忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[982] [981] [980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973] [972]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10.5ft 13secとブイが上がった。
うねりの角度は、北北西335度。

で、まずは夜明け前にイナリーズに行ってすばらしい朝陽波を撮りました。

これはアップルストアで公開しますのでお楽しみに!



↑俺とイナリーズ、そしてサビタ。

その後、フェイマス社のジェイミーたちはソフトサンドリーフに、俺は海軍基地内にある「挽肉製造棚」という物騒な名前のブレイクに行く。

ここのリーフは溶岩がむき出しで、触ると軽くズタズタに切れるという。

事実、指がリーフに触れたのだが、カッターナイフで切ったみたいな傷となった。

どうしたらこんなに尖るのだろうか?
と海底が憎くなり、次に当たったら「蹴り」を入れようと自虐的になる。(笑)

まあ、そのリーフのおかげで波はすばらしく切り立ち、スモール・オフザウオールみたいなブレイクとなった。

3日連続のサーフウオッシュ、今日は水温が1度下がった(摂氏25度)ので、サンプルテスト用の長袖インナーをTシャツの下に着こんだ。



体が冷えているからか、この保温力がありがたい。

たまにはポリエスター製に乗ってみようと、今日はバットフィッシュ5'4"に乗る。

BD3と較べて幅が少ない分、テイクオフが安定している。

以前ならこのデザインより幅広のサーフボードを乗ることがなかったのだが、現在は細身のピストルからはじまり、BDのような丸いアウトラインまで使用範囲が格段に拡大したのだなあ、と沖で考えていた。

オフィスに戻り、北西ブイ情報を見ると「341度」と、より北からのうねりとなっていた。

ここからさらに北向きになったたらソフトサンドリーフかな、と願うように考えた。



ノアがスケートに行くというので、カメラを持って何枚か撮る。



ここは島南側のスケートパークなのですが、夕陽がきれいです。

そして、オフィスに戻ると、弊社京都本社に届いたばかりのフォーカラットの2009年新作画像が送られてきた!!

全てのサーフボードデザインの概念を覆す「All New」な新型です。

写真を見ているといてもたってもいられなくなり、弊社とおるに「なんとかここまで送ってください」と依頼しました。

これをイナリーズやソフトサンドで滑らせたら楽しいだろうなあ。



「より簡単に波に乗ることのために」

というテーマに対して、世界のマスターシェイパー千葉公平さんからの返答がこの『ニュータイプ』。



速く、抜けのよいクアッドフィンを基調とし、シンプルなアウトラインはダウンザラインに長けています。

ソフトバットマンテイルがふくよかな印象を抑えていますね。



特徴的なのはレイルで、「ヘキサエッジ」という新処理の形状はダブル以下の小波に対して、最大限の加速と制御力を持つとされています。



とおるが持つとこんな感じです。



テイルからノーズにかけての美しいフォルムにまだしびれています。



ロッカーは公平さんが長年かけて培ってきた最高級の定番「フォーエバー・ベーシック」なのです。



ノーズからテイルまで戦闘機の腹のように抜けていく「ツインバレル・コンケイブ」。



必要のないノーズ肉をそぎ落とした新感覚の「ビークノーズ」



公平さんのシェイプサインもびしりと入り、高鳴る胸を押さえながらスペックを読むと、

5'9"x19-3/4"x2-1/4"という俺サイズ!



さらにこの特徴的なノーズ側からボードフォルムを見ると、まるで宇宙船のようだなぁ、という印象を持ちました。



新たなる概念のサーフボード。
公平さん、ありがとうございました!!

ノースハワイに届き次第テストします。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
すごく興味があります
90年代、ジェフ・ティンポー二のシェイプしたレールに
似てます。
ここまで、極端ではないですが。

コンケイブ入りで、恐ろしくスピードは早そうですね!
ボトムターン命!な僕には、このロッカー角もそそりますね。

と、言うより!つべこべ言わずに、
とにかく、乗ってみたい斬新な作品です!!!

インプレ、楽しみにしてますね♪
どんべー 2008/12/10(Wed)17:39:28 編集
ボトムターンからのセッティング
なんといっても公平さんのシェイプというところに世界的な価値があると思います。

早くこれでソフトサンドリーフを滑りたいです!

第3弾をお待ちしていますね。
ふなき 2008/12/10(Wed)19:28:41 編集
ぜひとも~!
かっこいい~!
とっても魅力的は板ですねぇ~
流石は公平さん!

このFOURKARATのAVISO化を切に望みます・・・

のり 2008/12/10(Wed)19:54:17 編集
直感マスターですね
そうなんです。
日本人シェイパー初のAVISO化に向けたスペシャルモデルなのです。

「初乗り近し」なのです。
ふなき 2008/12/11(Thu)13:13:11 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ