忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[856] [855] [854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [847] [846]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



夏真っ盛りです。

今日も闘牛岬に行き、昨日より小さくなった波でBD3を滑らせる。
昨日の極意を実践でき、顔がほころぶ。

小さくなるとサーファーが減るが、SUPが増えるので精神衛生に支障をきたす。

彼(ら)が周りにいると、全ての波を取られてしまい、あげくの果てにはパドリングをしている横からテイクオフされていく。

これじゃかなわないと、クレイグたちと話した。

このようにロングボーダーもショートボーダーも野放しの彼らをルール規制すべく色々考えるのだが、なかなかまとまらない。

「結局は個人のマナーですよ」とクレイグは言う。

「もし、ワタシが波に乗っていって、次に乗るのはアナタだってワカルデショ?それはスナワチ人間性の問題であって、SUPだからってそれが欠如しているのはシカタガナイヨ」

それもそうだな、と思う。

このSUPブーム、こちらではすごいものがあります。

俺の周りでは毎月、誰かひとりが転向して、遠く離れた人格となってしまっています。(笑)

SUPはその浮力と強力な動力によって、多くの波に乗れるのだからしょうがないのかもなぁ、とあきらめる。

だけど、長年日本でやっている池田潤ちゃんはどのようなマナーでやっているのかが気になるところでもあります。

早かれ遅かれ、望むとも望まずともSUPブームが日本にもやってきます。

その際にきちんとしたマナーがあるサーファーかどうかが試されるのでしょうね。

さて、昨日のサーフラインの作品を整理していたらこんなのが出てきた。

サーファーはドノバンなんだけど、こんな奥深くでもきちんとスタイルよく乗っていることに感動する。

それにしても深いバレルだなあ。



波乗りの帰りにクレイグ家に寄り、もうシーズン終わりで残り少ないマンゴー狩りをする。



高林さんは「これらのマンゴーを日本におみやげで持って帰る」と言っているので、ご近所、ご友人の方はお楽しみに。

けれど彼は税関によって没収されるだろうから、それを実行するのはむずかしいかもね。

↑という英語翻訳表現のようなブンタイです。

暑いので、映画館もいいなあ。

バットマンの「The Dark Knight」が上映中です。



時間があれば見たいなあ。

(速報)
四国で行われました303カップ、ロングボードクラスに於いて、このブログでおなじみのブラッド・ピット似の鎌倉の澪さんが優勝しました!

パチパチパチー、おめでとう!!



彼のはじめての四国だそうで、公平さんともお会いできたようで大感激していました。

俺は「肉卵とじうどん」をおみやげにお願いしておきました。

四国はうどんの国ですね。

公平さん、フォーカラットの新作をお待ちしております!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
ダッパーマナー
ショートボーダーにも、ロングボーダーにも、スタンドアップパドルサーファーにも、人が漕いでいるなみにパドルしてくる人っていますよね。
その人たちの脳の構造上の問題でしょうね。
長いボードは嫌われる傾向にありますが、その日の波のコンディションに一番合っている道具を使って楽しんでいる人が、その日のチャンピオンですよね。

ワイキキビーチボーイのスタイルがリバイバルしているのがスタンドアップパドルサーフィンですが、ちょっと進化の方向性がダサイ方向に向いているのかもしれませんね。
junbug 2008/08/12(Tue)10:59:29 編集
おー潤ちゃん!
やっぱり!
脳の構造上の問題なんですね。(笑)

小さい波ながらナゲットを待っているとその波は必ず取られてしまいます。
彼らは俺がずっとそれを待っているのを知っているのにー、と議論はアツクなりがちです。

ノースハワイは田舎なので、進化の方向がジャイアンの生家である「剛田雑貨店」、または「剛田商店」(©ドラえもん)に向かっているようです。

お返事コメントありがとうございました。
ふなき 2008/08/12(Tue)11:05:44 編集
脳の構造上の問題(笑)
遠く離れた人格(大笑)

2人とも、文才あり過ぎです!

今朝は遠く離れた人格になって、ハッピーポイントでセット弁慶波7本ノッテきた。ま、乗るだけ、ですが。
naminoro-kozo 2008/08/12(Tue)11:59:20 編集
はじめまして。
つい最近、アウトに出る自分と乗ってくるSUPが接触しそうになりました。
彼は「よけてよ〜!こっちはコントロール効かないんだから!」って嬉しそうに宣ったのです。あまりのストレスから敢えてコースを邪魔した自己嫌悪もありますが、「コントロールしろよ!」って言ったらションボリしてあがって行きました。

少ない波を全て乗り、そしてあのデカイ板を流しまくって周りの全てのサーファーに強いストレスを与えておきながら、彼はそれでも楽しんでいた訳です。僕たちによって彼は「ザ・無神経」と命名されました。

今後もSUP人口は増え続けるでしょうが、技術的にも精神的にも、みんな潤さんのようになってほしいものです。沖のSUPが全員潤さんだったらおもしろいですね。スミマセン…。
gaNeza 2008/08/12(Tue)13:05:02 編集
遊びの天才アメリカ人
カリフォルニアにもSUPの人はたまにいますね。
そこまで多くないので今のところ被害はないです。(ビギナーなので周りに気を使ってやってるから自分自身被害に気づいてないのかもしれませんが笑)
けど、この間ボルサチカというところでシーカヌーみたいので波乗りしてるオジサンがいて、全ての波を取られました・・・ちょっとムっとしましたが、こんな遊びもあるんだなぁって遊びの天才アメリカ人に感心しちゃいました^^

質問です!カリフォルニアのサーファーに順番っていう意識はあるんですか?
一年こっちでサーフィンしてるんですが譲ったことは多々あっても譲ってもらたことがないです・・・
夏はドロップ・インが普通みたいな乗りになってる感も否めない状況なんですが、俺が行ってるビーチが変なんですか??

あと、アドバイス通りしっかり走り込んでます!
9月楽しみにしてます!!!
Toshi 2008/08/12(Tue)14:33:15 編集
構造規格外
いやあ、遠く離れない人格でいてください。
撮影中、締め切りですね。

早速取りかかります。

ふなき 2008/08/12(Tue)15:19:24 編集
精神的に大人であってほしい
はじめまして!
コメントありがとうございます。
無神経もさることながら、あの大きい板で乗ることが「男を上げている」と思っているSUPだらけです。
現在俺の知っているSUPは15人ですが、マナーがいいのはそのうちの2人だけ。
実に2/15ということになります。
日本は流行する前に潤さんが先頭に立って旗を振らないと大変なことになります。
ふなき 2008/08/12(Tue)15:23:06 編集
美しい動作を
もちろん順番っていう認識はあります。
けれどそれはポイントブレイクに限定されるので、ビーチブレイクはどこも乗ったもの勝ちの感があります。

後は、パドリングの美しさを見せておけば一切前乗りされないことも知っています。
カリフォルニアのサーファーはスタイルに敏感ですよ。
ふなき 2008/08/12(Tue)15:25:25 編集
ダサイ方向性
幸いな事にSUPがいるポイントに入った事は少なく嫌な思いをしたこともありません。
進化の方向性がダサイ方向にっていうjunbugさんの言ってる意味すごくわかります。
ロングボードが嫌われる傾向になったのも流行がダサイ方向に向かい、ダサイロングボーダーが増え、その結果ロングボードが嫌われる傾向になっていった様に思います。
ボードの長さに関わらずしっかりとした素晴らしいサーフィン観の持ち主が増えればと思いますが、SUPはどうなることでしょうか、心配ですね。
ダナヴォンの深い深いバレルでのスタイルにシビレました!
kenny 2008/08/12(Tue)17:28:00 編集
五つ星
時間をつくってでも、ぜひ、ぜひ、ぜひ見てほしいのであります。ダークナイト、最高です。ジョーカーのように何事もスマイル?
kazu 2008/08/12(Tue)17:55:43 編集
英語翻訳表現
がツボにハマってしまう俺は既に
活字中毒(NAKI酸系の)なのかも
知れませんね。

"ジョンはマイクより多く波に乗る"

"それらの長いボードを人々は快く思って
 いない"

英語翻訳表現はなかなか難しいかもです。

Q 2008/08/12(Tue)18:50:43 編集
ENJOY
「みんなが楽しくできるように」というのが死語とならないようにしたいです。

こんな深くてもまだドライブしているドノバンってすごいなあ。
この位置だと泡の中の洞窟みたいです。
ふなき 2008/08/13(Wed)07:37:24 編集
楽しみです
それでしたらダークナイト絶対に見ますね!
18日以降、近所の劇場で公開なのでその時に見ます。
ふなき 2008/08/13(Wed)07:47:22 編集
ブラックダイヤモンドの翻訳英語表現
黒ダイヤモンド3世は概念(コンセプト)ボードの本質であるといえます。
「ミクロボードの結晶」はマスター造形者設計によって高いレベルで示されました。
このボードの驚異的な滑走は、宇宙へ帆を張り、翼を持って飛び上がりました。
ふなき 2008/08/13(Wed)07:51:49 編集
無題
最近、鎌倉でもSUPが増えてきてます。
自分も波のない日は、漕いでます。
ダサい方向への進化は避けたいものです。

SUPは、波にのらなくてもそれなりに楽しいですし・・・。

ショートでも、ロングでもみんなで楽しくサーフィンしたいですね。
さぶちゃん 2008/08/13(Wed)09:43:58 編集
無題
パドリングのスタイルですかぁ・・・
今まで意識してませんでした!!
今後はパドリングにも意識してやってみます!
アドバイスありがとうございます!!
Toshi 2008/08/13(Wed)14:31:28 編集
新しく楽しいサーフィング
本当に楽しくサーフしたいです。
いくつか案があるので今度提案しますね。
ふなき 2008/08/14(Thu)11:18:53 編集
スタイル
腕の出し方が重要です。

クロール系で漕いでいるとき、

そしてパドリングの際に左右に(揺れ)ぶれていると間違いなく、上手く乗れないと判断されて前から乗られます。

これは注意していると直せるので、なおかつこの技術は一生ものなのでぜひです!
ふなき 2008/08/14(Thu)11:22:28 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ