忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[943] [942] [941] [940] [939] [938] [937] [936] [935] [934] [933]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俺です。

最近腰が痛くて波乗りしていねえんだ。
酔っぱらうと余計痛くなるつーけど、酔わなきゃやってらんないぜ、全く。
またニシグチでワインラッパ飲みしてえなあ、あれはうまかった。

おー、それでおめえがさ、紹介してくれた湘南台にある先生にもかかったけど、あの人は腰痛も末期になんないと手術してくんないだって、俺みたいに痛えって言っているだけじゃ、レントゲン撮って3分だけ問診して返されちゃった。
まあ、最後になったらあそこに行けばいいんだな、ってわかったけどさ。
誰か助けてくれる人いないかな。
ふなきの知り合いすげえ人いるべ、紹介してください。お願いします。

体がさ、年取ってくると、あっち痛え、こっちもだ、ってもう嫌だよ。
若い頃はさ、寝ないで仕事して朝から海行って、それからまた仕事して、夕方また波乗って、また現場戻って仕事してって、やってたけどなんともなかったもんな。

まあ、これが自然の摂理ってもんで、しょうがねえか。

俺もオンボロだもんな、車風に言うと34年式だもんな、こうなったら完全レストアでしょ〜。

そーいえばおめえが「ドドゲ」って言い始めてから海でも「ドドゲさん〜!!」って言われたり、この間は東戸塚の駅で「サインください!」と言われてびびったね、あれには。
影響力、っていうの?
それがあるね、お前のブログだっけ?そうあれはパワーだなやっぱり人生は、言ってることがわからねえ、って?
ホントはそう思っているんでしょ?
もうやめろよな、俺はおめえと話すと言いたいことがいっぱいになって、わけわかならくなってくるんだよ。

なんの話してたっけ?
そう、ドドゲだ、それでな、そのドドゲステッカーまだある?
あったら下さい。
ヘヘー、あれあげるとみんなヨロコブんだよ。
俺の車にも貼ってあるしな。

でも最初の頃はあいつこんなところでドドゲって言っている〜、ってかなりむかついてたんだぜ、ほんと。
おもしれえからわざと言ったのにギャグって分かれよなホント。
まあ、いいや、おかげでこの年になっても新しい友だちも増えたし、まあドドゲさまさまだよな。

サマサマとくりゃ、バリ行きたいね〜
ピッチャとヌサドアでこんな掘れたの乗って、グリンってこれもんで板返したいでしょ〜。
ビンタン飲んでさ、うめえサテ喰って。
シメはナシチャンプルなんだけど、俺はあの辛えのが苦手なんだよ、レストランのさ、ボーイに「赤いの、辛いの、入れるなよ、わかったな!」と念押しして、ボーイはしっかり俺の目を見て「ダイジョブ〜」って言うから「よしよしチップ1000ルピーはずむぜ」って安心するわけよ。

でな、チャンプル持ってくると、赤いのがぁしっかりそこにのってやがんだよ。
「だめだよ〜、あいつまったくダ、メ、わかっていない、の50乗!あいつ1000ルピー損したね〜」と怒りながらそれをよけて食うんだけど、ちょっと赤いのくっついているだけで、辛えんだよあれものすごく、日焼けしたクチビルが火を噴きそうになって、でさ、もっと怒りながらビンタンで流すとこれがまたうめえんだ。
それから俺は辛味に目覚めたね。
でさ、帰る日がくるわけだけど、毎回さ、ピッチャやスウィトラとが、口を揃えて「アシタカラうねり来るヨ〜」っていつも言うんだよ。
でね、あんまりにも居心地がいいからさ、バリにいる日程を伸ばそうとして専務に電話すると、「シャチョー、そんなことできるわけないでしょ、クライアントがみんな待っていますから」って冷たく言われてあきらめちゃう優等生の俺がいたり、まあ、しっかり日焼けして、さみい(寒い)って言いながら成田に着くのがいいんだよな。
あ〜バリ行きてえな〜。

ん?なになに?
イナリーズに来いって?

ばかやろう、あれは人様の乗る波じゃねえんだよ。
おめえだって刺さりまくりでしょ?
これもんで海面底まで掘れちゃっているのに乗る奴はアイアンズだけにしておけばいいんだよ。
もしな、俺があれに乗ったら体バラバラになって、レストアどころじゃなくてもう廃車になっちゃうでしょ〜
このあいだのヤマネコ島のビーナスだって、あんな掘れちゃうのやばいでしょ〜
あそこタヒチのなんっていうの、レフト激掘れの波だよ?

そう、そのチョープーなんたらみたく掘れちゃうんだからヤバイねあれは。
毎日乗っている徳ちゃんなんか体の幅と厚みが異常だもんな。
清原かと思ったぜ、肉体改造って言いいながらササミ毎日食べてあの波を喰らっているとああいう体になるんだろうね。

それでさ、船木文学に触発されて俺もその文学をやってみようと、ヤマネコ島からずっと携帯で書き続けてきたんだけど、めんどくさいからもう止めたんだ。

俺のガクレキはさ、なんったってスペクターだからさ、おもしれえことってさ、もうなんでも勘でわかっちゃうんだよ。

俺らの時代はね、単車全開でさ、ヨシムラ直管、エキパイ、バッフル、CB、Z2(RS750)とかいじっていて、もう波乗りなんてナンパもんのすることだ、って言って「あんな海遊び」は目じゃなかったね。

でもな先輩が波乗り始めて、「おい、あれ最高におもしれーぞ三浦!」ってビックリマークつけて言うからね、先輩、そんな単車乗るよりおもしれえんですか?って聞いたんだ、で、波乗りに言ったらね、もう俺目覚めちゃって、毎日乗りに行くほどはまっちまったんだなあ。
パー券売ってボード買って、暗い内から行って波乗って、家帰ってボード直して、単車いじってる時間がなくなっちゃったなあ。
昔はほとんど毎日波乗れたぜ。

ん?
どこで波乗りしたかって?

ロアでしょ〜
あのころはさ、まだロアが良かったんだよ。
これもん(きっと手で波の形をしている)で掘れちゃうんだ。
テイクオフしたらそのままかがんでりゃいいんだよ。
そしたらチューブでしょー。
出てきたら、「こんなの小せえな」ってかっこつけんだよ。
メイクして喜んじゃうのは田舎者のすることでしょ。
例え10フィートのチューブをメイクしても
「こんな穴、小せえなあ、もっとやべえの来ねえかなあ」って斜めの目でいきがるのがポイントだね。

何?
そんなに昔じゃなくて、お前が波乗りを始めたころの話をしろって?

うーん、記憶が混ざっちゃって難しいけど、まあなんとか思い出すよ。

そのロアにさ、おめえの元師匠だったナガヌマの下重さんなんかも来るんだけど、波が掘れちゃって掘れちゃって、でも行くんだよあの人変に根性入っててさ、バックサイドで、でも思いきり刺さっちゃって、沖に戻ってきたら「ここ良くねえ」って捨て台詞吐いてさ、エド(西隣のブレイク)にいっちゃうんだ。

薫(大野薫さん)も現役バリバリでさ、あの人やっぱかっこよかったね〜
美佐もさ、いい感じの波乗りでさ、「最高じゃん」っていつも言っていたんだ俺たち。
松岡くんに泰介さん、そして岡本さん、沼さん、そうちゃん、よっちん、アトムくん。
田川くんに磯部さんは玄人ごのみのサーフスタイルだった。
あまり交流なかったけど、川南たーちゃんと、カツ川南さん、出川さんは伝説だったな。
ラッシュの岡さんはボクサーあがりだったって言うし、デンチンもいたね。
蓮沼さんもいたね、その甥はハワイだって?
梅ちゃんにあと誰だ?
稲村にケーキ屋の川添ってのもいたね。
その親戚がサーフィンライフにいて、今編集してるべ。
お前の友だちでしょ?

ビーバーさんもアメリカに行っていたけど、ちょうどその頃アメリカから帰ってきたんだ。
最高だよね。

あとは翻訳やってたジローさんでしょ、バードウエルの河野さん。
コジマっていうのも憶えてる。
鈴木なんたら、井上っていうどうしょうもないチョッカリ(真っ直ぐしか滑られないサーファーのこと、ドドゲ造語)もいたね。

ナガヌマの大友さんは忘れられないね。
朝早いつーか、暗い内から毎日やっているのはあの人だけだったよね。
ハードコアな人だよ、あの人は。
まだ毎日あれしているんだぜ、もう頭が下がるよ。

でもな、やばい時代だったね、あれは。

そういやあ、○○さん(船木自主規制)が「マデカシムが来たから飯行こう!」って珊瑚礁に行くんだ。
そうだ、あの時お前もいたな。

みんな並んでいる一番前に行って、○○さんが「予約が入っていないのか?」って大きなダミ声で言うんだよ。
そんな予約もなにも入れていないからよ、バイトがびびって支配人を呼ぶと、支配人も分かってて、つーか暴れられたらまずいと思うのか、
「あー!入ってました入ってました」
と調子良く言って、次からは俺たちの番が来るわけよ。

しかも18人とかで行っているから最初テーブルがバラバラで、それがだんだんくっついていくんだな。
でね、ビールガンガン飲んで、ガーリックポテト、アンチョビポテト、サザエ、サカナのグリル、ビーフサラダ、サテにスペアリブにカレー食って、飲みまくって、でれでれになってデザートも2つくらいづつ食べちゃってしっかりと店の閉店までいてさ、他のお客が帰った頃に支配人がすーっとやってきて「○○さん本日のお会計です」って伝票を椅子より低く持っているんだよ。
そうすると○○さんがさ、それをずっと無視しているんだよ。
無視だぜ。
無視はやべえよな。
俺たち少し凍りつくんだけど、酔っぱらっているからそれを忘れてまた違う話をしているんだよ。
でね、あまりにも動かない支配人から逃げられないのを知った○○さんがやがて「おー、ツケとけ!!」と大声で言うんだ。
それを聞いてみんな顔が引きつるんだよ。
「そんなになってたのか、この飯はやべー」って。。

するとなその支配人はさ、小声で「いや・ずっとついているので、今日だけはお願いしますっ」ってもうほとんど土下座状態で言うわけよ。

そうするともう一回今度は低い恐い声でな

「ツ・ケ・だぁ」

と3語だけしっかり言うのよ、するとするするーって支配人がエビみたいに後ろ向きで下がっていって、それからもう2度と姿を現さないんだぜ。
やばいよあれは。
犯罪だよな、無銭飲食だぜ。

俺たちが帰るときは何も知らないアルバイトが「アリガトアシター」って言うところを「おっ!ごちそうさん」って言いながら帰って行くんだ。

店を出てから俺が「いくらでしたか?」って聞くじゃん、したら「俺のオゴリだ〜」って言うからみんなで「○○さん、ごちそうさまでした〜!!」ってそこで散会よ。

マデカシムはそれから藤沢の新地に行ったって聞いたけど、あいつバリまで帰れたのかな?

でもさ、あれじゃほとんど暴力団並だったけど、後から聞いたらあの人たちの間で色々ないさかいがあったみたいだよ。
それであんな嫌がらせをしていたんだってね。
まあ俺たちには関係ない話だね。

まあ、それからロアだけじゃなくて七里正面、そして峰が俺にとってのシマとなったんだ。

それからお前が峰に来て、モリタンこと石森、ツー、ザイチもいたね。
後からモンクスができたんだ。
飯はうまかったね。
金光くんがコックやってて、あの兄弟は天才だね。
もうあそこになくなっちゃったけど。
あれが七里の黄金時代だったね。
あそこのムスターファーを撫でると波が上がるとか言っちゃって、そんなんで寄ってたかってあのおとなしいムスターファーを捕まえて撫でてるとあそこのフランス人の奥さんが露骨に嫌な顔をするんだよね。
なつかしいねぇ。

駅前のパン屋、新井屋だけどね。
あそこは昔八百屋でさ、そして改装してケーキとか菓子パンを売るようになったんだけど、そこがファンシーな白い壁になっているのに親父はさ、まだ八百屋が抜けられなくて、八百屋の汚え前掛けして「らっしゃい、らっしゃい」って渋い低い声で売っているのがミスマッチの頂点で面白かったね。
あそこのフルーツサンドがうめえんだ。
まだあるんだっけ?
コンビニなんかなかった時代だからな、若い奴にアイス買いに行かせたりしたなぁ。

あとは昔のドロップアウトの前にあった坂巻商店でしょ、あそこは新井屋が休みの時に行くんだな。
そして駅とローカルタウンのあいだにあった「ウラメシ(裏飯)屋」ってあったよな。
本当は「行会食堂」って言うんだよね。
あそこは漁師の親父が料理作るんだけど、鯵をたたいたり、魚がやたらうまかったんだ。
とにかくアトムさんがよくそこによく行ってたね。

後はネムラ食堂(腰越駅前)の出前でしょ〜。
あそこ不思議な味がするんだけど、はまるとうめえんだ。
もうあの店もつぶれちゃったしな。

駐車場にはさ、○井さんがいつも違う女連れて来て、酒飲んだりBBQしたりしているんだよ。
あの人波乗りはさっぱりうまくなんなかったけど、死ぬほど正面が好きだったんだね。

金寿司って奴憶えているか?

そう、そういやあ斉藤秀樹っていう本名だったよな。
なんでお前はそんなことまで憶えているんだ?
みんな金ちゃん金ちゃんって言ってたから金太郎っていう名前だと思ってた。
背が小せえのがコンプレックスみたいで、背伸びしながぴょこぴょこ歩いてたな。
あいつもモリタンと一緒で、どんなことをしても正面しか入らねえ奴だったな。
あいつ変わっていて、変でおもしろい奴だったな。
今は何やっているんだ?

ふーん誰も知らねえのか。

それにしてもツーは傑作だったね。
おめえらがいじめたから故郷に帰っちゃって、かわいそうだったよあれは。
試合も出てたでしょ。
あんまり勝てなかったけど、お前たちと同じヒートじゃ、乗る波もねえから勝てるわけねえよな。

そうそう、最近マーボーに良く会うぜ、マーカスは何をやっているんだ?

モルガンスタンレーの日本社長!?
すげえなあいつ。
やっぱ半端じゃなかったね。
あの二人はガイジンだから波乗りもうまかったって、ね。
ガイジンにはかなわねえよ。

マーボーはさ、サンディエゴで世話になったんだけど、その時のあること無いことをみんなに言いふらしているから、一度シメてやりたいんだけど、あいつの顔みちゃうと何も言えなくなるんだよ。
天真爛漫つーか、いい顔だよな。

そういえばシェーン・ホランもスターフィンを売り込みに来たね。
変なサーフィンだったけど、うまいのなんのって、ガイジンはやばいでしょー、って言いながら見たのを憶えている。

耳鼻科のカク、ソバヤでバイトしていた松川、名前忘れちゃったけどチビの、なんだっけ、チビの奴?

ヨッチ!
そうだ、ヨッチもいたなあ。
七里キッズは後、ターゲにタカオに田頭(ユウスケ)、井口にガメラ、村山ダイスケかな。

俺の不肖の弟子でウニってのもいたけど、あいつ心身症になっちゃんだんだぜ。
サンディエゴ行ってから頭がヘンになったんだ。
あれはドラッグやり過ぎでしょ。
やばいもんはやらねえほおがいいって、体あっての人生でしょ。
逗子のハイランドに住んでいたあいつのお母さん今頃泣いているよきっと。
悲しいねえ。

わざわざ横浜中華街から来ていた陳コクリューってのもいたね。
グーフィーの奴でさ、あまりっていうか無口でほとんどしゃべらないんだよ。
中国人だからしゃべれねえのか?って言ったら突然「俺シャベレルヨ」って言うから、
「おめえ、それなら今度肉まん持ってこい」って脅かしたらその次にちゃんと肉まん持ってきたっけ。
それがめちゃくちゃうまくてね、「コレ幾らするんだ?」って聞いたら500円って言うんだよ。
そんなに高いものくすねてきちゃダメだよ、って説教しながら食べた味だった。
あいつ弟とか妹がいっぱいいるんだよ。
難民だったのかもな。
いい奴だったよな。
高校卒業した後、渋谷スペイン坂にあった「オクトパスアーミー」ってナンパな洋服屋に就職して、その時に会ったらガイジンにかぶれていて、「ミウラさん、俺はチンコ・クリューじゃなくて、チェィン・クーロンですから」って強気で言うんだけど、どっちでもいいよ、そんなのって言ってやったんだ。
あいつ結局台湾に越したんだってね。
今は弟と二人で台湾でナルーワンってサーフショップやっているらしいぜ。
今度一緒に行ってまたあの肉まん食べようぜ。


(携帯の文字数制限があるそうで、後編に続きます)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
七里ケ浜1980
すごい大作ですねー。
ナキさん、本当にシメられるのでは。(恐)

一度、ドドゲさんにお会いしたいです。
わんちゃん 2008/11/04(Tue)14:05:29 編集
大爆笑
懐かしい名前がドンドン出てきますねー。会社のデスクで笑いこらえながら読ませてもらいました。ツケの○○さん、(僕が勘違いしていなければ)よく日曜日正面の階段の横のところで昼間から酔っ払ってます。七里の変わらない部分が最高に好きです。チンコクリュウさんがナルワンのオーナーだとは気づきませんでした。今回のブログエントリーは永久保存版ですね。
マーボー 2008/11/04(Tue)14:25:56 編集
おもしろい!
よくわからない事もありますが、最高に楽しいです!!
taka 2008/11/04(Tue)14:43:23 編集
シメられ確定
素晴らしい!!
待望のDDGワールドですね。
嬉しいなぁ。(笑)
僕も三浦さんのサイン希望!
ぜひ~
Fg 2008/11/04(Tue)17:10:24 編集
無題
最高ですね。独特の言い回しかたとかは天才的です。
弟子入りしたいです。
z35 2008/11/04(Tue)17:58:01 編集
DODOGEさん最高♪
船木さん、大丈夫ですか?
シメられてませんかぁ〜^^

DODOGEさん最高♪

シメられても、ブログ載せるべきです。
DODOGEさん絞め!ぜひ〜
5582ゆかり 2008/11/05(Wed)00:49:07 編集
ドドゲさんサイン会を品川エノテカで行います
いやあ、先輩から怒りのメールか電話が来ていないかヒヤヒヤで眠れませんでした。
「噂の真相」とかの編集長の気持ちがよくわかりました。
ふなき 2008/11/05(Wed)02:47:04 編集
または大仏最中
実名ズバリなので、やばいです。
マーボーさんもマーさまとばっちり出てきました。
サンディエゴ編はやばいので、いつか鳩サブレー持って詫びておいた方がいいですよ。
ふなき 2008/11/05(Wed)02:48:22 編集
ドドゲ主観の七里ヶ浜名人70%程度の人名録
俺にもわからないことが多いですが、ほとんどの事項が網羅されている語録です。
「削除しろー」と言われる前に読んでおいてください。
ふなき 2008/11/05(Wed)03:04:25 編集
グリとグリ
はいドドゲワールドで、俺は単行本を出したいです。
ゴーストライターします。

第一作の題名は「これもんで、グリグリでしょ〜」
ふなき 2008/11/05(Wed)03:05:36 編集
訓練生随時募集中
弟子入りは随時募集中です。
俺も22才の時、住み込みで3ヶ月しました。
ふなき 2008/11/05(Wed)03:06:36 編集
BLUE誌 特集〜ノスタルジーの彼方へ〜ドドゲ編
まだ見られていないようで平気です。
遠くに住んでいてよかったです。

このブログがだめならどこかの雑誌に書いちゃいます。
ふなき 2008/11/05(Wed)03:08:03 編集
夜中に熟読
寝る前にこの記事発見して、早く寝なきゃいけないのに熟読してしまいました。(爆笑)

最高です。この前も、峰で派手なウエットで全員を威嚇してました。(^-^)/

ドドゲさん最高!
昔、良くアライヤまでパシらされた若手より。

きっとシメられますね。(怖)
さぶちゃん 2008/11/05(Wed)09:52:55 編集
ジョジゲ
あの派手なウエットは伝統的ですね。
アライヤに行きましたか。
アライヤ買い物舞台Tシャツを制作しようと思っているんですよ。
ふなき 2008/11/05(Wed)16:07:06 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ