忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャック・ケウアック(Jack Kerouac 1922-1969)の
「BELIEF & TECHNIQUE FOR MODERN PROSE 現代文章の技術と信条」
という言葉群に出会った。

その中に、
Write in recollection and amazement for yourself
(驚きと記憶を持ち、自分のために書け)

とある。

先日とおるさんからのアタッチメントで、ベン・ハーパー(以下ベンちゃん)が彼にとっての神様であるフィル・ジャクソン(NBAレイカース監督)に初めて会った時の感想を語っているTV番組を見た。

「君は誰のだめに音楽をやっているのかね?」と監督。

「はい?」ベンちゃん

「音楽はファンのために演じているのか、それとも...」監督

「それは自分のために作り、演じています」ベンちゃん

「良かった。それなら君はずっと音楽を続けていられるだろうね」監督

こんなやりとりがあって、俺は誰のために写真を撮っているのかを自問してみた。
無論答えは「己のため」である。

今朝も深夜からごそごそと水中ハウジングのカメラを組み、ウエットと足ヒレを車の後ろに入れて、北西のイナリーズまでハイウエイ50号線を走らせた。

感謝祭の朝は車もほとんど走ってなく、夜明け前の空が白みはじめる前に到着した。
貿易風を背中に受けて、目を凝らして沖を見ていると、やがて北からと西北西の混合うねりだということがわかった。

見渡す限り誰もいない世界。
ショアブレイクで小魚が跳ね、弱い波紋を作った。

カメラを持ち、足ヒレをつけ、ゆっくりとゆっくりと海に浸り、泡と砂の塊であるショアブレイクを越えた。
少し大きな波が来たので波の下に潜ると、「ジャワー」といつもの海のおとがした。
毎日のように聞いているのに懐かしくなる音だ。
海からの誘いなのだろう。

沖に出て薄暗い海面に漂いながら、暗蒼な空の色を見ていた。
隆起するうねりが通り過ぎていくと、重力が変わるのか、心地よい浮遊感覚が起きる。

ずいぶん経って大きなうねりが来た。
闇を開くように壁は炸裂し、一瞬その宇宙的な内側を見せ、崩れ通り過ぎていった。

それは誰にも触れられていない無垢な波のクライマックスだった。
選ばれた真の波。
そこからのメッセージを知ることはできなかったが、暗闇の閃光のように俺の瞼に焼き付いた。
どの波とも違って、深く強く印象的だった。

オフィスに戻ってきて、ファイルをアップロードしRAW現像すると、その閃光が柔らかく焼き付いていた。

海の魂を分けてもらったような気がする。








PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
魂の物語
闇を開くように…
なんてステキな表現なんでしょう。
芸術そのものだ…。

一瞬その宇宙的な内側を見せ…
こんな言葉の芸術から想像を巡らせると、どんどん入っていくと、金縛りにあったようになって、眼は開いているのに何も見えてない状態になる。
どうしてくれますか(笑)。

ふなきさんの作品は「魂の物語」で、文章(ブンガク)は物語の過程を、写真はその一瞬を表現しているようです。
しかも無差別にあたたかい。
う~む、うっとり☆
とおる 2006/11/24(Fri)11:23:23 編集
イキイキ
活き活きしていて、躍動を感じる。
ああ、俺も波の中を浮遊したい…
インとヨー、しかと受け止めました!
得♪ 2006/11/24(Fri)12:46:33 編集
魂陰陽論
とおるさん、
はい、ここに着目してもらいたいところでした。

「自分流の魂の物語」を完結させることのないように切磋します。
一心文藝です。
あたたかいお言葉ありがとうございます。
身にしみました。

得♪さん、
躍動を感じていただきありがとうございます。
またサイズアップしてきたので、明日の夜明けも行ってきます。
シーズンがスタートしました。
陰陽ぜひ〜!
ふなき 2006/11/24(Fri)16:40:34 編集
無題
言霊と写霊
魂がこもっているからこそ琴線にふれるんですね。

よし 2006/11/25(Sat)00:48:04 編集
ブンガク
音楽もかけず、静かな部屋で読んでいます。
ジャワーって音が聞こえてきて、心がより静かに清らかになり。私の魂も清めらられた気がしています。いい一日でした。今日の日に、感謝!!

むらっち 2006/11/25(Sat)00:53:34 編集
無題
言霊と写霊
魂がこもっているからこそ琴線にふれるんですね。

よし 2006/11/25(Sat)02:03:03 編集
愛解放宣言
よしさん、
いつもありがとうございます。
「愛がなくては生きていく資格がない」
というコピーを思い出しました。

むらっちさん、
真剣に読んでくださっているのですね。
本当にうれしいです。
魂の解放をしてください。
ふなき 2006/11/25(Sat)15:24:53 編集
無題
雨の音が
波の音と重なりました。

大変素敵なお話しで素敵なね。

先生の魅力(エネルギー)の秘密に
さらに触れました。
sofie 2008/08/30(Sat)21:03:49 編集
世界はどこからきたのか?
海のメッセージを逃さないでこころに刻んで行きたいです。
ふなき 2008/09/03(Wed)11:02:50 編集
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ