忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深海の、果てしなく青一色の世界の静寂に包まれてただ一人となるとき、時間と空間と光はひとつのものとなり、私は私の呼吸を一時止めて宇宙の呼吸に身を委ねる。その時私は両棲人間という私の真の本性と再会し、ひとつの“宇宙の歯車”に再び還っている自分を再発見する。

これはジャック・マイヨールJacques Mayolさんの著書冒頭にあった言葉。

これで海はいかに宇宙的かが伝わる。

ジャック・マイヨールは1976年11月23日、人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録をマークした。

その記念日に俺は波に乗っていた。



6ftはあるピーク。
黒い影はリーフだ。
そこに浅く砂が付き、深い水深から急浅となるため、美しいバレルとなった。

バレルの多くは速すぎて、俺にはなかなかメイクできなかった。
この写真のように出口は遠ざかり、泡がボードを掬(すく)う、または沈めてしまうのだ。

【夜明け】

その後、回転運動をしている波に巻かれるわけだが、ここでは浅いのでそのままリーフを転がってしまう。
当然足や背中は切り傷だらけとなる。

一度、トップから巻き上げられ、変な角度で波下辺にたたき落とされた。
岩に激突を覚悟し、意識を閉じた。

すると、インパクト後にもどこにも当たらず、俺は柔らかな砂地に押さえつけられていた。

轟音の下の静寂エリア。
「やった!」とゆっくりと目を開けるとピントの合わない広い視界が拡がっていた。

泡の塊である白い波は真上を通り過ぎている。



遠くで太陽の白色が揺らいで、光線が差し込んでいる。

ここは砂で満たされた大きな穴だった。

ものすごく落ち着いた俺はその宇宙空間みたいな海を見ながら、ジャック・マイヨールのことを考えていた。

ゆらゆらと海面に上がる。

こんな時にいつも彼はこの世界を見ていたのだなあ、と。

宇宙からのパワーなのか、人間の潜在能力なのか、全く苦しくならなかったワイプアウト。

波乗りとは実に不思議で深く、こうして宇宙的な感性まで感じさせてくれる。

宗教的なものはこの世に数多くあるけれど、俺は海教にどっぷり入信しているのだろう。



拡大版↓



この後、Qちゃんはプリンスビルのリックに渡したので、この波が最後のライディングとなった。

さよならQちゃん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
ナイスウェーブ
これ位の波に乗れるようになりたいです。
マーボー 2006/11/27(Mon)11:37:23 編集
無題
アートな波ですね。
静止画で見れば綺麗ですが、そこに自分がいるとなると、恐ろしいです。
ジャックマイヨールの潜水技術、体力、センスもすごいと思いますが、このアタックもすごいです!
markee. 2006/11/27(Mon)12:02:52 編集
無題
11月23日!息子の誕生日だ!なんと奴は毎日風呂で潜ってます(笑

一番好きな映画なんだよな・・・



ヴィナカ・インサイダ~ズ 2006/11/27(Mon)14:12:13 編集
ヤップアート
マーボーさん、
何を言いますか。
ヤップ島ですごいのを乗っていたという証言あります。

markee.さん、
この場所がひさしぶりに地形が決まったのです。
暗いときから浜で時間をすごしているとかけがえのない場所となります。
海はアートそのものですね。
ふなき 2006/11/27(Mon)16:07:43 編集
潜水天才
ヴィナカ・インサイダ~ズさん、
そうなのですか!
将来有望ですね。
竜ちゃんみたいです。
ふなき 2006/11/27(Mon)16:08:30 編集
ヌメっと
波面なのに湖面のようですね。
pk 2006/11/27(Mon)16:09:20 編集
夜明け
波の長いトンネルを抜けると、朝日に手が届きそうな『未来』を感じました。
水中の写真は、水の中なのに滝があるようで不思議です。不思議だけど、とても好きです!!

むらっち 2006/11/27(Mon)20:26:47 編集
教えて下さい!
実は先日、後輩がサーフィン中に自分の板が目に刺さり
失明してしまったんです。 なにか励みになったり、前向きになれるようなお勧めの本があったら教えて下さい。
go.surf 2006/11/27(Mon)20:42:54 編集
Qちゃん永劫連鎖万歳
この、白い丸いカタチはQちゃんですか?
しかし、なぜこの波にQちゃんなのですか?
ロマン過ぎるでしょー!
本物のオバケでしょー!
スゴスギますってほんまに。
涙出そうですよこのスケール、壮大さ…。
そして、連日これでもかと打ち寄せる、ふなきブンガクと写真のうねりに、連日ワイプアウトでビーチに打ち上げられています。

今、『永劫』に絡んだ原稿を書こうとしているのですが、なかなか、いえ、スケールでかすぎてマッタクまとまりません。
助けてください(笑)。

今日、日本が生んだ世紀の大学者、白川静氏が書かれた原稿と出遭ったのでした。
『永劫回帰』と題された、そのたかがA4一面のみの文章が、あまりにも深いので、深く感銘して、それは公共の場所にあった待合用の書物だったのですが、事務員さんに無理を言ってコピーしてもらってきたのでした。
事務員さんも偉いさんも困っていました(笑)。

むむ!?これを今日の原稿にすればいいのですね!
おおおおお!
これはスバラシイ展開!
お導きありがとうございます!
とおる 2006/11/27(Mon)22:07:47 編集
無題
ほんと波いいですね。というかテイクオフの瞬間の写真はは気合いが伝わってきて緊張します。こっちではしばらく大きい波に出くわしてないです。。。
dcsk 2006/11/27(Mon)23:31:31 編集
無題
海と解け合うその刹那のために今日も海に向かうのですね
私は本当にそう感じられたのは一度きり
そしてまた海に向かいます
よし 2006/11/27(Mon)23:38:46 編集
海教
こんばんわ。こちらでは初めてですね。
『海教』是非わたしも入信させてください!(笑)
たけ 2006/11/27(Mon)23:43:23 編集
ハワイ湖フォール
pkさん、
湖面みたいですか?
ふむふむ。

むらっちさん、
波のシステム自体が俺にとっても不思議です。
季節の変わりはじめですね。
秋=フォール。
滝=フォールがシンクロしました。
すごいな。
ふなき 2006/11/28(Tue)01:14:21 編集
朗読永劫
go.surfさん、
そうだったんですか...。
そんな時にこんな話題ですいませんでした。
目は使いたくないと思うので、音楽などいかがでしょうか?
やさしい曲がいいですね。
私にメイルをいただければ何か送ります。
読書好きな方でしたら、朗読のCDが発売されています。
またはこの朗読CDは図書館にずらりと並んでいるはずなので、ご利用してみてはいかがでしょうか。

とおるさん、
『永劫回帰』ですか。
空も永劫、海も永劫で、宇宙もそうなのでしょうね。
Qちゃんでなんとかやっています。
ワサビもここにあるんですが、まだ試していません。
今日乗ってみよう。
ふなき 2006/11/28(Tue)01:19:15 編集
息吹信心
dcskさん、
小文字になりましたね。
そーです。
テイクオフする前までは怖くて怖くて。
けれど、決めてこぎ出す瞬間に全てを無にして、波の中に入ることだけを集中しました。

よしさん、
海は何か魔物か神様的なもので、そこで時間を過ごせば過ごすほど、何かを与えてくれるような気がしています。
ふなき 2006/11/28(Tue)01:22:56 編集
海愛
たけさん、
海教はいつでも入信可能です。
信心あるのみです。
愛ですね。
ふなき 2006/11/28(Tue)01:23:53 編集
バランス
ぉワ〜〜、すごい!
こんな感じの、自然と海と波の姿と、
何か(人でも、人工物でも、自然物でも・・)が良い感じのバランスででき上がってる画が好きです。
ちなみに、いつも思ってるんですが、こんな場合のフォトグラファーは?
ひのえうま 2006/11/28(Tue)03:10:06 編集
シンクロニシィティー
この現象も、不思議ですよね!?
ふなきさんとシンクロ!なんか、嬉しいですね♪
むらっち 2006/11/28(Tue)08:47:50 編集
ラスベガス
水しぶきが噴水の様で1枚目はイルミネーション!
なぜかラスベガスへ行きたくなってきた。

佳人薄命 お気を付けて!
じーじ 2006/11/28(Tue)11:13:19 編集
バランスシンクロ
ひのえうまさん、
バランスですね。
こういう時は友人と交代で撮っています。
または上がってから「3本だけ撮って」とお願いしています。

むらっちさん、
シンクロナイズドサーフィンですね。
ありがとうございます。
船木 2006/11/28(Tue)14:46:50 編集
FF
じーじさん、
佳人薄命かあ、だったら死に方を考えないと。
オーシャンズ6'0"
船木 2006/11/28(Tue)14:56:13 編集
6~8ft
もうやば過ぎや!?!?
虹まで出ちゃってるもんん。
Zehi~!
kenboku 2006/11/28(Tue)17:26:10 編集
最上級
あっという間に4日間、過ぎてることを、
このブログで解らされます。。。
船木のライディングは誰が撮影してるんですか?
波、めっちゃいいですね、気になりまくりです。
数枚の波の穴と光の写真、やばすぎです。
波の写真だけ、という気持ち、諒解です。
紙質と印刷、最上級でないと無理だと
わかりました。
得♪ 2006/11/28(Tue)19:22:51 編集
ベジタブルエルニーニョ
kenbokuさん、
モクレアのBBQいかがでしたか?
まんがさんは登場しましたか?
虹に気が付いたのですね。
一度オバケが割れた時、波のトップに壮大なる虹が出ました。
潜る寸前にその虹は冥界からお迎えではないことを祈りました。

波はようやく収まってきました。
すると今度は南南西から3〜4ftがやってきました。
今週末には12ftの北西が届くそうです。
すごい冬です。
風も無風で、島じゃないみたいですよ。
エルニーニョの影響だそうです。
写真はセルフタイマーで、嘘です。
友人と交代で撮っています。
ふなき 2006/11/29(Wed)10:28:11 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ