忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「すすきの」に食事に雪、いや行きました。

クルーはおいしい北海の食事にうっとり。



日本のビールが大人気で、結局大瓶20本は飲んだかな?

傑作だったのがリードギターのピートで、馬の○○を食べてこの顔。



さらに流行はものすごい辛さの「ワサビ巻」で、一個食べるだけで涙が止まらなくなるのに、一気に2個、3個の挑戦が続いた。



あまりの辛さにドノバンと「何を使っているか聞きに行こう」と板前さんを訪れると、ワサビではなくホースラディッシュを使っていた、



すすきのクルージング。



Good Night!

翌日は朝から雪模様で、飛行機は朝から欠航しているという。



ただ、俺たちの乗る520便はなぜか「飛ぶかもしれない」ということで、空港に移動する。




途中でやはり大雪になり、空港にかけると「飛ぶ確率は5%」と言う。



ドノバンがっかり、もしかしたら渋谷公演がキャンセルになるかも、と全員が蒼くなる。

家族が東京で待つドノヴァンが一番がっかり。



高速も通行止めになってしまい、予定の時間に着かず、



雪だらけの道路。



空港に到着すると、チェックインにこの列が400mは続き、行列が嫌いな俺は倒れそうになりました。



事務所に行き、「すいません〜、私が乗る飛行機が飛ぶ時間なんですけど」と言うと、慌ててチェックインしてくれました。

これは飛ぶかも。

ギリギリセーフでゲートに行くと、「飛ぶかもしれない」ということでみんな大喜び。

空港外で食べられなかったからゲート前のキオスクでお弁当タイム。



おいしそうなお弁当サンプル。



俺がピックしたのはサッポロビールと、ここまで来られたことにお祝いして「うにめし」を奮発して、さらにカプリコ夕張メロン味。



うにめしには期待していたけど、どこまでも魚肉ソーセージの味がするだけで、1200円というより120円弁当でした。

で、悔しいので北海道アイスも食べちゃいました。



乗機できることとなりました!



そして奇跡の雪中フライト!



朝大雪、そしてこれから大雪ということで、この日飛んだのがこの機だけというミラクルフライトで羽田に向かいました。

本当にラッキー!



ということで、今渋谷にいてサウンドチェック(リハーサル)しています。

渋谷オンエアー・イーストで会いましょう!
PR


札幌番外というかスピンオフ編です。

SFJ北海道支部のカズさんと、SFJ本部のヒカリさんが自車を出して海に連れていってくれました。



「海までどの位かかりますか?」

「15分!」と誰から聞いたけど、実際には90分かかりました。(笑)



雪がヒラヒラ舞っていたので写真を撮りましたが、カメラには写っていなく、「世の中は甘くない」と、ここで教訓を受ける。



北高校大志校歌↑
雪が深い歩道↓



波乗り後、着替えたら真っ赤になったD大先生。
コメントに質問がありましたが、サーフした時間は90分程度です。
7ミリのフルスーツに全ての装備。



帰りはこうして波乗り映像をチェックし、



お買い物タイム、お得意な言葉は

「はい〜ドモすいません〜」

サーフライダーファンデーションのカズさんの案内で浜厚真に行ってきました。

波は小さくなったというけど、全ての波がパーフェクトなライト&レフトでドノヴァンは大喜び。



雪の中のサーフィング。



海はいつも最高の笑顔となりますね。



グライド&ターン。



北海道でゆったりサーフ。
美しい波よいつまでも。




夕陽の羽田、この機で札幌に向かいます。



到着すると雪景色。



ドノヴァンたちは30分後に成田からやってきます。



ニュージーランドから11時間、そして成田入国からここまで4時間かけ、合計15時間の旅を終えたドノバンがやってきました。



バスに乗ってもやはり雪景色。
こんな雪でも交通が機能している北海道ってすごい、と讃えながら1時間すると札幌に到着。

とすると、あの空港は札幌じゃなかったのですね。
もしくは札幌はそれほどまでに広いのか。。



雪歩道。



本当に到着!
と滞在ホテルにやってきました。
昨夜は寝ていないから寝よう、と部屋に直行する。



「オンセンにイキマショ〜」とD大先生がこのいでたちでやってきて、



結局それから



味噌ラーメンとあいなりました。



道が滑りますね。
靴を買おうっと。

(続く)


波は小さいが毎日サーフできました。
海に、みんなにありがとうございます。



こうして島の名前を出せるのもローカルサーファーたちの大きな心があってのことですね、ありがとうございます。
みんなで波を共有しよう、楽しもう、気持ちの良いルールを知ってもらえたら、という考え方のようです。



このままいつまでも幸せでいてくださいね。

やさしく、暖かいグリーンヒルのお父さんとお母さん(緑くんのご両親ですね)↓



おいしいご飯をありがとうございました!

宿のコンディションを整えている大樹くん。
お風呂の温度、掃除に布団干し、色々な細かいところまでばっちりです。
ありがとう!



夢が詰まった子供たち。



ぷっちの孫↓



さんぽをねだる顔ですね。



ハートのある宿にはハート写真返し。



お父さんによると、ロシアのプーチン大統領から寄贈されたというマヤ↓



タラソで横浜ベイスターズの村田選手に会いました。
野球好きな俺にはうれしいことです。

阪神タイガースの下柳投手もこの施設を利用しているようで、なるほど自主トレにはぴったりの気候と風土ですよね。

緑くんが島の歌女王、「元ちとせさんを紹介するさぁ」というのでそれも楽しみです。

そんなこんなで空港に行く時間となりました。

グリーンヒルで同宿だった遠藤さん、佐藤さん、永山夫妻(左から右に)



緑くんとちとせさんが見送りにきてくれ、



アリガッサマリョウタ〜!(ありがとうございました)
またんきゃね!



と機が離陸後は例によって一瞬で睡りに付き、羽田到着後隣の佐藤さんに起こされ、ちょっとしたワープ気分でした。



将平さん、りえちゃんありがとう!
おかげさまで佳い旅になりました。



いつまでもにこにこでぜひ〜!

奄美にありがとう、みんなにありがとう〜!

奄美は最高よ〜!!


おはようございます。
今日も雨模様です。



波は小さく、もうすぐ上がる予定です。

おみやげを買いに行く途中にこんな建物を見つけました。



中にはKiss風うさぎがいました!
うさぎに向かってドドゲさんの大好きなLove Gunを口ずさんでしまいました。(笑)

ダダダダッ ダダダダッ ダダダダダダダダダッ♪



普通の山羊もいました。



将平さんとりえちゃんカップルもにっこり。



ランチを食べよう〜と、ここをチェック。



大盛りチャンポンのあまりの量に驚き、この大判焼き(くろ)100円をいただきました。



でもこのおばさんが居眠りしていて、起きない起きない。
何度かあきらめたんですけど、やっぱり食べたかったので目覚めていただきました。

で、結局デニーズ、じゃかなったジョイフルに。



ドリンクバーのエスプレッソをコーヒーゼリーにかけるという表参道ばりの大技で、ファミリーレストランをカフェメニューに変身させました。



「ふなきさ〜ん!」とグリーンヒルに遊びに来てくれた鉄火のマキちゃんのお腹が大きくなっていて、「太った?」と聞いたら、「かさりんちゅ」の朝孝介さんを指さして、赤ちゃんなんですぅ。

とおめでた報告を受けました。

かさりんちゅのCDをいただいて、そのすばらしいやわらかい歌声にびっくりしました。



潮が上げきり、人が減った夕方からグリーンヒルブレイクに行きました。
ウエットを濡らしたくないので雨の中、トランクスでサーフ。

寒いけど、息を止め、パドルを止めなければ平気というサーフで、フルスーツを着るみんなに「若いですね」と呆れられました。



島のトップサーファーえいじくんも「Aviso借りてもいいですか?」と現れ、テストライドしてくれました。



上がってきて、コメントは

「回転性と直進性のバランスがすごいです。そうですね、言うならばイメージのアナロジー構造に基づいて、コールが完成させ、それによって、四つの法則が出現したと思います」

と一気に話してくれ、さらに

「第一のもの、アウトラインが本質的であり、完全に普遍的であります。これはいかなる波にも適用でき、他の三つは、濫用的な使用にとっての価値を持つのでしょうが、それらはプロレタリ・アートの真の芸術的手段であって、波乗道のコミュニスムの最初の萌芽なのかな、と感じました」

と大卒ならではのコミュニケーションを持って迫ってきました。

俺は飲み過ぎなのかな?
と自分を疑い、もう一度えいじくんの講義を聞こうとすると、彼はここにはいなくなっていました。

夜は「きっちんば」に行くと、巨漢の井出さんに偶然に会いました。

この井出さんは、学生時代に朝青龍に稽古をつけていた異色の角界サーファーなのです、彼が作る食事に大満足◎

しょうゆ1、砂糖1、お酢2にほんの少しごま油というシンプルな野菜ドレッシングのレシピをいただきました。

前菜からデザートまで「寄り切り〜浴びせ倒し」一直線のすばらしいお味でした。

すばらしいお店なので、お近くの方はぜひ!

「きっちんば」 奄美市名瀬入舟町17−14 0997−52−0086

その後「ディー(次)!」と元はるちゃん、今しんごくんが店長をする島の名店「誇羅司屋」に行きました。



ここではだいごくん、えいじくん、りゅういちくん、緑くん、みかちゃんのローカルサーファーたちに、銘焼酎でしごかれました。



これがその焼酎。
奄美の島酒は深く、まろやかです。




こんなところにもNAKISURFステッカーを発見!
うれしいので、貼ってくれた人はステッカー倍返しをいたしますので、自首してくださいね!



寒いですが、今日も良い日にしてくださいね。

そろそろ旅終了です。
これから東京羽田に向かいます!
(お知らせ)

NAKISURFコム初の直営店がオープンします。

(裏原宿店)オープン記念パーティはナンバーワンのぞろ目「111」

つまり1月11日(日)午後7時より行います。

シャトーマルゴー風の赤ワイン、ル・モンラッシェ風白ワインが飲み放題です!

BD3各サイズ、ファイヤーブレード、その他も展示してあります。

真木勇人さん、MILSOLのリリーさん、ドドゲの三浦さん、カビカのあっちゃん、高林わんちゃん、ハチドリ星さん、マーボーさん、他多数のブログ登場人物が集まります!

どうぞお気軽にお越し下さい!

NAKISURF Harajyuku
〒150-0001
渋谷区神宮前3-20-3
03-5772-2044



私作品を使用したカレンダーが完成しました!↑
銀座アップルストアイベントの際に展示したものと同様です。

NAKISURFコムで発売できるか未定ですが、ここにご紹介させていただきますね。

これはコールに届いたクリスマスカードで、この国のサーファーたちはトップレスなんですね。



暖かそう。(笑)

さて、奄美は曇り〜雨の寒いコンディションです。
昨日トランクスでサーフしたのが嘘のようにフルスーツコンディションです。

波は小さく、たまに来るセットが腰くらいです。
風はオフショアで、ソウルサーファーたちが入水しています。



俺と緑くんは少し向こうのシークレット「グリーンヒル2号店前」に入り、小さく、パーフェクトなライトに乗りました。

ローカルサーファーたちと波を分け合ってアロハなサーフセッション。

みんなくまなく波に乗ったら自分の番で、その時に来る波の善し悪しで運勢を占っていました。



将平さんはBD3中毒にかかったそうで、「貸してもらえますか?」と今日も乗ってくれました。

めちゃくちゃおもしろいそうで、近日中に仙台ベアフットサーフさんで、試乗ボードを展開する日は近そうです。

海から上がってお腹を空かしてお母さんのご飯。

今日は「黒ごま酢味噌」の温野菜が絶品でした。

お父さんの作る「グリーンヒル農園」のいんげんとブロッコリー。



先週行った銚子みたいですね。

海の宝石、ひじき煮もおいしいです。



鯖焼きを食べていたら



「西郷レンタカー」のみのりちゃんと、Beach黒野さんの同級生ちとせちゃんが絶品焼酎を持ってグリーンヒルに遊びに来てくれました。

目的は緑くんのみが知るという「極秘ハートの潮だまり」を聞きだそうというみのりちゃん。

お酒を飲んだら秘密をしゃべるかな?と考えたようです。



これがその希少焼酎で、どこまでもまろやかで、33度という強さを感じさせないほどで、酒豪緑くんをノックアウト寸前に追い込み、緑くんがハートの場所を白状したかどうかは不明ですが、おいしく、強く、それはすごいものでした。



俺は今日も行ったタラソトレーニングの疲れから早々と「おやすみなさい」とダウンしましたが、緑くんたちは

「まだまだこれからよ〜」といつもの調子で朝まで飲んだとか。
いやあ、島の人は本当に強いですね。
肝臓が4つ付いているという噂は本当かもです。。


(おまけ)
インターFM、ラジオ日本の銘パーソナリティフーミンが大阪に帰省していて、「ケーキパフェと蓬莱見つけました!」とメールしてきてくれました。



すごい!
関西パワーやね、と返事を書くと「関西はまだまだ語り尽くせません。ピー(笛の音)」と言っています。



(おまけ2)
昨日、「体組成計で調べたら、体内年令が18才でした」

と書いたらZ35丸さんが「私は35才ですが、17才でした、勝負したいです」と証拠画像を送ってきてくれました。



この測定時に彼の後ろで順番待ちしていたカルロス・ゴーン氏似のおじさんに、YOUはボクサーか?と聞かれ、

「アイアムネットサーファー」と答えたそうです。

彼は週2回のサーフィンと、毎日のネットサーフィンでこの数字をたたき出したそうで、やはりサーフィンは恐るべしだと感じました。
お問合わせ・ご注文
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ