忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[974] [973] [972] [971] [970] [969] [968] [967] [966] [965] [964]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日からまた大きくなる日です。

アリューシャン海域からはるばる3000マイル(4800km)旅してきた波がやってきます。

北西ブイをチェックすると12.8ft 15secとあり、一昨日の「13.5ft 14sec」よりは動きが小さいのだけど、波は今日の方がはるかに大きいと言う。

たった1秒の違いなので、大きさがかなり違うのは不思議だ。

風が130(南東)8マイル、これはソフトサンドがオフショア、海軍基地方面ならサイドオフになるというのでとにかく海を見てみようとココと向かう。

途中ガソリンを入れる。

値がずいぶん下がって1ガロン=2.79ドルだった。
円とリッター換算に直すと、1リッターで約72円。

ちょっと前は1リッターあたり120円近かったので、1リットルでほぼ50円違う計算となる。

まあ為替(ドル)も下がり、オイルも下落したからで、少し前まではソフトサンドまで往復10ドルかかっていたので、今は7ドルと考えると3割も安くなった、と車の中で暗算していた。

元々計算は苦手で、でも多くのアメリカ人と商取引していて、その多くの人がうまく計算できないことに気がついた。

例えば70ドルのものを25個買うと、1750ドルだと暗算できますよね。

7x2=14、7x5=35 つまり1400+350=1750

これをアメリカ人の前でやると、かなり尊敬され、そこからの取引が「こいつにはバカできないぞ」と有利に、安全に進むのです。

で、よくやるのが燃費計算。

これは走った距離をトリップメーターなどで求めます。

「280マイルだな、そしてガソリンが14ガロン入ったので、280÷14=20、1ガロンで20マイルだ」

1ガロンで走れるのかを知るのです。

そしてソフトサンドまでは往復で50マイルだからニッサン・サビタで2.5ガロンかかる計算となります。

で、これは通常でたまにもっと複雑にするために日本式のkmにすることがあります。

280マイルをkm(1.6km=マイル)にすると...まずは16x200として320。そして残りの80マイルを16x8として、、128。

128+320=448kmだ、と求めます。

それから1(米)ガロンが3.7854リットルなので、およそ3.75。
つまり3と3/4というように分数にしちゃいます。

さっき入れたガソリン、14ガロンをリッターに換算すると、まずは10x3=37.5となります。

それ(37.5)を覚えておき、残った4ガロンを(3x4=12)、として、4の3/4は3だから合わせて15。

さっきの37.5+15とすれば合計が52.5となり、14ガロンは約52.5リッター強、つまり約53リッターと求められました。

で、最後の燃費計算です。

えーと448÷53でサビタのリッターあたりの燃費が求められるのですが、難しいのとそこまで正確を期さなくていいので、450km、50リッターとしちゃいました。

5x9=45

として、1リットル=約9kmと完成しました。

ああ、疲れた。

でもこんなことをガソリンを入れるたびにやっている(毎回ではないですよ)と、こんな俺でも計算できるようになります。

120x45とかの数字もアメリカ人が計算機を使っている間に求められ、「こいつはスゲエ」とかなり尊敬されるので、オススメします。

そんな計算をしていると、海軍のゲートに着いた。

ここは911以降、警備が厳重となり、あらかじめ自分の全ての情報を知らせて、バックグラウンドチェックをされ、その審査に通ったもののみにカードが発行されます。

それと免許証等のIDを携行し、かなり厳重な入り口のセキュリティを通過した人だけが入場できる場所です。

もちろん俺も持っていて、だからこの中はフェデラル(Federal=連邦政府)の法律なのです。

さらにここは交通違反等も厳罰なので、制限速度、一時停止等かなり気をつけています。

さて高波警報が発令されている海はというと、
(HIGH SURF WARNING FOR NORTH AND WEST SHORES)

Surf along north facing shores will be 18 to 22 feet today

という予報通りに大きかった。

風が強く、曇天で、少し雨もぱらぱら来ている。

このメジャーリーグベイと横のプアケニケニはこの北西うねりをダイレクトにキャッチする場所だそうで、その通り、リーフが波の形を保持する限界に達しているように見えた。

「スゴイ!」と波をチェックしていると、「どーだ?」デレックが現れた。

彼のトラックの後ろには8'0"のガンと7'0"を積んでいて、やる気満々だ。

デレックはホワイトハウスのレジェンドで、南側では一番上手で、強く、しぶといサーファーだ。

夏はトレーニングのために一切リーシュをつけないと言う。

このデレックがホワイトハウスの6フィートオーバーを軽くメイクしたのを見たときは「世の中は広い」と腰が抜けた。

彼はプロではないが、プロ以上の実力がある本格サーファーだ。

セットが入ってきた。
強いサイドオフショアにあおられた6フィートの波が3本。

デレックが「これ、たぶんめちゃくちゃいいぞ!行こうぜ」と言いながら彼の黄色のガンにワックスをかけはじめた。

「よし、俺もやろう!」と決意して、BD3で行こうとしたが、風が強すぎるので断念する。

「ずっとBD3でやる」と公言していたのだが、今日だけはこのBちゃんで乗れる気がしなかった。

サビタに積みっぱなしになっていたピストル4の6'6"にワックスをかけていると、デレックが「もっと長いのはないのか?」と聞く。

これか5'0"だけだよ、と答えると、困ったような顔をして笑ったので、どのくらいがベストなのか?

と尋ねると、「うーん、8フィートだな」と言う。

俺も少し困ったが、まあいいや、と着替え、俺にとっての幸運の印であるペリカンTをおまじないのようにベストの上から着た。

こんな日はサーフウオッシュというより「お守り」として使用するのです

さらにきちんと用意した新しく太いリーシュを付けて沖に向かう。

これで板を捨てて潜れるぞ、とキリリと気合いが入った。

先発したデレックはいきなりゲッティングアウトしていく。

見ていると、彼はするりとセットの合間に沖に出てしまった。

ダックダイブいらずである。

「よくセットの間隔がわかるなあ。さすが」と心から感心しながら満潮と大波でびしゃびしゃに現れた砂浜を上流に歩く。

うねりは右方向から来ているので、海全体が右から左へ動いている。

大きなセットが来た。

デレックは風にあおられながらそれを越える。

軽く8フィートはあった。

これからうねりがもっと大きくなるというので、これ以上波が上がってしまったらどうしよう?と怖くなる。

「このセットサイズでもインパクトを2発喰らったら、水を飲んで溺れるかも」と弱気になる。

セットが止み、「よし行こう!」と決意するのだが、右側の沖にうねりの影が見えた。

あれが波の影なのか、またはただ単に海面の影なのかはわからないので、少し静観していると、やはり大きなセット波だった。

ドイーンと、10フィートオーバーが入ってきた。

「嗚呼」とデレックを見ると、彼はチャンネル側(左沖)に本気で漕いで1発目をなんとか越えた。

あれを自分に置き換えると、海への恐怖で胸が締め付けられる。

背骨が冷やりと硬くなった。

2発目は同サイズだが、デレックはもうすでに平気な位置に逃げ切った。

目の前のインサイドブレイクは5フィートぐらいの猛烈なショアブレイクがゴフーンと低く、鈍い音を立てている。

天気も悪いからか海の色も冴えず、感覚的にものすごく怖くなった。

「入るのやめようなかあ」

と弱気の俺も登場してきた。

でもせっかく2週間この日のために鍛錬してきたのにもったいない、挑戦しなくては、という俺もいた。

次の中セットが来ている間に俺は「行こう」と決めた。

俺は男なのである。

でもここで男を選択して、天に召されて新聞騒ぎになる、ということもありえるなあ、身辺整理もしていないし、まずいなあ、とまた弱虫の俺が現れた。

ブログのコメントでも「無理しないでくださいね」といただいていたし、無理しないことも男だよな、と逃げに入る。

でも「一度決意したことは通そう」となり、最後のセットが入ったときに

「今だ!!ぜひ!!」

とパドルアウトする。

ひさしぶりのピストル(ミニガン)はノーズが細く、海面の凸凹もあまり拾わずに安定している。

よし行け行け、セットよ来るな、来ないでください、と願いながら全力パドルで沖に進む。

よーしいいぞ、このまま行け!

とパドルをしていたら沖に出てしまった。

やった、デレックと同じだ!

と喜んでいたら沖の海面が動いた。

やばい、セットだ。。。

と焦り、でも怖さを感じないように無心で沖にパドルし、小さなうねりを越えると、大きいのが来ていた。

もしかしたら喰らってしまうかも、それもパドルアウトしていきなりはまずいぞ、と感じたら恐怖で吐きそうになり、腕がすくみ、肩と腰の関節が硬くなった。

うわわわーとなるのを抑え、抑えながら一発目の波を越える。

ダックダイブするほどではなかったのだが、少しでも沖への距離を稼ぐために波のトップより低い位置でボードを深く沈める。

海の中に入ると音が止み、海面に出るとまた音が戻ってきた。

やはり2本目が来ていて、これよりも大きく、位置的にはかなり危険である。

「そのままだ」、「そのまま」と波に願い、風に乗りながら沖へと全力で進むと、そのオフショアの作用なのか、深すぎるのか、この波はブレイクを止めた。

やったぁ、とそのまま波のトップに潜り、波の裏側に出ると、3本目は小さいのだけだった。

はぁー。

と心の底から安堵する。

岸から見ているときはこのセクションは無人のオフザウオールだぁ!

「YES!ぜひ〜」

とやっていたのに実際に沖に出てみると、こんな波様にはどうやったら乗れるのですか?と敬ってしまった。

単純に怖いのです。

とにかくこの沖の深い海底ラインを確保しながら下流のデレックがいるメジャリーグベイの沖に向かう。

深い海、風に飛ばされた波の飛沫がすごい。

いきなりカイル鞠黒の友だちがここで鮫に襲われたことを思い出した。

彼は右足を食べられてしまったのだが、それもこんな雨曇りの暗い日だったと言う。

こんな波に鮫と、2重恐怖となりながら早く早くとデレックのところに急ぐ。

あそこまでいけば、人間がもうひとりいるんだ、と孤独感を吹き飛ばそうとする。

そらには鳥が舞っていて、平和そうだ。

ここは戦場そのもので、いつ大セット、いや特大セットが来て、無慈悲に深く、強く沈められるかわからない。



デレックがいるピークに到着。

「喰らったか?」

と聞かれるが、「大丈夫だった。ギリギリだったけど」

と答えると、「GOOD!」と簡単に返された。

やはりこの人はすごいなあ、と子供の頃初めて仮面ライダーのショーを見たときのことを思い出した。

あれ?
子供の頃の回想はまずいぞ。

人間は死ぬ前に人生を凝縮した走馬燈を見るというからな。

とそちらに向かう意識をシャットアウトした。

沖にセットが見えた。

かなり大きいぞ。
デレックは真っ直ぐ沖にパドルし、俺は左斜め前に動いた。

この波はワイドに拡がり、俺のいる位置まで崩れそうだ。

それはサイドオフショアでギザギザと波の中にコブをつけながら切り立ち、デレックがいきなりボードを岸に向けた。

「えっ、ここから行くのですか?」

と衝撃を受けると、デレックはそのまま飛沫の下に消えていった。



あそこからじゃないと乗れないのかもな、と沖の波を凝視して、自分が切り立った位置からテイクオフしていくイメージトレーニングをする。

次の波も同様だが、風がより強く、コブは膝の高さもある。

波の崩れる音もすごい。

少しすくむ俺がいた。

セットは去り、また平和になったところで、どのくらい自分がすくんでいるのかを確かめようと、海面でボードの上に立つが、いつもは30分でも立っていられるのに5秒も保たない。

やばいなあ。

足も滑る気がするし、なんだか自信がなくなってしまった。

でも波に乗らないで上がるわけにはいかず、乗るしか、または喰らうしかないのだ、と逃げることをあきらめる。

デレックが戻ってきて、「おい次のセットが15フィートくらいあったら俺たちは飛ばされて終わりだな」と恐ろしいことを言う。

デレックはこんなにすぐに大きくなるとは思っていなかったらしい。

「次の波で上がろう」ということとなり、俺はまだ乗っていないので1本勝負ということになった。

「インサイドのショアブレイクがかなり浅くて危険だからファーストセクションを超えたら横には走らずにボードの上で寝て、真っ直ぐに浜に向かうんだぞ、いいか」というアドバイスにまた怖くなる。

岸で波高の倍くらい泡が跳ねている場所をしっかりと見て、その距離を覚えた。

またセットが入る。
1本目をデレックが乗っていく。

俺ひとりになった。



デレックはやはりすばらしいサーファーだなぁ、としんから彼を讃える。

彼の波は途中でクローズアウトして、キックアウトした彼がまた沖に戻ってきた。

人が周りにいるのはなんとなく安心する。

彼に沖に大波が来たときどうするの?

と、ずっと聞きたかった質問をここでする。

「ボードを捨てるんだ。だけどリーシュがついているからほぼ波をくぐり抜けることは不可能なんだ。俺は喰らって後ろ向きに持って行かれることを想像して潜るんだ」と言う。

なんだ、俺と同じだ。
秘密はないんだなぁ、でもよかった、と安心する。

またセットが入る。

デレックが「NAKIこれだ!GOGO!!」と叫んでくれた。

まずはショルダー側を見て、この波が張りすぎていないかを確認し、風に向かってパドリングを強める。

アゴをボードに密着させ、低い体勢で、
「走りはじめてもすぐに立ち上がらない」と呪文のように頭の中で繰り返しながらパドリングを深く、強く、しっかりとしていくと波が近づいてきた。

よし、完璧な位置だぞ!なんてラッキーなんだ、俺は!

と波に押されてパドリング速度が速まる、もっともっと、と漕いで行き、波の速度より早くなったところで、もう2回だけ漕ぎ、立ち上がる。

風がすごく、一瞬何も見えなくなったが、すぐに波の斜面が現れた。

「ひょえ〜、でもぜひ〜!」

とこの恐ろしい海からの逃避行ライドである。



デレックの言うようにファーストセクションを超えたら真っ直ぐに、、、

ものすごい斜面が迫ってくる。

寝たら吸われる、と瞬間的に判断し、立ったままでそれを喰らうことにした。

ドッゴーン!!

とやられた。

「もっと巻かれろ、もっと岸に向かえ!」

と岸に上がりたい俺は泡の中で願う。

かなり巻かれてから上がってくると、岸までもう30mくらいの距離で、俺の命が助かったことを知る。

けれど次の波が来て、波の戻りの流れがまたインパクト方面に引きずっていく。

やばい、とボードの上に寝て、岸に向かってのパドリングを人生最大速度でして、もう一度振りかえると、10m先でズッッドーンっと爆発した。

よかったぁ、とそのままボードを両手でしっかりとつかみ、テイル側に体重をかけた。

大量の泡に押され、ジェットコースターみたいにそのまま岸に向かう、行けー!

そして砂に足が付いた。

やっとこころの底から安堵する。

無事生還だ!



沖を見ると、デレックが最後の波を乗っていて、インサイドセクションで俺と同じような目に遭っていた。



海はすごい、波は怖い!
でもなんとか戻ってきたぞ〜!

と実感してフラフラになりました。



とても永い、一本だけ波に乗ったサーフストーリーとなりました。

全てを思い出しながら油汗をかきながら書いたのです。

長々と(6000字になってしまいました)読んでいただき、ありがとうございました。



(お知らせ)
おかげさまで大好評の48時間限定のペリカンTの終了までは何時間かな?

と見たら後7時間となっていた。
(日本時間12月3日正午、ハワイ時間2日の午後5時です)

こうして生きて還って来られる幸運のペリカンTをこの機会にぜひ〜。(こういう宣伝は苦手なんだけど、真実なのです。笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
無題
本日もお疲れさまでした。
毎号読んでいて、船木さんがどれだけ大きい波に、どれだけ苦しい思いをして乗っておられるのかがだんだんと感じられるようになってきました。
私が普段の日本のショボ波(?)でゲッティングアウトするときにもこの記事にいつも勇気付けられている、そんな気がします。
no name 2008/12/03(Wed)11:56:50 編集
祝!無事生還!
暗算話から始まり、手に汗握るサーフ・ストーリーになるとは予想外でした。(笑)
でも、なぜかニヤニヤして読んでしまいました。 まず、海に入るまでの葛藤シーンが最高です!
ピークまでの道中もですが。
無事に生還されてなによりでした。
ペリカンT、欲しいなぁ~。
大蔵省をダックダイブしなければ・・・
Fg 2008/12/03(Wed)11:57:32 編集
おかえりなさい。
ナキさん
ヤバイっすよー
読んでいて心臓バクバクでした。
本気の男気ですね!お守り大事にします。
コジマ 2008/12/03(Wed)13:02:19 編集
無題
nakiさんほどのマスターでも、恐怖心と戦いながら波に乗るのですね・・

勉強になりました。が実践はできなそうです
edy 2008/12/03(Wed)13:32:58 編集
そうなんです
毎号読んでいただき、ありがとうございます。
元々大きい波は苦手なので、色々と苦心しているのです。
特に今日は天気も悪く、苦手系の日だったので、余計に怖い思いをしたのだと思います。
ゲッティングアウトはいつも考えさせられますよね。
ふなき 2008/12/03(Wed)15:32:36 編集
ほっとしています
暗算話をなぜ書いたのかがいまだに不明で、きっと話を波乗りにいかせたくなかったのか、または気が動転していたのでしょうね。(笑)

幸運のペリカンTをぜひです!
ふなき 2008/12/03(Wed)15:34:14 編集
ただいまです
書いていて汗をかきました。(本当)
今日はゆっくりと睡れそうです。
お守り、ありがとうございます。
ふなき 2008/12/03(Wed)15:35:42 編集
大海
はい、恐怖心が出てくる日はこんな風になります。

海は怖いですね。
ふなき 2008/12/03(Wed)15:36:27 編集
ふ〜
いつもながら手に汗握る展開。。。
ビッグウエイブのシーズン到来ですね。
ご無事で何よりです。

締め切りまであと3時間足らずでした。
ペリカンやイルカやアザラシはカリフォルニアサーファーにとってすてきなシンボルですよね。
12/1が誕生日だったのでこれもすてきな縁と思い、幸運のペリカンTオーダーさせていただきます!

ドノヴァンが2月にBelly Up SDでライヴをするそうです。
今から行くのが楽しみ〜!
Todd 2008/12/03(Wed)15:55:23 編集
Gass
ありがたいことに、日本もどんどんガソリンの値段が下がってきました、今日もレギュラーで110円台でした
TAKASHI 2008/12/03(Wed)21:20:05 編集
無題
私、実は雑誌の編集(非サーフィン雑誌)や文章執筆などを生業としているのですがNAKIさんの文章は本当にうまいです!

やはり写真などに才能を発揮する人は、その描写力とか文章でも才能を発揮するのではないかと思っています。
ポンコツ 2008/12/03(Wed)21:51:37 編集
すげー!
ナキさんのような凄いサーファーでも俺にとっては大きいと思う波の海に入る時と近い考えが出るんだな~と思いました!もしかしたらビッグウエーバー全員同じような感じになるのかもしれませんね!ナキさんは強がらない真っ直ぐな人なんですね!有難うございました!
テニスコーチ 2008/12/03(Wed)23:26:56 編集
ご安全に。
こんばんは。

プロの方でも葛藤があるのですね・・・。
私は初心者ですが、波が大きい時に沖に運良く出れて、無事帰って来れた日には、布団の中で目を閉じてサイコーの気分になります。
私はまだまだサーフィンなんて呼べるものではないですが、辞められません。。。

ペリカンT楽しみです!!
てつ 2008/12/04(Thu)01:14:46 編集
Belly Up SD
そうするとドノバンの2009年は日本、ノースハワイ、カリフォルニアと始まるのですね。
いそがしいなあ、と人ごとみたいに感じていました。

ペリカンT滑り込みでしたね。
ありがとうございます。

冬のうねりは強く、高さ以上に厚みがあるので恐ろしかったです。

お誕生日おめでとうございます!!
ふなき 2008/12/04(Thu)14:05:19 編集
リッター=50円でぜひ!!
ガソリンはもっと下がりそうですね。
スマートの新型のレビューを見たらとても欲しくなりました。
ふなき 2008/12/04(Thu)14:06:08 編集
編集屋さんになりたかったです
ありがとうございます。
プロの人に言われるとはありがたいです。
元々写真より文章家になりたかった少年時代なので、その下積みがあるのかもしれません。(笑)

万葉集、徒然草、天才バカボンを読んで勉強しました。
これからもご指導くださいね。
ふなき 2008/12/04(Thu)14:09:05 編集
自白ブログ
それの大小は全員違うのでしょうが、大波はみんな怖いはずです。
みんな強がってあまり書かなかったことを白状しちゃいました。
なので、怖いのは怖いと言える世の中に一票を投じたいです。

ふなき 2008/12/04(Thu)14:11:03 編集
タイカンハコウとは?
ペリカンTありがとうございます。

この波は高さの倍ぐらいの厚みの恐ろしさが渦巻いていました。
よく温度で「体感温度」というのがありましが、体感波高20m並でした。

お互いに無理しないように海とながーくお付き合いしていきましょうね。
ふなき 2008/12/04(Thu)14:12:56 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ