忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[865] [864] [863] [862] [861] [860] [859] [858] [857] [856] [855]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プルメリアの垣根っていいなあ。



と珍しく夕方に波乗りに行くと、南西うねりが大きくなっていた。

ホワイトハウスではセットで4フィート、ダブル程度のピークになっている。



夕陽ごろが満潮いっぱいなので、普段いる砂浜は海に沈んでいる。

そこで、満潮のスイミングプール波をチェックに行くと、ハート型の雲が西に浮かんでいた。



ドノバンから電話があり、ドッキーがAVISOニュートイの新サイズを製作したことをとても喜んでいた。

彼はエルサルバドル以来、AVISOがお気に入りで、「こんなに調子いいボードはないぞ!」と子供のように喜んでいる。



バレル(チューブ)ライドもこのようにスムース。

これはAVISOボードの弾力が波のこぶを吸収するからに他ならず、じつにやわらかい乗り心地となる。



ドノバンドッキーがデザインした奇抜なボードをAVISOで製作できないかどうかを現在調整中です。

うまくすると来年早々に発表できるかもしれません。(確率25%)

乞うご期待ください!

とオフィスでメール整理をしていると、湘南のソウルサーファーであり、SUP(スタンド・アップ・サーフィング)を愛するサーファーからこんなメールが届きました。

================================
(前半文章を略しています)

先週金曜日、南海上の熱帯低気圧が突然台風11号に昇格、湘南でも土曜日の昼前ぐらいからウネリが入り始め、最大で肩+ぐらいでしたが、昨日の午前中までうねりは頑張ってくれました。

ただし、折悪しく(?)一年中で最も混雑するお盆休みの週末と重なり、各ブレイクは目を覆いたくなるような惨状でした。

さて、ノースハワイでのSUP事情、想像に難くありません。

ブログの「SUPウォーズ」の項を読んで悲しくなりました。

私がSUPをする時には以下を心掛けています。

1.人のいない、もしくは少ない時間帯のみだけ使用する
(春夏は夜明け前、秋冬は明け方、ぎりぎり割れる満潮時、など)に、なるべく短時間、集中して漕ぐ。

2.サーファーが増えて来たら、即上がる。
(何人になったら上がるかは、波数、サーファーのバランスによって判断)

3.先にSUPがいたら、他のブレイクに行く。

4.他のSUPが来たら、他のブレイクに移動する。

これらが前提で、更に

5.行くべき波だけに絞り込み、他はピクリとも動かない。

6.セットの終わりの方を選ぶ。(時と場合によりますが)

7.乗った波では、全力でパフォームし、最後のショアブレイクまでメイクする。

8.なるべく遠回りして、ゆっくり沖に戻る。

それでもSUPを苦々しく思っているサーファーは大勢いることでしょう。

ショートとロングですら難しいのに、SUPとプローン(通常)のサーファーが共存するのは不可能に近いでしょう。

であれば、波をとる事に道具としてのアドバンテージを持つSUP側が他のサーファーに対して「謙譲」の心を示さねばならないと考えます。

今後SUPのマーケットが拡大するについれて、道具の供給者や各種スクール、メディアなどが、モラルアップの啓蒙活動を展開していく事が予想されますが、最終的にはクレイグさんのおっしゃる、
「結局は個人のマナーですよ」に賛同します。

日本のSUPがノースハワイのようにならないように「謙譲」の心を持ってもらえたら、と思いましてここにメールします。

(後略)
================================

ということです。
さすがだなあ。

問題になる前に各々でマナーを考え、知り、そして共存できるようになるといいですね。。

ちなみに闘牛岬は今日もSUP軍団に占領されたようです。(涙)

まあ、これはある意味サーファーのエゴに感じるマナー論ですが、日本にブームがやってくる前の「転ばぬ先の杖」としてご理解いただければ幸甚です。

今日も長々した話を綴らせていただきました。
読んでいただき、ありがとうございます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
SUP
我が家のAVISO SUPは、自宅から海までの移動手段として川の上り下りが殆どです。
波に乗ったのは一度だけで、誰もいない膝波のダイロクで、あとは釣り......。
Kawika 2008/08/21(Thu)18:33:14 編集
ドノ様(≧∇≦)
なんて素敵なんでしょ~♪
おじいちゃんになっても
変わらずかっこいいんでしょうね。


ハートの雲は
壁紙で使わせていただきました☆
リリー 2008/08/21(Thu)20:19:14 編集
ダイハチキンチャン
移動に釣り、いいなあ。
今度片瀬から逗子まで漕いでいきませんか?
ふなき 2008/08/22(Fri)16:05:27 編集
新譜
バンドノかっこいいですよね。

アルバムがリリースされたようで、さまざまな人からメールが届いています。
ふなき 2008/08/22(Fri)16:06:20 編集
はい!
もちろん発売日に購入ですッ♪

1月の来日
楽しみですぅ!
\(^ー^)/
リリー 2008/08/23(Sat)00:35:32 編集
ドノバンによると
来日時は原宿SOLにまた行くのを愉しみにしているらしいです。

日本の好きなお店ベスト3に入っているそうです。
ふなき 2008/08/24(Sun)05:24:29 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ