忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979] [978] [977]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(#1からの続きです)

英語版はサーフィング・マガジンからの転用です。

Surfing mag:
Do you think there's an increasing or decreasing appreciation for a custom surfboard?


Cole:
I think for those who surf well enough to know the difference and also for any one who is striving to better their surfing by continuously dialing in their equipment.The custom board allows surfers to get a board designed for their own style of surfing and the the type of waves they ride in their particular area.

Surfing mag:
Are quads declining or increasing in popularity?

Cole:
It’s ridiculous how many quads I see these days, everything from fishes to funshapes to Stand up boards. I think the quad has certainly established itself as a valid design. I’m stoked to have worked so much with Nathan Fletcher because I think it takes someone at his level to take a design like that and boost big airs, but also, to rip on them at big Pipeline or Mavericks, that’s when people start going holy shit those things are for real. I feel glad to be a part of that, and to know that our work together, played a role in legitimizing the modern quad design.

Surfing mag:
What's keeping you afloat? Custom clientele? Shop accounts? Surftech?


Cole:
Custom,Custom,Custom and I do quite a bit in Japan as well, I have a great distributor (Thanks Naki!)

Surfing mag:
If it hasn't already, will your surfboard production ever have to go overseas?

Cole:
I hope not, but never say never. I don’t think the custom board is going anywhere, what happens when the customer says; I want it just like this but with a touch more rocker and pull in the nose a bit, oh yeah, can you make the tail a little blockier. Not gonna happen with a board made overseas, so the custom board isn’t going anywhere too soon.

サーフィング誌:
カスタムオーダーの需要は増加していますか?

コール:
経験値が高いサーファー達、つまりさらにより良いサーファーになる努力を惜しまずに道具を追求するサーファーが、究極のボードを継続的に求めるために存在していると私は思います。

各々のスタイル、波質のためにボードを設計することをカスタム・ボードは可能にしているのです。



サーフィング誌:
クアッドフィン人気はいかがですか?

コール:
現在、どれだけのクアッドフィンに乗ったサーファーが海にいるかを見ると、おわかりのように明らかに増加していますよね。
どんなボード、つまりフィッシュ、ファンシェイプからSUPまでもがクアッドを装着しています。

クアッドはいまやサーフィング世界にしっかりと根付き、その地位を確立したと言えるでしょう。

余談となりますが、その昔ーー私がネイザン・フレッチャーと一緒にクアッドシステムに取りかかったおかげで、そのデザインレベルを大きく押し上げることができました。

彼は大きなエアをしたり、リッピングすることをパイプラインやマーヴェリックスでテストしてくれました。

そのおかげで人々はこのクアッドシステムは本物だぞ、と理解しはじめました。

この起爆点、つまり「現代のクアッド=ネオ・クアッド」の役割を正当化させるために私が関われたことをとてもうれしく思います。

サーフィング誌:
何があなたの活動を支えていますか?
カスタムボードを依頼する人ですか?
ディーラー?
それともSurftech?

コール:
カスタムボード、カスタムボード、カスタムボードだね。
さらにはNAKIとしっかりとやっています。
俺は良い代理店を持っているのです。

サーフィング誌:
ビジネスが上手く行かない場合は、COLEサーフボードの製造はいつか海外(中国、ベトナム、またはタイのことを指していると思われる)へ行くのでしょうか?

コール:
そんなことにはならないようにします。
けれど絶対ないとは言い切れないですね。

でもカスタムオーダーのボードはなくならないと思う。
もしお客さまが「(このモデルに)もう少しロッカーを付け、ノーズをほんの少し細くして、そうだ、テイルエンドを大きくして」と言われても海外製造のボードだと、それは不可能ですよね。
だからカスタムボードはなくならないのです。

(#3に続きます)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
コールさんは義理堅い人だな~と思い、ついコメントしてしまいました。コールと関係ないですけど、ご自身の住宅感について、もし気が向いたら教えてもらえれば幸いです
1、何故サンクレメンテにしたのか
(私の新婚旅行はピアの左側のモーテルでした)
2、さらに何故カウアイに移ったのか
(オアフ、マウイしか行ったことないです)
3、家は賃貸ですか
(私はつい買ってしまいましたが、賃貸派です)
4、もしそうなら、今後購入する気はありますか
(ドノバンは買ってるんでしょ、多分)
私はブローカーではありませんのでご心配なく。
tamarack 2008/12/15(Mon)18:01:45 編集
おお〜
インタビュー更新ありがとうございます。
次回、#3もぜひ〜
Fg 2008/12/15(Mon)19:35:52 編集
不思議なNH
お答えできる範囲で回答します。

サンクレメンテは生まれて初めての北米大陸に滞在したのがサンクレメンテでした。
それで友人もできたし、土地勘、そして安全面から選びました。
カウアイは純城が紹介してくれて、即決したのです。
あっ、そうだ、業界的にカウアイと言ってはいけないらしいので、ノースハワイとさせてくださね。
ふなき 2008/12/16(Tue)15:56:08 編集
ぜひ〜
#3少しお待ち下さい。
ふなき 2008/12/16(Tue)15:56:30 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ