった。

きっとこれはサーファーたちが一般人に対して悪い意識を持たないようにと、品を持って接するのと同様なのでは?

と仮定する。

で、俺は「竹槍出っ歯に悪人なし」と定義したのです。

音もうるさくなかったし、人間性が恐くないのであれば、すばらしいデコレーション改造であるなあ、と彼らを讃えた。

で、まっすぐ鈴木直人プロのREAL SURFさんに向かい、直人さん、



スタッフの松山さん、そして大きくなった杏那(あんな)ちゃんにも会いました。
もう生後10ヶ月になるのかな?
写真を撮ればよかった。

ドノバンライブのフライヤーも発見!



直人さんがウッドボードの巨匠トム・ウェグナーのボードに乗っているのは雑誌で見たが、本物が現実に出てくると、その威光に感動した。



サインと#25の数字が重厚だ。



これを貸してくれるという。

ヨロコビ、それをリアルビーチというブレイクに持って行き記念撮影。



その昔、大倭(やまと)の時代に板子という波乗り遊具があったとされるのなら、きっとこんな形だったのだろうと、しばしのタイムスリップ感を味わう。

『桐板と年輪』

というキャッチコピーを思いついた。

この板を持って砂浜を優雅に歩き、海に出る。

さっきの「竹槍出っ歯軍団」のように品がないといけないな、と歩幅を狭めながら歩く自分に酔いしれる。(笑)

1本目は横滑りに沈したが、2本目にグッドライドができた。



原始のこころ

波に乗る滑走感

そして、太古の海遊び

という感覚を味わい、にっこにことなる。



このすばらしいグルーヴ感覚にきんちゃん、カビカのあっちゃんにもお薦めしました。



この顛末記をどこかの雑誌に書くぞ!

と、この太古復活型のサーフボードを持ってうっとりとする。



「敬虔な時をありがとう」と水洗いし、もう一度アウトラインをパシャリ。



今度はあっちゃんの持ってきたAVISO SUP(タチアガリ)によるタンデムに挑戦しました。

まずは俺とリリーさんで軽く乗り、「これなら当て込めるかも」とその浮力と性能に満足する。

すると、あっちゃんが「ワタシもいいですか?」とにこにこ顔でやってきた。

もちろんですよ、とパドルアウト。

通常なら体重の重い人が後ろになるのだが、タンデムにはINTで一日の長がある俺が後ろ側、つまり舵取りとする。



こんな感じで、ヤッホー!と言いながら乗る新感覚。



前出のトム・ウェグナーと同系の「直滑感覚」がこんなに楽しいとは!

と誰もいないダンパー地区で楽しくサーフ。

さらには「きんちゃんにも」ということになり、彼とも乗りました。

俺ときんちゃんは長年の友人であるので、息が合うはずだけど、乗ってみると彼は右ターン、俺は逆ターンをしてしまうことに気づいた。

体重のかけ方が違うのですね。



とこんなアクロバットライドをして、俺たちの「くもりひとつない完璧な楽しい日。けれど雨が降ってきた」休日はこうして終了したのです。

よーし、温泉に行くぞ!

とワイパーを動かしながら河津に向かったのです。

(続く)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
吉佐美といえば
吉佐美といえば『YOROZUYA』です。名前の通り、色々な物が売ってて、すごくオススメです!因みに自分が作ったTeeも置かせていただいてます…
waike 2008/10/07(Tue)09:51:57 編集
残念
「竹槍出っ歯軍団」は私の前を通過しましたが、音はうるさいけどニコニコで会釈してましたよ。
私は隣の多々戸浜にてサーフしていました。
う~んお会いしていろいろお話をお聞きしたかったのですが残念です。
ツッチー 2008/10/07(Tue)10:21:19 編集
これはたぶん
暴走族ではなく、いま流行っているという旧車族では??

30歳超えたオッサンばっかじゃないですか?
Isseki 2008/10/07(Tue)11:06:24 編集
お疲れ様でした
直人さんナイスガイですね、近いうちにお会いできそうですね、楽しみにしております
TAKASHI 2008/10/07(Tue)20:54:21 編集
確か、、、
アライアって板ですよね?
雑誌でしか見たことないですが、かなり薄く身近な物で例えるならベニヤ板のようなものに見えました。テイクオフ以前に浮くのかが気になるところです。

タンデムサーフィン、楽しそうですねっ!できれば女の子と、、、。
イカンイカン!笑
トオル 2008/10/07(Tue)23:46:40 編集
CAT
ヨロズヤ了解です。
次回サーチしてきますね。
ふなき 2008/10/08(Wed)07:38:34 編集
竹槍
彼らは多々戸浜でもにっこにこでしたか!
いい人たちですね。(笑)
今度一度運転してみたいです。
次回お会いしたいです。
ふなき 2008/10/08(Wed)07:39:26 編集
長渕節
旧車族というのですね。
すごい車群でした。
「昭和」ですね。
ふなき 2008/10/08(Wed)07:40:17 編集
リアルビーチかホワイトサンドで
次回ぜひ!です。
水曜日ですね。
ふなき 2008/10/08(Wed)07:40:53 編集
そうです。アライアです
あまり浮かないのですが、パドリングをすると揚力で浮き上がります。

女の子とのタンデムいいなあ。
写真はないけどリリーさんとしたんですよ。
軽くて楽でした。
ふなき 2008/10/08(Wed)07:41:33 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ