忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日イナリーズに通いつめている。

昨日から北西が小さくなり、新しい西うねりが入ってきた。
南側も南東だったが、南のはっきりしたのにいつのまにか変わっている。
ということは4方角からうねりが連続で入ってきたというわけか。

で、今朝起きた時、よく考えると、南うねりは季節的にもう終わりなのだということに気が付いた。
なんだか名残惜しい。
「冬はここでサーフしたくてもできないのだ」

そこで向かったのがやはりというか、おなじみホワイトハウス・ウエスト(WHW)。
このブレイクのまん前にある磯を利用したスイミングプールの縁に座って撮ったのがこの写真。




ものすごい波。
ホワイトハウス・ウエスト、WHWだと長くて、なんだか発音しづらいので、ここの名前を変えます。
名は体を表すで「スイミングプール」としました。

バレルは大きく、リップの厚みも半端じゃない。
間違いなく世界でも特Aスポットに属するでしょう。



それと、水中ショットをここでアップしたら現在の使用機材について多数のお問い合わせをいただいた。
ありがとうございます。

今まではキャノンのEOS-3、EOS-5を専用水中ハウジングに入れて使用していました。
ですが、水中業界にもデジタル化の波が来ていて、EOS-1 MarkIIは持っているんだけど、今回デジタル用ニコンD200ボディと、10.5mmフィッシュアイレンズを軽さにつられて中野のフジヤカメラで購入。

そのD200とフィッシュアイを入れる(俺が始めた頃からお世話になっている)専用ハウジングをデール・クベティッチさんに作ってもらいました。

軽くて、連写も秒五枚かな?バシバシ撮れて最高。
大波でいきなりテストしても水漏れしなかったし...。
あんな波の下にカメラを入れても壊れないってすごいな、って改めて感動。
今はこれで波を撮っています!

これがそのセット一式↓







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
岩、近っっ!
「スイミングプール」降ったらすぐ岩ですね。
優しそうな名前につられてココに連れて来られたら...

「先生、きょうのプールは見学します。」
z35 2006/10/23(Mon)18:39:20 編集
えぐいの~
お~ナキはん、プールやて??
あんさん、こんなえぐいプールはおまへんでー
わいもここに連れて行かれたらおもわず「顔にはたけがありますので見学しますわー」となるでー。
昔、ozにシャークアイランドってあったけど、そこと同じ匂いやね。
おっとこんな事してられへん、秋季キャンプで練習やー!
番長5 2006/10/23(Mon)23:22:34 編集
ほへ~
リップがモリモリ~!僕も今日からスイミングプールのあるジムに通い始めた!モリモリップ☆
t-mean 2006/10/24(Tue)00:14:08 編集
無題
凄い熱い壁。
リップに厚さ... 凄いですね。
生で1度見てみたいです。

空の青 海の蒼
幾重にもなっている海の蒼は∞ですね。
Luna 2006/10/24(Tue)00:17:01 編集
無題
ハウジング、すてき~!
いいなぁ。
kenboku 2006/10/24(Tue)02:20:20 編集
多くのコメント感謝します
z35さん、
もちろん見学可能です。
実際にテイクオフする時には、岩が視界に入ってくるので、かなり緊張します。

番長5はん、
はい、豪州のボックスと同様のテイクオフが味わえます。
精神修行にはもってこいです。
スポンサーのナイキで防具ウエットを作っていただき、いつか持ってきて下さい。

t-meanさん、
すると、そこは鵠沼ですか?


Lunaさん、
∞の波、青と蒼、群青色、水色、海色、空色、藍、サファイア、アクアマリン、ターコイズ、ブルー、スカイブルー。
長嶋(茂雄)さんは、鯖の字を「魚へんにブルー」と説明しましたね。

kenbokuさん、
ハウジング最高です!
FUNAKI 2006/10/24(Tue)04:34:31 編集
簡易カメラにハウジング
プロの人はどんなのかな?ってすごく気になってました。
やっぱり簡易カメラのハウジングとは全然違うのね、。
レンズのガラスは湾曲になっているみたいに見えるし。
試してはいるんだけど、ハウジング自体が重いのと、表面の水滴と内側の結露で全くうまく撮れないのです、、。
何か良い対策方法があるのでしょうか?
もしかして機種がダメ?
ひのえうま 2006/10/24(Tue)04:37:37 編集
水中撮影指導師範より
ひのえうまさん、
機種は何をお使いですか?
中が曇るのは暖かいところから冷たい水に入れるからです。
だからクーラーボックスで冷やしてそのまま浜に。
もうひとつは、シリカゲルというよく食品包装内に入っている小袋をハウジングの中に忍ばせるといいです。
レンズが平らでしたらカーワックスをお使いください。安いので十分です。
波が来る前に息で水滴を吹き飛ばす、または指でレンズ部分をこまめに拭き取るときれいに撮れます。

FUNAKI 2006/10/24(Tue)05:33:42 編集
スキューバもやるのですが
海の奥深くに潜ると 幾重ものBLUEに出逢えて
この地球上には無数のアオが存在するのだと実感します。BLUEは私の中で∞の色彩。
私たちは母なる青から生まれたんですよね。

mr.長嶋
肉離れも「ミートグッパイ」と言いました。

学生時代の話が私はツボです。
立教大学時代、
英語の成績不振のため、単位追認試験で
「I live in Tokyo.」を過去形にしなさいと言われて自信満々に
「教授、からかっちゃいけませんよ。I live in Edo.」と答えたmr.

素敵すぎます(笑


Luna 2006/10/25(Wed)01:35:39 編集
欲しい!
真っ青な空と波、素敵です!
ニコンにも惹かれますねぇ
いいなぁ
PCのリプレースを我慢して、カメラを購入しようかなぁ ⇒ すみません、自分の話で(汗)
manga 2006/10/25(Wed)12:42:35 編集
THEカシャリ
Lunaさん、
やっぱりブルーっていいですね。
Forever deep blue.
I live in Edo.には転げてしまいました。
さすがです。
そういえば、ミスターはTHEを「てへ」と読んだそうです。

mangaさん、
には一句差し上げます。

カメラ来て 子供喜び パパカシャリ

FUNAKI 2006/10/25(Wed)16:18:12 編集
なるほど
簡易カメラはファインピクスF10(廃盤)です。
本体よりハウジングの方が重たい。。
ク◯ンビューみたいな水滴をはじくコーティングをすればいいかなとか、
けど、ギラギラになるかもとか思ってました。
シリカゲルは使ってるんだけど、、。
クーラーボックス、やってみます。
ありがとうございます。
ひのえうま 2006/10/26(Thu)03:08:33 編集
ガラコより固形
ひのえうまさん、
クリーンビューとかは不適当です。
というのは途中に指の腹でワックスを均一にし、いわゆる「復活」させなくてはならないのです。
ですから普通のカーワックスを塗り、それを海の上で塗り直すのが、きれいなレンズを長持ちさせる秘訣です。
ふなき 2006/10/26(Thu)09:07:21 編集
座布団3枚!
すばらしい一句、ありがとうございます!

「やまだく~ん、座布団3枚持ってきてぇ」
manga 2006/10/26(Thu)12:44:56 編集
いしいひさいち
mangaさん、
山田くんは=おじゃまんが山田君ですか?
それともドカベン山田?
笑点ですね。
まだやっているのかな?
ふなき 2006/10/28(Sat)15:58:44 編集
水中写真
はじめまして。メンタワイでサーフガイドをしているakiとゆうものですnakiさんの写真を見て刺激をうウオーターハウジング(アクアティク)を購入しました
nakiさんは撮影するときにどんなフィンをはいて
海に入ってるのでしょうか? 教えてもらえれば
幸いです。なんかテクニックとかも。
いきなりの質問、失礼しました。

aki 2007/05/31(Thu)20:01:57 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ