忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南うねり180°コンティニュー。



今朝も暗い内にホワイトハウスに。
昨日に較べると高さは半分まで下がってしまったが、まだまだ十分すぎるうねりが届いている。
一本スイープして、フックに戻ると足の下からボードが一瞬で波に奪い取られてしまった。
原因はホワイトウオーターの押しに比べて踏みつけが足りなかったみたい。
それにしてもものすごいパワーだ。

ひさしぶりに波に子供扱いされて翻弄されている。

一本セットが来てダックダイブしたら、沈めた背中にリップが炸裂して、体が半分になったような痛みに唸ってしまう。板を捨てて潜れば良かったのだが、ピーク付近は浅すぎて潜れない事実。
この海底棚には洞窟があって、ボードが3本挟まっている。
コリーという友人によると、前に巻かれたときそこに入り込んでしまい、怖くなってそれからここでやっていないと教えてくれた。
だからこんなに空いているんだな。
挟まった時のために水中ゴーグルを首にさげておこうか。

ピークの奥に吸い込むような速いカレント、そのまま吸われると水深がないドライリーフ行き。
波待ちの恰好だと足にリーフがガツッと当たるので足が傷だらけ、だから今はパドル姿勢、つまり腹這いのまま波を待つようになった。
ワイプアウトをすると、浅くてすぐにリーフを掴むので手も同じように傷だらけ。



波数が少ないから、たまに来る昨日の残りを狙い、かなり沖で波を待っていた。
30分に2本程度の間隔でドーンとやってくる。
位置が合わなくて恐ろしい目に遭うのがほとんどだったけど、1本は完璧な位置から波に入れた。
沖にいる間、もう見慣れたリーフの模様から、そして岸の山々から自分の待つべき位置を読んでいた。
波乗りとはなんと難しいのだろうか。

とうれしいような遠い気持ちになって空を見上げると、シエィウオーター(shearwater)と呼ばれる鳥が1羽優雅に青空に舞っていた。



彼(彼女)も同じように飛ぶのはむずかしいと思っているのだろうか?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
なーりーうぇーぶ。
久しぶりに投稿させて頂きます!
すばらしい波ですね。以前修二さんと行ったbigislandのマジックサンドを思い出す波、シチュエーションですね。岩の目の前、掘れかえる波。
カウアイの波も乗ってみたいです。
Ryu....

ps 昨日は鎌倉で舌平目etc GETしました!
今日はこれからSOTOKOTOの雑誌内で、鎌倉の子供達に磯遊びを教えると言う企画をやってきます!
ずえっひ〜!!
Ryu 2006/08/28(Mon)09:11:58 編集
デンジャラス!
そこが強いカレント、浅いリーフとキケンなポイントですね!

私には水量、大きさともにテイクオフ不可能なポイントです。

すごいですね!
markee. 2006/08/28(Mon)11:12:11 編集
ずえっひ〜!!
Ryuさん、
舌平目ずえっひ〜!!
このWHWはかなりイナリーズです。
「そとこと」いい雑誌ですよね。
今PAPERSKY誌も大詰めです。
感謝です。

markee.さん、
でもリスキーなおかげでいつも無人なので、感謝です。
波が小さくなったらゴーグルをして泳いでサーフボードが葬られているのを見てこようと思っています。
上の竜さんみたいに3分間潜れたらいいのになあ。
ふなき 2006/08/28(Mon)14:45:01 編集
surfbords graveyard
サーフボードの墓場ですね。

恐しや.....

ふなきさん、引き込まれないように気をつけてくださいね。

BLOG読めなくなったら困ります(笑)
markee. 2006/08/28(Mon)15:30:47 編集
無題
僕からすると、ナキさんの波乗りを見て優雅な空の鳥を見ている気分になっている時があるので、もしかしたら鳥も気流に乗って飛ぶのは難しいと思っているかも知れませんね。ただ見ている方からすればどちらも難しいと思ってやっているとは思えませんが。
T三号 2006/08/28(Mon)23:51:15 編集
葬送行進曲
markee.さん、
そのとおりです。
あんな浮力のあるものが海底棚に入り込むとは思いもつきません。
やはり葬られる場所のようです。

T三号さん、
優雅だなんて、そんなことはありません。
喰らいまくってました...。
ふなき 2006/08/29(Tue)08:39:19 編集
紙空。
紙空かなり楽しみにしています。大好きな本にNakiさんの写真、早くみたいです!いつ発売にだすんですか?決まったらまた教えて下さい。
SotokotoはU-skeに撮ってもらい、1日子供達と楽しい時間を過ごしてきました。Surferはとても自由だと思っていましたが、子供達にはかないませんでした(笑)。
奄美もうすぐですね。その前に巨大な巨大な東うねりが来ますね。板を用意して何処であのうねりを滑るか?今幸せな悩みで一杯です。

Ryu....
Ryu 2006/08/30(Wed)10:54:25 編集
かみぞらpapersky
Ryuさん、
紙空もうすぐです。
きっと9月下旬には発売されると思います。
sotokoto俺も行きたかった。
千葉、青森ツアー期待しています。
ふなき 2006/08/31(Thu)14:24:40 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ