忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝6時発の電車で、羽田空港に向かいました。



この時間ならガラガラだと思ったのですが、品川を超えるまで座ることができず、しかしこの車いす用のスペースを見つけ、そこにボードはすっぽりと収まりました。



今回は電車移動なので、BD3 5'0"のみです。

乗客も「これは何?」とか。

「君は雪山に行くような格好をしているが、海に行くんだよね」

と話しかけられ、いつもの殺伐とした電車内とは違う雰囲気でした。

品川を超えると、空港に向かうカップル、家族連れが増えて、旅行気分の人と仕事に向かう人が混在するサイドの違いを衣類から感じました。

仕事の人=地味な服装

旅行の人=明るい服装

ですね。

エスカレーターを乗り継ぎ、出発カウンターまで昇りチェックインし、荷物を預けトイレにかけこむ。
独り旅だとトイレが困りますね。

ゲート88から奄美大島に向けて無事に飛び立ちました。



途中の富士山の美しかったこと。
初日の出ならぬ、初富士山でした。



たまっていたメール、原稿仕事を機内で済ませ、読みたかったビッグコミック・オリジナル、週刊朝日、アエラ、釣り丸を交互に開く至福。

週刊朝日では「あの三億円事件の検証」がされていて、当時知らなかった事実に驚いていると、機は奄美上空までやってきました。



「グリーンヒル王子」緑義人さんに迎えてもらい、到着すると腰程度のこんな波がありました。



いざいざ、とワンラウンドをこなし、温かな水温と地元サーファーのやさしさにうっとりしました。

みんな「こんちはー」と入ってきて、和やかです。
どの海もこうなればいいのになあ。

前回嫌な思いをした人はいないなあ、彼だったらはこんな時もガツガツ波に乗っていくのだろうな。

奄美チャンピオンの緑くんもやってきて、ラインナップはより和やかになりました。

水温は何度だろう?

タッパ+トランクスでやっていた人が2人、ショートアームフル(日本だとシーガル)が3人、ロングアームスプリングが2人、俺は2ミリフルがそのチョイスなのでそれでやりました。

「こんにちは〜!」の声で振り向くと、そこには仙台の越後将平さんがにっこにこで現れました。

彼も今日、大阪便でやってきたそうで、そんな偶然にびっくり。

「Avisoに乗せてください」というので、どーぞどーぞとお渡ししました。



グリーンヒルのテラスから一枚彼の写真を撮りました。
電線が気になり、突然「電線音頭」のメロディを思い出した。(笑)



BD3は大絶賛で、なんと緑くんも乗ったそうです。
回転性、直進性、速度、そしてなんといっても将平さんのこの言葉「波に乗る愉しさがありますね」が全てを物語っています。

仙台でぜひ!乗ってください。
と夕食の席から浮くように部屋に戻り、気絶するように寝てしまいました。

今夜が明けてきました。
今日の波はどうだろう?

グリーンヒル TEL&FAX0997-62-5180

(おまけというか追記)
バッティングセンターで左打席の写真を載せたら「グーフィーだったのですね」とか、「左打席での心得を教えて欲しい」、または

「左打席での目はどちらを使っていますか?」というメールが届きました。

両打ちでして、バランスを取るために両方打つようにしました。
投げるのが右で、それが多い日は左打席を多く。

投げないバッティングだけの日は両方打って、腰の負担を少なくしています。


PR
昨日の続きです。



波が出ました!
とシモーンさん、山岡さん、早川さん、そしてわんちゃんから連絡がありました。

「奄美大島に行くので、その支度もあるからNGです」

と伝えたのですが、緑くんに「今日から小さいです」ということを聞き、それなら房総のダブル波に乗りたい、とわんちゃん号で向かうことにしました。

昨日の銚子に引き続き、今日は房総半島の南端です。

千倉に到着すると、パッと見はいいのだが、よく見るとあんまりなコンディション。

途中、セブンイレブンで買ったお弁当タイム。
ノアが食べている味噌ラーメンがかなりの絶品で、街道沿いのラーメン屋さんは覚悟しなくてはならないほどの味でした。



で、和田に移動するとなかなかの波で、ここで入水することになりました。



波が大きすぎるのか、どこもかしこも無人無人で、本日日曜日、サーファーなどはいないんじゃないかな?

と思い、入水前に波の確認をする。

まずは前日より先発していた早川さん:
「うーん、よくない、でも帰らなくてはならないから鴨川で入りました」とのお答え。

最近Avisoに目覚めた高校生サーファーのイチゴちゃんに「波見た?」と電話すると、「鴨川はダンパーであんまりよくありません、混んでいます」

と、川井幹雄さんは勝浦の石井商店前の岩棚に行くが、プロサーファーたちの撮影中だったそうで、「うーん、混んでた」というお答え。

同じく朝一番で同じ「石井商店岩棚」でサーフした山岡さんも「いい波、でも混みすぎでした」と言う。

それなら逆真会門弟平安その二会員の俺とわんちゃんはやっぱりここでいいや、と再び、今度は確かに決定しました。

BDだらけのワンちゃん号。



今日は蔵フィンをBD3大に装着。



「暖かいです、ブーツなんかいらないです」という隣にいたグッドサーファーの言葉を信じて5ミリ3ミリだけで入ることにしました。



パドルアウトすると、以前はなかったリーフにびっくり。
インサイドはガリガリで、これは危険だと闘牛で鍛えたウミガメ風パドルでそこを乗り切る。

水は温かい、ノーブーツで大正解。

BD3大はやっぱりパドルが速いなあ、連続ダックダイブでガンガンと進む。

インサイドにある関所を潜り、一瞬の隙をついて沖に出ることができました。
もう安心だと、そのまま北側にあるリーフのピークに。

北東うねりの大きいセットだと、ここで一度ブレイクして、そのままインサイドまで入っていける「水深ありのウエッジ波」でして、テイクオフはボトムがまっくらになるまで掘れ上がり、それでも滑り出さないけど、しっかりとパドルを続けていくと、「スッター」と滑り始めます。

ブレイクするとわかるけど、波のトップしか崩れないので、BD3大、またはロング系でないとここからのテイクオフはむずかしいでしょうね。

ツインスタビの蔵フィンの効果はばっちりで、テイクオフの安定性、そしてスケーティングとスープでの確かさの3つを感じました。

ただ、今回デッキパッドを貼らずに、そしてワックスアップもそこそこに乗ったのですが、ワックスが滑りました。

水が冷たいせいもあるんだけど、特にファーストセッションではもっともっとワックスを塗らないと、、裸足だとやたら後ろ足が滑りました。

スタンスの位置が滑るのでステップバックしても滑る、前に出しても滑るという悲しき事実。

しょうがないので長いセット待ちの時にノーズからワックスをツメで剥がし、スタンスのところに移植する作業を続け、なんとか復活させました。

ベースコートで乗れるくらいしっかりとワックスを塗り、それから季節に合わせたフォーミュラを盛り上げないと、と自分の今後のために書いておきます。

でも楽しく、バックサイドオンリーでこの2009年初乗りセッションを終えました。

上がってくると、駐車場でカップルサーファーがこのボードを見て「ひそひそ」していたので、なんだかうれしくなりました。



金谷方面の国道を抜け、山道を走っていく。

コンビニなどなかった時代、菓子パン、さきイカ、コーラを買ってフェリー乗り場まで急いだ酒屋さんも健在で、その佇まいを見て昔を思い出しました。

段々畑に暮れていく夕陽を見ながらしみじみとする。

少しすると突然に高速道路入り口道路が現れて驚きました。

都会からの道路はここまで伸びたんだ、とその便利さを知り、タイムスリップをしました。

こういうのって地元の人はどう思うのかなあ、と少し考えたけど便利になるのは良し悪しがあるので、それなりの良さと、それなりの悪を持ってきた高速道路をワンちゃん号は人口1276万人という東京に向けてひた走る。



東京湾に沈むトンネルに突入。
全長が9.6kmという海底トンネルには俺もビックリ。



あっという間に東京到着。



わんちゃん、お疲れさまでした。
連れて行ってくれてありがとうございました。

(おまけ)
銀座のフォトイベントにて、アップルのイベント担当の木谷さん(美人!)が会場風景の写真を送ってきてくれました。



NAKISURFイベント担当のかおりん、リリーさん、そしてフーミンという美女3人組に囲まれたのは松風王子のU-SKEさん。



ドドゲスピーチの際には記者会見のようなカメラの列が!



四国の麗翠せんせが、人文字でNAKISURFと作ってくれました。
セルフポートレイトですね。

これはすごいや。
さすがです。



最近俺ブームの雪見だいふく。
こたつの上に放置し、中身のアイスが溶けた頃食べています。



それでは羽田に向かいます。
次のブログは奄美大島からです。

みなさんも良い一日を!


房総に行くと書きましたが、まずは色々たまっている画像とトピックスを少しここで紹介させていただきますね。



初詣には人手が多すぎて、近づくだけでまだ境内まで行けていません。



先日お伝えした雪見だいふくミニの写真と、学食でお世話になったピクニック。

もう絶版なのでしょうか?



お味と食環境がすばらしかったぶり大根さま。



とおる号でドライブ中です。



コカコーラのスペシャルボトル。
丸山さんありがとうございます!



30日の夜、ドドゲさん宅を訪問しました。
番地が「にっこにこ」となっているのを発見!
やはりすごい人だ、



車庫には名車スターレットが!



KISSの名曲LOVE GUNに合わせてドラムを叩くが、人生甘くないことを知った夜です。



スターレットで出発!

「キャブが調子悪いんだよね〜」と言いながらすばらしいドライビングでした。



目的のバッティングセンター到着!



清原ばりのスイングで、まわりにいた高校球児をけちらした「三浦さんの21球」がこれです。



俺の初打席は「ジャイアンツの上原」で、なんと最終球で見事にホームラン!(本当です)



2000円だったかな?
ホームラン打者特待無料券をいただくために用紙に記入すると、本日初めてのホームラン打者と知り、誇らしくなりました。



今でもあの弾道を覚えています。
ピッチャー上原、最後の第21球を投げた、船木打った!キン、打球は一直線にHRの円形の的のど真ん中に!

ジリリリリ〜、と音が鳴っています!

すばらしき2008年の暮れの一発でした。

食事に行こう、とD先輩いきつけのパスタ屋さんに向かいました。

車内で、

「お前の勘違いがまた始まったよな〜ボールまで勘違いしているんだから参るぜ、ほんと。それにしてもあの鬼オヤジにはみんなびびって話できねえつーのに、あのオヤジまで巻き込んで仲良くしちゃうんだからいい性格してるでしょ〜」

とオホメの言葉をいただきました。(笑)



絶食中だった俺はここで軽くパスタをいただきました。

それにしてもD先輩の食べる量には驚きました。
ピザを前菜にパスタ、さらに魚料理。
〆はデザート三種盛りを一気に。
さすがです。



ドドゲな夜は更けまくりました。



一夜明け、隅田川沿いの



フリーステイを発見しました。

暖かで、みなさん和やかでした。
こんな日は気持ちがやさしくなりますね。



「なみある?」は浅野さんにいただいたシャルドネとピノ。
これから開けますね。
ありがとうございます。



お正月明けのゴミ収集。
量がものすごいです。
絢爛なのもトーキョー、このゴミも同様にトーキョーですね。



で、それから房総に。



井戸の前で待ち合わせして、「しゅうかく」に出発!



根本のおじさんおばさんの畑に連れて行っていただきました。



大根とニンジン、赤カブとブロッコリー。



そして、里芋、長ネギ、短い大根を「しゅうかく」しました。



子供たちの笑顔が忘れられません。
やっぱりTVゲームではこんな笑顔にならないよな。



根本さん、ありがとうございました!



さらに根本さん宅では、おでんをごちそうになり、



そして今採れたばかりの赤カブ、



ブロッコリー、



ニンジンをいただきました。



で、「ん、まちがいなく千葉県で一番だね」と元小泉総理に認定されたパティシエかっちゃんのショートケーキとチーズケーキに悶絶。



本当においしく、それはどのくらいかと言いますと、生クリームが苦手なアニーまでもが3つも食べてしまい、これには俺もびっくり。

ダイエット中なのですが、少し食べると止まらなくなるほどのお味で、作り方を聞くのだが、いたって普通なのです。

不思議なシンプルケーキです。

かっちゃん、ありがとう!

カイラの小石オブジェ。

「SMILE 2009」
今年の銘ですね。



根本さんのご近所、銚子支部長ののぐどんこと野口さんが遊びに来てくれました。



このジャケットいいなあ。
佳き時代をそのまま引き継いでいますね。



波は「ハワイアン」がこの通り!
北東うねりがパンピングしてます。



夏休みに毎日サーフした「君ヶ浜」もこの通り。
けれど、人口リーフが投入されてしまい、危険なためサーフ不可能という結果となった悲劇のブレイクです。

昔はあれほど誇らしかった三角岩も今では哀しくも見えます。



(明日に続きます)


初夢を見ました!

それは「自転車に乗って海沿いを旅をする夢」で、それはどんな意味があるのかな?
と考えた瞬間に夢のディテイルが全て消え去りました。

でも夢が見られて良かった。

さて、マックブックが凍り付いているような船木@大江戸です。

現在の時刻は555のぞろ目、気温は4℃を指しています。

これから房総半島の先端に向かうのですが、波はどうでしょうか?
のぐどん、かっちゃん、根本さん待ってて下さい。

↓これは鴨川に向かった日のなみある?波情報。



先日書ききれなかったBD3高浮力版の試乗レポートを掲載します。



千葉の東浪見横で初ワックスアップ。
あまりの寒さにベースコートが石みたいでした。

これは勇人さんのスケルトンフィッシュ。
届いたばかりだそうです。



こちらも新品、そしてわんちゃんこと高林さんのBD3-大も新品で、BD3-小に乗るオノゲ君を除く3人がニューボードとなりました。



このBD3-大ボード(塗装不良)は1月11日にオープンするnakisurf裏原宿店においておきますので、お近くの方はどうぞご覧になってください。

冷水、そしてこれから日没を控え、さらには駐車場から10分程度の距離ということを計算し、5/3mmのアノラック(メーカーは違いますが、同じ製造工場なのです)、ブーツ&グローブ、そしてキャップという完全装備。

このキャップが鍵で、暖かなサーフィングのための必携品。
耳とクビが冷えないので寒冷地のみなさんにもお奨めします。



BD3-大は幅がありすぎて手が届かないが、ロングのように肘と掌で押さえる式で持ち歩く。



でも短く軽いので、フリー&イージーです。

そうだ、フィンはツインスタビの蔵フィンを忘れたので、コンポジットのサイドだけを装着しました。

初の試みだけどどうかなあ?



堤防からエントリー。
オノゲ君の一本目。



すばらしいターンです。

ロングのような浮力の俺もタルイ波を楽々テイクオフ。



体重59kgの俺が乗るとかなり浮きます。
どの位浮くのかと言いますと、波待ちで腰骨が海面よりも上がっています。

なので、冷え知らず、下手をすると50kg程度の人ならばSUP(スタンドアップパドルボード)にも使えそうです。

ノースハワイで鍛えた逆真流ライドも披露。
まるでロングのような安定感です。



勇人さんは、スケルトンフィッシュでものすごいターンを披露。



こんな柔らかな斜面に高速で食い込むボード。



ファーストターンの加速がすごく、それを全てここで吐き出しています。



マーティン・ポッターかジョエル・パーキンソンばりの玄人ターンにギャラリーは沸騰しました。

さすが勇人さん、ものすごいターンを見せてくれました。
すばらしい!と堤防の上から感動。



また堤防から入り、次もゆるやかターン。

どうやらコンポジット2枚だけだと、ドライブが全くなく、ターンの切れ込みも悪いのでこんなゆるやかターンになってしまうのですね。

でも斜面があれば、波がブレイクしていなくても岸まで乗っていけるのはすごい。
まるでフィッシュのような回転性を持ったロングボードです。
とまた同じことを書いてしまう。

池田潤ちゃんが乗ったらどうなるのだろう?



反省するが、バックフィンは10分向こうの車の中なので、なだめながらサーフする。

でもこのルースと不安定さも新鮮で楽しいです。
それにしてもこのBD3-大は良く浮いて早く、軽い。

例えるのなら「4駆車が超軽量になり、そして二輪のハンドリング性能」というほどです。
これでフィンがきちんと付いたらどうなるのだろう?

勇人さんのラディカルスラッシュ。



レイルから「ズワッ!」とすごい音が聞こえてきました。

「スケルトン最高ですね〜」とかっこいい声は勇人さん。

そろそろ日没です。
オノゲ君終了。



俺も終了。



BD3-大の試乗レポートフィンセッティング不良で簡単なのですが、このように終わります。

ですが、昨日蔵フィンを見つけましたので、本日ベストセッティングで試してみますのでお待ち下さい。

上がってくると、子供たちチームは貝を集めていた。
大空の凍える空の下、こんなナチュラルな遊びが一番ですよね。



テッド阿出川潤さんにいただいたテッドさんの若き頃に撮影したムービー『サーフィングライフ』。
(なんと16mmフィルム!)

早く拝見したいです!



昨日は元日、おせちの日。
世界に誇るすばらしい食文化が凝縮されていました。

ノースハワイでこのブログを毎日読んでいるというフレちゃんがビックリしているに違いない。(笑)



西行せんせの『山家集』から世に出た初夢は、昨日の夜、そして今夜に見る夢だそうで、昨夜は疲れすぎて夢も見ずに起きてしまった。

今夜はいい夢見られるかな?

「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」

というのを自分向けにアレンジメントし、

『一波、二鷹(ツーヘッドイーグルだ!)、三旅(語感から「さんたび」としちゃいました)』

こんな初夢が見られますように。

みなさんの初夢はいかがでしたか?



スイートもおいしいですね。



さて、ここで大きなお知らせです!

大晦日に「ある物件」を見てきました。

ただいま改装中で、この日は吹きつけ工事が行われていました。



ここに原宿SOLの新店ができるのですが、NAKISURFも合同でショールームをオープンします!

場所は裏原宿で、ビームス本店加藤さん、クロムハーツ、ユナイテッドアロウズの裏となります。(だから裏なのか?)



これからオープンする『NAKISURFショールーム』をどうぞよろしくお願いします。

ご近所となりますハーレーCUTSさん、白谷さん、くぼさん、けんちゃん、WAKA JAHさん、よろしくおねがいします。

工事が滞りなく進みますと、今年最初のぞろ目であります111の1月11日がレセプションパーティで、そして12日からオープンします。

こちらの業務内容は

1. AVISO製品の展示

2. ファイヤーブレードなどの新モデル展示

3. 試作品の展示

4. 東京近郊の方の商品直接受領所

5. ショールーム特別商品の販売

6. nakiphoto printsの販売

7. MIL SOLヘッドクオーター

を予定しております。

裏原宿に完成します、NAKISURFショールームをどうぞよろしくおねがいします。(お辞儀)

(おまけ)
スポーツ新聞を開きますと、『金本、新井が広島市内で元旦始動』等の記事が踊っています。

私たちも元旦始動すべく、なみある?の波情報を利用してスタンバイしていたのですが、関東近郊はあんまりな状況でした。

そこで、「とにかく体を動かしたい」ということになり、『逗子ゴールデンレッドソックス』のきんちゃん、そして『神奈中バス野球愛好会』のけんじさんが六号線沿いの荒川河川敷に集合しました。



俺とノアのいとこの「ひなたくん11さい」と、ノアが合流しました。

きんちゃんは「ここはキャプテンの谷口くん(墨谷二中)の練習していた場所かもなあ」と感慨深げです。

甲子園出場捕手であるけんじくんも「お正月だからみごとにだれもいませんね」と八面ある野球グラウンドを見渡してにっこにこでした。

ノアとひなたくんは、「ここはドラベーシュ(ドラベース)の荒川かせんじきの荒川ホワイターズの場所だぁ!」

とそれぞれ喜んで、「満月大根斬り」やビッグパピの赤い鉄塔に当てHR、そしてゲイラカイトを貫通して橋にぶち当てるというスーパーショットの数々に酔いしれ、ぽっかぽかで元日を過ごしました。



↑王長嶋ばりのポーズのひなたくんとノア。

↓俺は「楽天を意識しているの?」というアメアパジャージに本物スパイク(けんじさん所有)



そのけんじさんの車には「nakisurf」のステッカーがありました。

「ありがたいです」と、ミニストップでベルギーチョコソフトをごちそうさせていただきました。



きんちゃん、けんじさん、ありがとうございました。

一晩経って、筋肉痛でひどい目に遭っています。

肩はあがらないし、右手の握力が10%程度に低下しています。
左右脇腹痛に膝も痛い。。。

でも、ノアとひなたくんが「今日はやきゅう行かないの?」と聞いています。(笑)

子供はすごいなあ。
あけましておめでとうございます。

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。
旧年中はいろいろとお世話になり、誠にありがとうございました。

当社もみなさまのお陰をもちまして、朝陽の新春を迎えることができました。
これを機にNAKISURFコム・スタッフ一同、気を引き締めて、みなさまのご愛顧にお応えいたすよう努力いたしたいと存じます。
今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。
みなさまの益々のご健勝をお祈り申し上げます。



↑これはハート波


お正月です。
元日です。
アメリカに越して14年、その前もこの時期はノースショア、カリフォルニアに滞在していたので、かなりひさしぶりの元旦@日本です。

紅白歌合戦はもちろんのこと、N響の第九をレナード・スラットキン指揮で聴きました。

紅白に「エンヤ」が生出演したのには驚きました。
2曲も歌って...、しかし口パクだったような。
でも彼女からのメッセージは伝わったと思います。
天下の紅白、しかも神の使いとされているEnyaの歌が大晦日にお茶の間に流れたのは喜ばしきことです。

大橋のぞみの「ポニョ」も聴けたし、北島丸も生で見られて◎でした。
とカウントダウンを待たずに寝てしまいました。

波に乗りに行きたく、きんちゃんに電話したりしましたが、湘南は膝程度まで下がってしまい断念。
体を動かしたいので、野球の練習でもしてトレーニングしてみます。


今年乗ることになるまだ見ぬ波へ、

期待と希望を込めて、それぞれに名前をつけてみました。

大波
小波
強波
柔波
暖波
冷波
翼波
愛波
悠波
偉波
初波
朝波
誕波
還波
感波
贈波
虹波
赤波
青波
春波
幸波
情波
晴波
桃波
梅波
夕波
運波
七波
歌波
神波
謡波
祝波
恋波
丑波
笑波
陽波
知波
美波
香波
命波
逢波
魅波
来波
生波
嬉波
文波
喜波
母波
父波
幼波
宴波
想波
伝波
輪波
富波
翔波
力波
真波
賞波
凜波
摂波
輝波
姫波
正波
羽波
心波
瞬波
結波
芽波
生波
健波
歩波
咲波
音波
空波
琥波
和波
彩波
希波
友波
桜波
勝波
省波
勇波
忍波
夢波
信波
優波
鏡波
適波
募波
契波
言波
進波
流波
情波
受波
幻波
清波

と、ずらずらと色々な波が出てきました。
この後はみなさんが加えてくださいね。

佳き、すばらしき年にしましょう!

2009年1月1日 船木三秀
(お知らせ)
「今日書きます」とお知らせした『勇人さん、オノゲ君、ワンちゃんとのBD3試乗セッション@千葉北』は現在タイムアップのため後ほどアップいたします。
少々お待ち下さい。
------------------------------------------

こんにちは、船木@江戸前です。

今朝の東京の気温が2℃、そして北風がぴゅー。
これじゃ寒いわけです。

師走だぁ〜、忙しいってやっていたらついに大晦日となりました。

波が少し湘南と千葉であるみたいですが、大江戸で買い物と、ひさしぶりにのんびりしようと思っています。

2008年は好きな数字2、8の年でした。
そのせいか充実したいろんなことが詰まった1年だと感じています。

NAKISURFコムもおかげさまで順調です。
これもこうして来て下さるみなさまのサポートがあってのものなのです。

簡単ではございますが、みなさまに深い御礼をここで。(ペコリ)

来年は2009年です。
とすると、少年の頃、2010年という年号は未来の西暦でした。
その年まであと一年というSFチックな数字になってきました。

最近の新聞を開くと、

* 中国経済減速

* ガザ空爆

* 839億円の米軍再編経費

* ソマリア海賊対策

* 失職者急増

* インドで同時テロ

* 迷走、定額給付金

* 米国発の金融危機

* 空幕長更迭

* (株価の年間下落率は戦後最大の42%という)金融危機

* 解散、総選挙の行方

* 新銀行東京

* チベット問題

* 景気悪化

* 北朝鮮核・拉致問題

という渋りきった問題で埋め尽くされています。

しかしながら、先人たちの強き明るい言葉を拝借しますと、

* 表裏一体

* 涙のあとには虹も出る (水戸黄門主題歌)

* 世界には苦しみがあふれているが、 苦しみを克服した人たちも同じくらいたくさんいる — ヘレン・ケラー —

* 未来に向き合うにはふたつの方法がある。ひとつは心配、もうひとつは期待だ — ジム・ローン —

* 人生を喜び楽しめ ー ヘンリー・ヴァン・ダイク ー

* 美しい唇であるためには美しい言葉を使いましょう。美しい瞳であるためには他人の美点を探しましょう ー オードリー・ヘップバーン ー

* わたしは風が自由に吹き渡り、太陽の光を遮るものがない草原で生まれた。囲いなどというものはどこにも存在しなかった ー ジェロニモ ー

* 魂の永遠の自由は愛の中に ー タゴール ー

とあり、2009年は自分にできる精一杯のことを、そしてさらなる夢に向かって突き進もうと決意しました。

みなさまもどうぞ佳い年をお迎えください!

重ねますが、いつもお越しいただきありがとうございます!





このみちをけんめいにすすむ 波のつよきも

2008年にさようなら、まだ見ぬ2009年に夢馳せて

船木三秀
お問合わせ・ご注文
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ