忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[751] [750] [749] [748] [747] [746] [745] [744] [742] [741] [740]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



エルサルバドルから一路メキシコ本国のバラに向かった亮太くんからメールがあった。

「毎日こんないい波でやっています」
とはうらやましい。

少し前、俺もこんなにいい波に乗っていたんだなあ。



と彼が防水コンパクトカメラで撮ってくれた写真を見る。
Aviso BD3です。



こんな国配置で、メキシコ南端もすぐです。



昨日載せきれなかったベセール印のキッシングフィッシュ。



分厚く、幅広のフィッシュボードの特徴である大きなスワロウテイルが付いている。



ティム(・ベセール)お得意のボキシーレイル。
同じセンター厚のコール「グラスホッパー」よりもかなり厚く感じます。

スペックは 5'6"x19-1/2"x2-3/8"



レイルとテイル、ノーズ幅が大きいため、前出のグラスホッパーと浮力を比較すると125%増し程度だと思います。





なのでパドルがさらに速い。
もうファンボード並ですね。

このフィッシュ系ボードの特徴はテイクオフは早いが、「ターンが重く」、「一度曲がり始めると切れすぎる」というデメリットがあるが、このキッシングフィッシュはそんな印象が薄く、写真で見る通りキレ味爽快です。

ベセールクアッド↓



でもグラスホッパーにくらべると切り返しは遅いのですが、それを補って余りある浮力と独特の艶っぽい色気がある。

アウトラインはじつにエロチックで、このデザインに惚れ込んでいる諸兄姉貴も多いのではないでしょうか。

そんなことを考えていたら柳瀬に「貸してください」と取られてしまい、その後戻ってこなかった。

65キロの体重の柳瀬には、このマキシマムボリュームのキッシングフィッシュを愛したようで、寄り添うようにターンを繰り返している。

先ほどオフィスに戻り、彼が書いたブログ「キッシングフィッシュ編」を見ると、

「フリーライドという楽しみ方を発見!」

「遊び感覚で自由に乗り回す」

というキャッチコピーが踊っていて、あら以前にも乗ったことがあったのね、と思い、尋ねると「はい、ティムに貸してもらい乗りました」だって。

さてさて、このリビエラを上から見るとこんな風景で、多くのサーファーたちがここで楽しんでいる。



この辺りで一般的なブレイクは、WCTなどでおなじみのローワー・トレッスルズだろう。

だが、狂気に激という文字が躍るほどの混雑ぶりで、通常のサーファーは1時間に一本の波に乗れたらその夜はうれしくて眠れないだろう。

それほど混んでいる。

で、サンクレメンテに住む多くのサーファーたちはそんな混雑ぶりを一瞥し、半ば馬鹿にしながらこの付近のビーチブレイクにやってくるのだ。

冬はソルトクリークが良く、北西うねりならアッパー・トレッスルズの倍のサイズはあります。

この前に住む王子ニックも現れました。



官能的なキッシングフィッシュの乗り味を発見し、したり顔の柳瀬。



ニック家のお隣ガレージにはランボルギーニの新型が入っていて、それにびっくり。

さっきネットで調べると、この車だった。



スーパーカー世代なので、こんなデザインに心が躍ります。



オフィスに戻るとウッドからメールで、「iPhoneを買ったぞよ、NAKISURFが見えたズラ」と写真が添付されていた。



すごい時代だなあ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
べセール印
べセール印のキッシングフィッシュ、いいですね~♪
到着が待ち遠しくて仕方ありません。
もちろん、ふなきさんのようなライディングが出来るわけではないですが、
地元道場で鍛錬積みまーす!
大浪湾 2008/05/15(Thu)14:46:27 編集
酢波乗板
ベセール印点心波全席です。
早くできあがるといいですね。
フィッシュぽくない動きが楽しいのです。
ふなき 2008/05/17(Sat)12:22:34 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ