忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Be there「そこに」



なんかこの写真を見ていたら、そう思ってしまった。
夏はいつもここに行っていたが、今年は行けなかった。
場所は中米、コスタリカの太平洋側。
プライベートビーチなので、ボートをチャーターする以外アクセスがないからいつも無人。

朝フルーツを食べ、足跡のない浜を歩き、波に乗る。
掘れ上がる世界屈指のレフト。
長い斜面のライト。
波乗りのエッセンスが詰まったブレイク。
水温28度、気温33度。
重い波、深く沈められるワイプアウト。

潮が干き、海から上がると、暖まった潮だまりに体を横たえて海水と自分を同化させる。
少し潮が上げてきたらまた波に乗る。

このリーフの上の家に戻り、濡れたトランクスのまま壊れたボードにワックスを詰め、応急処置をする。
リーフで切った足にライムを塗る。
好きな本を読み、音楽を聴きながら天井扇風機のカタカタという音に微睡む。

そんなシンプルな毎日が恋しい。

インターネットはもちろん、電話も何もない世界。
社会の全てから取り残されても幸せな純粋な空間。

波乗りの楽しみを凝縮させ、今俺はこれを書いている。
サーファーで良かった、
と思った瞬間涙があふれた。

誰かの亡霊なのかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
カリチェですね
写真みてピン!ときました。

不安な気持ちは心を不安定にさせてしまうようです。
些細なことに気が散り迷い惑わされ、自分の信じていることすら揺れてしまうような…。
いかんいかん、自分の心を信じなければ。
プライスではなくプライスレスなのですね。

今回の日記を読んで、大切な心を持てるありがたさを、また再確認させられました。
海ってなんて偉大なんだろう。
とおるsaho 2006/08/23(Wed)12:02:29 編集
high seas or low seas
とおるsahoさんにいただいたベンとジャックがうたうこの曲をものすごく好きになり、ハイローテーションでかけています。
またこの写真のようだな、と思っていました。

In high seas or in low seas
I'm gonna be your friend.
In high tide or in low tide,
I'll be by your side.

I said, I heard my mother,
She was praying
And the words that she said,
They still linger in my head,
She said, "A child is born in this world,
He needs protection,
Got, guide and protect us,
When we're wrong, please correct us.
And stand by me." yeah!

In high seas or in low seas,
I'm gonna be your friend,
He said, "I'm gonna be your friend."
And, baby, in high tide or low tide,
I'll be by your side.

I siad I heard my mother,
She was crying' (I heard her crying'), yeah! (crying', crying'),
And the tears that she shed,
They still linger in my head,

She said: "A child is born in this world,
He needs protection,
Got, guide and protect us,
When we're wrong, correct us.

And in high seas or low seas,
I'm gonna be your friend.
Said, high tide or low tide,
I'll be by your side,
ふなき 2006/08/24(Thu)02:40:40 編集
なんだか
私も昨日同じようなことを考えていました。

本当にサーファーで良かったと。
海があれば、海に入り波を感じればなぜか陸で悩んでいたこともリセットされる。

泣きたいときには思いっきり泣いてます。
そうするとなんだかすっきりするんですよね。
あれ?なんでないてたんだっけ?ってね。笑
poco 2006/08/24(Thu)06:18:42 編集
シンプル
シンプルって響きいいですね。

ゆっくりした時間を感じながら、サーフィン、音楽、自然を満喫して生活できれば最高ですね。

残念ながら、一般人は時間に追われる生活です。

毎日、RELAXな生活出来ればいいのですが...

暇な時間を過ごしたら逆に忙しくしてみたり、
忙しかったら、暇なのんびりした時間を作りたかったり、人間はわがままな生き物ですね。

markee. 2006/08/24(Thu)11:40:06 編集
素敵ですね
"こころ"惹かれます。
pon 2006/09/04(Mon)16:44:17 編集
こころ論
pocoponさん、
そうです。こころです。
たしかなこころと夢の波です。

markee.さん、
シンプルが一番だと思います。
今ラジオでジャックのIf I Couldが流れています。
やさしい朝です。
FUNAKI 2006/09/05(Tue)03:27:34 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ