忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[649] [648] [647] [646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発売前から気になっていたAVISOの新作ボードがあった。



それはDVSのツインフィン、ラスタビッチモデル

5'10"x 19-3/4"x 2-1/4" TWIN FIN



それをオーダーしていて、今回のカリフォルニア滞在中に自分の番となり、ピックアップしてきた。

結果的に3本購入し、かなりの散財をしてしまったので胃がキリリと痛む。

家に着き、ガレージで逆真会本部道場の門下生の抱井暖くんと梱包を解く、箱の中の過剰梱包の中から出てきたのがこのボードだった。



同梱してきたピストル4+(6'6"x18"-2-3/16")と2ショット。
もう一本バットフィッシュが入っていたが、この時点では梱包は解いていなかったようだ。

生まれてはじめて見るAVISOボードに暖くんは目を輝かせている。



一見レトロ風だがよく見るとデッキコンケイブ、ボトム形状、全てがモダンだ。

ゆるやかにふくらんだビッグスワロウテイル、そのなめらかなカーブを暖くんは、いとおしむように触っている。



ふとひらめいたのが、千葉公平さんは曲線の魔術師なので、フォーカラットでこんなレトロのふりをした高精度ボードを削ってもらおうということ。

公平さんなら、ものすごい豊かなボードを創造してくれるであろう。

なので連絡してみますね。

ブラックプロフィニッシュなので、カーボンファイバーが透けている。

触ってみると、カーボンの密度が細かく、それを凝視していたら魔界に墜ちていくトンネルを人類が製作すると内側はこうなっているのかも、という幻想がちらついた。

ちなみにこのカーボンファイバーは飛行機の機体、翼で使われるものと同様の最高品質のカーボンファイバーなのだそうです。

「ボーイングAVISO」という言葉が立ち昇ってきた。

カーボンファイバーから目線を離し、アウトラインを眺めていると、創造は無限にひろがりはじめた。

これがAVISO社のコンセプトボードの特徴で、ファイヤーフライが発売された時と同じく、「欲しい欲しい、これであの波に乗りたい。あんなこともこんなこともしてみたい」と焦ってしまう。

で、「このボードはもう俺のものなのだ」と実感すると、うれしくなり、ガレージ内を走り出したくなる衝動にかられた。

細かな仕様、デザインをチェックしていくと、このDVSというシェイパーはコールと一緒で革新的な創造をしているのだなあ、とわかった。
オーストラリア人には珍しいタイプなのではあるまいか。

そしてフィンケースを見ると、またユニークなフィンがバンドルされていて、まるで戦闘機の尾翼のよう。

スリットもテイル側にざくりと切れ込み、「いなせで粋だねえ」と江戸弁になるのを暖くんの手前こらえた。(言っても良かったかも)

フィンを取り付けてからボードをもう一度両手で持ってみると、胸がずきりと高鳴る。

究極の最新の究極素材が、こんなユニークなレトロ系のアウトラインを表現している。

ある意味ミスマッチで、そして渋い。

「ラスタはこれでバックドアを攻めたんだろうね」と俺が言うと、

「ラスタなら軽く乗るでしょうね。すごいなあ」と暖くんが返す。

早く朝にならないかなあ。

そして翌日、夜明け1時間前の便で、暖くんは現実にーー日本に戻って行った。


↑いい波にたくさん乗ってお腹いっぱいの暖くん。

送迎後、このボードをサビタに積み、現実味が沸かぬようなボードで乗る波を求めて、妻智英子と西行きのハイウエイに乗った。

あいにく北うねりがほぼフラットなので、トレードウインドの風波を受ける闘牛ポイントへ。

途中虹がすごく、どこまでいっても虹だらけだった。



ディック・ブルーワー先生がはじめてオープンしたサーフショップがある街ハナペペ。

今はそのショップも人の手に渡り、リペア店と化していて、街全体が「廃れた感」がある。

このすたれた街が好きなので、盛栄の六本木ヒルズも表参道ヒルズもいつかは廃れて欲しいと思っているのは俺だけではあるまい。

それを見届けるまで生きていたい。



ウエットの中に入れて暖めておいたワックスを闘牛ポイントの浜で塗る。

やはりこの新しいボードにワックスを塗る瞬間は期待と興奮で身がよじれるようだ。

俺はワックスがビーズ状になるまでテイルからノーズまでびっしりと塗る。
これは昔トム・カレンが言っていたことを実践しているだけなのだ。



俺世代にとってトム・カレンは伝説でもなんでもなく、部原や新島で優雅で感動的なサーフィングを見せてくださった大先生なのです。

余談ですが、AVISOの質問に多いのが、

「ワックスが溶けませんか?」

俺も最初はそう思いました。

この強烈な日差しのハワイでも溶けたことがありません。
(デッキ面に陽を当てていれば溶けますが)

普通に波乗りする分には全く問題はありません、と断言します。
ちなみに俺はボードケースですら使用していませんから。

なおかつカーボンは非常に強いのですが、弾力に富んでいるので、暖くんと俺が頭付きをしてもボヨン、ドヨンと全く痛くありませんでした。これも特筆事項ですね。


話は闘牛に戻り、
冬の、透き通った海の上をパドリングアウト。



パドルが速い。

ノーズからテイルまでその浮力を最大限に生かした推進力。
これは体重62kgの俺にとってはもはや魔法だ。

リーフが露出するほど干いたリーフの上をよれた膝波がやってくる。
もちろん楽々テイクオフ。

波が小さいので必然的に前足加重となるが、それでもボードは軽く切れる(レイルの切り返しのこと)。

2回目のターンで、波が少し盛り上がったので、テイル左側を踏み込みボトムターンをすると、グイーンと切れ込んでトップに駈けた。

トップで今度は右テイルを押し込むようにしてボトム側に落とすとジュワッってしぶきの音を出した。

気持ちいい。

先ほどの虹はまだしっかりと架かっている。

「持久力がすごい虹だ」

と褒め称える。

このボードは「透明な切れ」があり、乗っていて自分がどんどんスタイリッシュになるのがわかる。

突然思いついたのがディーゼル、リプレイに代表されるイタリア製カジュアル服で、これらを着て鏡に映した自分が急にスタイリッシュに見えたことを思い出した。

そのあれに似ているな、と波ターンをかけながら感じた。

「イタリアンなサーフボード」

そんなキャッチコピーが浮かび、今回はひさしぶりに高い買い物をし、ボードを買うには精神力が必要だと、機内で考えていた。

だが、新しいサーフボードを欲しくなくなってしまったら俺の人生も終わりだなあ、と切り返した。

がんばって働こうっと!

原始時代に生きていないのだから、欲しい物があるのが人生で、これがなくなってしまったら生きている価値がないや、と自分をゆったりと着地させた。

表参道ヒルズも悪くないか。

帰り路、ハナペペからワイメア渓谷の山を振り返ると、先ほどの大きな虹のかけらがまだ山の稜線付近に残っていた。

おしまい。



(おまけ)
44年前のワイキキクイーンズでのパイポサーフィン。

もっと言うと、『ブラックダイヤモンド0』と言えるデザインですね。

PAIPO Boarding 1963, Val Ching


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
桃?
すごいですねぇ〜ビッグスワロウ、たしかに撫でまわしたくなります。いまスーパーボールみてて疲れました。
いい試合だったなぁ〜
kazu 2008/02/04(Mon)12:52:10 編集
の、先
日本で外回りの営業をしている私は、時折見る感動的な夕日や雲で黄昏の彼方に吹っ飛ばされているのですが、
ふなきさんの、特にカウアイでの写真を見る度に沸き上がるのは、感動と同時に
『此処に行けば俺の胸中は何処へ行くんだ』ということです。
いつも強烈なアートを有難うございます。

ラスタビッチめちゃくちゃかっこいいですね!!
黒いワックスって世にあるんですか?私はAVISOFFをゲットして山盛りそれを塗りたいです★
しゅうまぃ 2008/02/04(Mon)13:11:44 編集
DVS
やはりAVISO DVS美しいですね。
5'10 というサイズは如何でしたでしょうか?
手にする為に、がんばって働きます!
shin 2008/02/04(Mon)14:49:34 編集
miyako
kazuさん、
あれ?
私は録画のWBCキューバ対日本を見ていました。
いい試合でした。

しゅうまぃさん、
ここに来て胸を破裂してください。
こちらこそうれしい感想をありがとうございます。
今夜は眠れません。(本当です)
黒いワックスはありませんが、AVISOFFをゲットしてうなぎパイで乾杯してください。
ふなき 2008/02/04(Mon)15:07:54 編集
size
shinさん、
私には少し大きいものの、最高でした。
ツインならではの許容範囲ですね。
ふなき 2008/02/04(Mon)15:08:53 編集
無題
船木さんのDVSレトロフィッシング 動画にしてください! ぜひ
good cal- 2008/02/04(Mon)16:42:35 編集
かっこいい
ふなきさま
初めて書き込みさせてもらいます。

このモデル物凄く格好良いのですが、
グロスフィニッシュでも夏場のワックスは
溶けないでしょうか?

グロスフィニッシュの方がツルツルしているという事で気になっています。
たろー 2008/02/04(Mon)17:30:37 編集
BD0
PAIPOサーフィン、凄いですね〜。
感動しました。
しかも、”後ろ向きライディング”シーンもありましたね!
AVISOのライディング動画、ぜひぜひ!!
Fg 2008/02/04(Mon)19:31:04 編集
緑と白と
それにしても、緑が美しいですね。
昨日雪の白さにやられたので、余計にそう思うのでしょうか?
同じ地球上で今この瞬間でもこうも違うのだな、と
様々な表情をもつこの星にいられる事に、感謝!
ピノコ 2008/02/04(Mon)23:33:06 編集
こんばんは。

陸の上でもカッコいいサーフボード・・・
もはや芸術ですね。
フィンのデザインは、私もF-14の垂直尾翼を思い出しました。ジョリーロジャースだっ!!
てつ 2008/02/05(Tue)00:07:25 編集
NO PROBLEM
good cal-さん、
動画了解です。
波が出るかなあ。

たろーさん、
私はジェフ・ジョンストンの6'2"もグロスフィニッシュで持ってますが、何も問題ありません。
溶けるとしたら摂氏40度以上、温泉温度海だと思います。
ふなき 2008/02/05(Tue)07:19:15 編集
size
なるほど〜。5'10 は僕にも大きそうですが、試乗してみた方が良さそうですね。
どちらにしろがんばって働きます!
shin 2008/02/05(Tue)11:33:03 編集
DVS
shinさん、
試乗ぜひです。
とっても楽しいボードなんです。
ふなき 2008/02/06(Wed)10:01:44 編集
お問合わせ・ご注文
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ