忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 コールが開発した4フィン=クアッド。そのシステムを搭載したファイアーフライの爆発的な人気と性能からそれをコピーするシェイパーが増え、今では4フィンが当然のような気もしてきた。



 メイヘムもその例にもれずクアッドをシャークに移植し、そして名作ラウンドノーズフィッシュに4フィンをセッティングしたのがこの『クアッド・ラウンドノーズ・フィッシュ/Q-RNF』です。
 「RNF、バレットフィッシュ系の恐るべき中毒性」を知る私は、今までこういったボードに乗ることを避けていたのですが、とうとう来るべき時が来たようです。



 メイヘムに「時間がある時でいいからね」とオーダーしたので、待つこと4ヶ月強、それからノースハワイまで船便で発送したので手元に届くまで5ヶ月かかりました。

 ちなみに対決させようとしているコールのオリジナルモデルである『バット(バレット)・フィッシュ・クアッド』はこれからシェイプする予定。これはご存じの方も多いのですが、
「9月のコールショック」でコールは今、お客様優先でボードシェイプを行っているのだから仕方がない。ということで対決は12月以降となります。

 さて、このQ−RNFは5'5"x19"x2”



 今話題のLokboxフィン仕様でオーダーしました。
黒いQUADが付属してきました。



 余談ですが、このロックボックスは友人である巨漢のプロサーファー、ケーシー・カーティスが考案したものです。



発売後5年は経っていますが、今まで私が思う「Aクラスというカテゴリー」とはなぜか考えがたく、オーダーをしないでいたのです。そして前回カリフォルニアに行った時に彼と会ったのですが(参照)、彼の装着している新作フィンを見せてもらうと、その完成度に驚き、すぐにオーダーした次第です。



ほぼ無限にサイジングされるハンドメイドフィンが魅力のロックボックスフィンの「クアッド」を4枚きちんと装着し、アストロのネイザンバットモデルを張り、いざ!とホワイトハウスへ。



 波のサイズは胸くらい。
 一本目にいい波が来て、セクションから思い切り体重を乗せてボトムターンすると、グイーっと加速し、波のかなり前に出てしまったのです。ここは斜面が緩慢なカットバックのセクションなのですが、イメージではスラッシュさせるべく、体をたたんでいたのでそのまま波の上、しかも平らに近い場所でボードを切り返したら、グウゥゥーとボードが波の中に(リエントリー) 戻れたのです。

  英語で、サーフボードの性能について「forgiving」と表現されているのですが、このボードはまさしくそのフォーギビングで、それはつまり「許容範囲が広い」という特性を持っているボードのことです。

 そのまま次の波に。
 今度はセクションがつながる速く長い斜面が登場しました。考えられることは3つ。
 1. 走り抜ける
 2. 波の際に当て(リッピング)、抜けていく
 3. 崩れるのを待って長い距離のフローターでセクションの最後へ

 こんな選択があったのですが、2番を選び出し、切り立った長い斜面の始まりで軽くトップターンし、オフザリップの始まりとしました。ボードは足にぺたりと張り付き、2輪車のクリッピングポイントを通過したような動きのように「クン」と軽くノーズの向きを斜面下に向け、加速した。
 そのまま深いボトムターンを長く強く切り、フルスピードで崩れかけたリップの上に乗せるように角度のあるヒッティング。ボードがリップに乗る寸前にテイルに体重を乗せ、レイルを入れ替えると、ズリンと低い姿勢のままオフザリップ。フィンが波に咬みスライドを止め、また滑降し、今度はセクションの終わりで体を前に出しながら、波のショルダー側から一気に引きつけるスラッシュでボードのノーズを一気に逆方向に引きつけます。ザオウッと派手な音をレイルから立てて戻るボード。その独特の速度感覚に魅了された。
 泡から外れ、リーフ水深が深くなった波の最後で浮き立ったまま大満足。



 テイクオフが通常のRNFより速い、これは4フィンのなせるプレーニング(揚力)なのかなあ、不思議なほど走り出しが速い。ノーズも通常のRNFよりチョンと上がっている。ハングファイブ、スイッチスタンス、なんとエアも思いのままだ。

 ランチを食べた後、次は長いレフト波である闘牛ポイントに持ち込み、バックサイドで試すと、やはりやはり、バックサイドのターンの切れ込み感に色気があった。なんというか艶っぽいターンなのだ。ターンを重ねる毎に味がしみでてくるようで、もっとターンをもっと波を!と両手を天にかざしたくなる。

 どうやらRNF、しかもクアッドRNFの妖しい乗り味に 引き込まれたようだ。ファイアーフライ(FF)の時もそうだったけれど、新型4フィンというのはやはりかなりの実力派だ。このまま行くと主流は4フィンで、トライは型遅れの日がやってくるかもしれないな。



 セッション後、岸近くでボードを浮かべてみるとQ−RNFはまるでオバケのQ太郎みたい。初日にすでに2回のセッションを終え、愛おしいボードに「Qちゃん」と名付けて大事に車に積み、車の後ろで一瞬放心すると、肩を開いて誇らしく構えている自分に気づいた。

 エンジンをかけ、ハイウエイを走らせながら晴れ渡った空を見ると、鳥のような雲が浮いている。まるでこころに鳥が入り込んだような気持ちとなり、体が一瞬震えた。(了、11/18/2006)




追記



今日(11/21)ノースショアに6フィートのバレル波が届き、Qちゃんを滑走させてきました。
サイズがあるパワフルな波だと、最高速で滑走し、ボトムが波下面に一瞬張り付いた気がした。
しかし、その張り付いたボトムを起こすようにしてボトムターンすると超加速の上がりが発生しました。
なんでだろう?
不思議なことが起きるのですね。
切り立ったバレル壁でもツインフィンのように抜ける、滑り落ちるということはなく、安定して乗れたことも付け加えておきます。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
なんてこった.....
なきさんのインプレッションを読んでると
同じように乗れなくともぜひぜひ試してみたくなる(><)アレモコレモ!!
なんとか見て見ぬふりを決め込まなければ.....
よし 2006/11/18(Sat)23:35:26 編集
答えは
1 走り抜ける
気持ち好く走り過ぎて気が付けば波のかなり前に出てしまい慌ててカットバックするもチョッとバックしか技術が無いので失速終了!

のはずがリエントリーまで出来てしまうFFも最高です!
じーじ 2006/11/19(Sun)01:32:18 編集
鳥謝
よしさん、
おほめ?の言葉ありがとうございます。(笑)
良いボードは雲の形を変えてしまうのですね。

じーじさん、
ぼくも走り抜けるの大好きで、それを撮ってもらったビデオを見て、走り抜けるのをやめた口です。
FFもそうですが、新型4フィンってすごいですね。
なんで今まで誰も気づかなかったのだろう?
コールに多謝!
ふなき 2006/11/19(Sun)03:44:08 編集
無題
nakiさんのコメント読むとボードほしくなっちゃいます。
分かりやすいです。
インプレあまり読まないようにしようと思います。
ボード注文しすぎてしまうので(笑)
NEW BODYGROOVE フルは、昨日出動しました。
いままで作ってた中で、一番やわらかく、あたたかすぎました。
時期が少々早かったのかも知れません。
汗だらけでした
markee. 2006/11/20(Mon)09:55:55 編集
僕もクアッドオーダーしました
Funakiさん、はじめまして。JUNといいます。ブログ楽しく拝見させていただきました。実は日本の片田舎にも、ついにクアッドの波がやってきました。先日いつも行っているショップのオーナーが、自分でシェイプしたクアッドをテストし、大絶賛。Funakiさんと同じようなコメント。「トライフィンに変わるスタンダードになるかもしれない!」「ぜひ、乗らせたい」と言っていたのを思い出しました。このショップには、今でもFunakiさんがザナドゥ時代にいらしたときに撮った写真が飾ってありますよ。静岡にある小さなお店です。
 話は変わりますが、水中写真を撮られるときの格好は、ハウジングとフィン、水中眼鏡といういでたちですか?僕もFunakiさんと同じような写真が撮りたくて、Nikon D70sにあうアクリルハウジングをオーダメイドで製作しました。
グリーンルームフェティバルのときに、お会いできるかなと期待していたのですが、うまくお会いできませんでした。さて、僕はFunakiさんの作品の中でも、ビラボンのポストカードにもなった、ドノバンの写真と、雑誌の付録カレンダーに掲載された、イルカとパドルアウトするサーファーの写真が大好きです。運も才能のうちといいますが、その瞬間にその場所にカメラを持っているということ自体すごいなと、いつも思っています。
JUN
JUN 2006/12/06(Wed)18:41:46 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ