忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



南島で朝夕満潮時にサーフしています。

波は腰〜頭程度です。
少しでも潮が少なくなると、とんでもないほど水の段ができたりする島系のブレイク景です。

で、福岡回想編ー2を少し書いてみますね。

「TVカードは買ったか?」がツアーメンバーたちの合い言葉だったホテルの有料チャンネル。



日本の企画物が秀逸なのだそうで、「ジャパン・スキデス〜」とは誰が言ったかは忘れてしまった。

ドノヴァンから「ありがとう」とプレゼントされたシャンパンを最終日の朝にラッパ飲みした俺。

すっと取っておいたんだけど、飛行機の移動前に胃袋に収めました。



大名でのお買い物で見つけたジャケット。

DF大先生はよくお似合いでした。



ホテルの廊下でよく遊んだヘンドリックスとオジー小先生たち。
仲良し兄弟です。



福岡で出会ったドノヴァンとNAKISURF愛好者の千葉さん(りかさん、ありがとうございました!)にお会いしました。

千葉さん、いつもありがとうございます!



みやちゃんに美香ちゃんで両手に花のD大先生。



福岡唯一のトッププロ酒井さん。
イタリアンなスタイルのCool Guyです。



福岡D大先生御用達D'sのスタッフのゆかりちゃんと、バーテンマスター。



ジャパニーズ・マッサージチェア・サイコーデス!

とはキーボード/トランペットのエリック。
音楽性はもちろん、やさしく、誠実な人柄が魅力です。



福岡出身のあやちゃんと俺。
ドライブスルーにも出演していたそうで、D大先生が「良く覚えているよ」と言っていました。

長身美人ですね。



SFJスタッフのMVPは間違いなくこのヒカリちゃん。
札幌からずっと福岡まで同行していました。

美女なのと、ネイティブな発音の英語でクルーから大人気でした。



最後は俺とD大先生とで一緒にカメラに収まってもらいました。



楽屋からホテルに戻るも、疲労のため終了お別れパーティには行けなかったD大先生。



けれど、いつものように朝6時から「フナキサ〜ン」と大騒ぎして起こされました。

ホテル併設のカフェはなぜか「コーヒー等は全てこちらで召し上がっていただいています!」というマニュアルを崩さない姿勢だった。

でも俺たちは部屋で飲みたいから近所のスターバックスまで出動し、カプチーノ、パンケーキ等を買い込んで帰ってきました。

メンバーだけで2万円は使ったので、あのカフェはマニュアルにこだわらなければ本日大きく売り上げアップしたのになあ。

と考えながら部屋での朝食タイム。



このホテルの部屋が異常に狭く、片付けできないのでヘンドリックス・サン(旧名ドロンパ)に手伝ってもらって廊下で荷支度をした俺。



で、突然この南島に戻ります。

ランチ等はコンビニエンスで済ませることが多く、それはこの豊富なおにぎり群に魅せられているからなのです。



奄美でもあった「ばくだん」という大きなオニギリに、揚げたての揚げ物にググッと食指が動きます。



これは九州上空ですね。
鹿児島あたりかな?

PR


那覇



を経由して南島までやってきました。



福岡、大名で購入した毛布ジャケットを接写。

これはドノヴァンが「ヘイ、This is so you!」と勧めてくれて、値段を見ると2万円が1980円。

店員さんに「何でこんなに安いのですか?」と聞くと、2年越しの売れ残りなんだそうで、「YES!」と即買いしちゃいました。

色も豊かで、暖かく幸せです。



大好きなマックスバリュー上空を経てランディング。



空港へはボス&キャプテン津村さんが来てくれていて、



そのまま嘉良くんに聞いた波情報で南島キンチャンズに行くと、低気圧通過中で波がパンピング。
3〜4フィートのものすごい波がありました。



2発すごいバレルに入り、一本はつぶされ、一本はバピュー!っと出てこられた。

2週間近くノーサーフだったから海に感動、波の圧倒感に畏怖し、俺はやっぱり音楽業界より波乗りライフだなあ、って実感しました。

波を分けてくれた嘉良くん&フレンズにありがとう&アロハ!

陽は暮れて、



津村さんと直美さん夫妻と食事に行き、おいしい食事とスペインとイタリアワインをいただきました。



これは美咲牛のカルパッチョ。
美味というよりデザートみたいに甘いお肉でした。



津村さん、ごちそうさまでした!

その後、大好きながんちゃんのお店『ハワイアングロットー』に行き、妖怪が棲むというヤマンバというブレイクで死にそうになり、その生死を分けたというキーボードとがんちゃん。



左から直美さん、園子さん、雪ちゃん、がんちゃんのハワイアングロットーチーム。



こちらは男性チーム。
後から来てくれた嘉良くんが抜けているけど、左からカジキ辻さん、キャプテン津村さん、スプラウト花城さん。



日付が変わり、そろそろ寝ますと失礼して街を歩くと、進学塾だらけだなあと目に付いた。

この島の子供(小学生)はこんな深夜(0時)まで勉強している事実と、それを出迎える親たち。

これは異常です。
子供は早く寝かせてあげてくださいね。

無理をして勉強をして、良い成績でいい学校に進学できたからといって良い人生にはならないと思うから。。。



おやすみなさい南島。

風が強いね。

(おまけ)
今頃オジーは飛行機に乗っている頃でしょうね。

I miss everything...



See you soon!


おいしい食事、すばらしい波、やさしい人たちのいる福岡。



U-SKEさん、「一蘭」は食べましたか?



摩天楼都市。



大名周辺で、D大先生と、オジーと俺で古着屋さんを回るお買い物。



いいワンピースを見つけたんだけど、「3万円じゃ高いからやめた」

と言う大先生に対して、この店員ちゃんは

「ドノバンさんだからマネジャーに言って割引してもらいました」

と店の外まで商品を持ってきていた。
値段を聞くと、たった24万円でいいという。

それを伝えると、大先生は「WHAT!?」と驚いていたが、このワンピースのプライスが3万円ではなく、実は30万円だったということに驚いてから納得する。。

「ヴィンテージだからですぅ」と言うのだが、日本のアンティークは高いなあ、とふたりで思いました。



黒人仕様のサンダース人形を見つけてご満悦のD&O先生コンビ。



買い物を終えて、D'sバーにて3人で乾杯。



大先生が来ることを知ったスタッフの人たちが結集していました。



街のどこでもサインを求められる大先生。



ランニング買い物編。



バタバタと荷支度をして、ロビーに降りていくとクルーたちが集結していた。



BD3をいたく気に入ったD大先生と旧名ドロンパ。



「欲しい欲しい」とドロンパ小先生。



雪が降ってきたのでみんなで記念撮影しようと外に出る。



オジーが雪を食べているシーン。
だけど雪が写っていませんね。



チェックイン。



クルーたちを乗せた機が成田に飛び、俺を乗せた機が那覇に向けて地を離れた後、福岡は吹雪になったという。

札幌といい、なんという強運のツアーだったんだろうか。



(回想ー1)
酒井さんのブレイク「ニュー・シュライン」に行き、喜んで飛び上がるD大先生。



「ロイヤルホスト」という大それた名前のレストランに行き、ロイヤルなホストとなったフランケンレイターさんたち。




満員御礼の福岡公演。
ここがジャパンツアーの最終地、最終公演です。

その最後の曲、アンコールの「Call me Papa」の演奏中に感極まって涙が出そうになってしまった。



今回のツアーで色々な人にお世話になりました。

同じメンバーで日本を廻ることはないんだろうなあ、って考えるとそれもまたさみしくなりました。

ありがとうありがとう。

そしてドノヴァン、おつかれさま〜。
いっぱいありがとう!



そして、来週の土曜日31日にアップルストア銀座で今回のツアーの模様をスライドショーにてお見せします。

まだ時間しか決まっていないのですが、4時スタートです。

前回見逃した方はぜひお越し下さい。

詳細は近日中に報告しますね。

終了後の安堵した楽屋。



札幌からずっと一緒に南下してきたSFJブース。
おなじみひかりちゃんも福岡まで来ました。

Save the Ocean!



昨夜は大雪の福岡で、でも札幌の時のように積もっていないから飛行機は飛びそうです。

と、クルーはこれから成田に向かいます。

そこからドノヴァンたちはノースハワイに戻り、クルーは本国に帰ります。



↑ジミTを着てくれているのは、今回お世話になったツアーコーディネイターのクリス栗澤さん。
長身のグレイトガイです。

ドノヴァン・バンドは、来月頭からUSツアーをスタート、それは33日間で29ステージという過酷なものです。

ドノヴァンは、明後日にはジェイク・シマブクロとのジョイントチャリティコンサートに出演します。

みんな体に気をつけてね。

これからフライトなので、最終公演のいろいろはまた次の接続で書きますね。

寒気が大気を締めていますが、みなさんも暖かくして良い週末を楽しんでください!

いつもありがとうございます。

それでは行ってきます!

(おまけ)
どこに行っても「かわいー」と大人気のオジー。
ホテルのロビーでも美人のJALクルーたちに囲まれていました。




福岡到着!

日本のプロテスト(サーフィン)で同日、同ヒートで合格した酒井邦彦さんに空港まで迎えに来ていただきました。



彼の案内で、金印公園に行き、



その金印(国宝!)を見物して、



海の向こうにあるのはマンハッタン福岡市。



それから東区にある「Wホテルー海の中道店」にお茶しに行きました。



さすがW、すばらしい内装です。



NAKISURFカフェを作るとしたらこのようにしたいなあ。



ラテンのクラッシーなアンティーク



調度品も美しい。



レストランカフェまでたどりつきました。



アーチ状の天井にうっとり。



トイレまでこの調子です。
すばらしい。



酒井さんの実家に送らせていただいたBD3。
後ろにあるボード群が時代、歴史を感じさせてもらえるものばかりでした。



酒井さんがよく知る「元」さんに連れて行っていただき、たくさんの海の幸と、



あまりのおいしさにびっくりした本場「福岡もつ鍋」をいただきました。



美人奥さんの美香ちゃんと、その友人のみやちゃんの酒井さんファミリー。



本当においしく、「幸」なクオリティタイムでした。
ありがとうございます。

と一休みし、ドノバンたちとこれから海に行こうと酒井さんを待っているところです。

昨日見た波は小さかったけど、「これから上がってくる」と酒井さんは言っています。

福岡はこれから雪!の予報が出ています。

そういえば今日がジャパンツアーの最終日です。

日々音と声の調子を上げているドノヴァン・バンド。
昨日お休みして、今夜はその集大成となりそうです。

当日チケットも売り出すそうなので、近隣の人はぜひお越し下さい。
感動することをお約束します。

今日も来ていただき、ありがとうございました!

みなさんも良い週末をお迎え下さいね。

(おまけ)
俺が今全ての音楽ジャンルで一番好きな "Your Heart"

ラテンのリズムと、ドノヴァンの甘い声のマッチングです。

ぜひ聴いてください!



今日は移動日、番外編をお送りします。

これはヘンドリックス・サンに俺のカメラを渡したらお父さんと一緒で、変な(ここには載せられない)写真がいっぱい撮れていました。

で、いちばんまともなのがこれでした↓



その間俺は寝ちゃっていたようです。



ベイダーさんに教わった船場の問屋街に行ったり、



スターウオーズみたいなエスカレータ交差場所でのセルフポートレイト。



飲み過ぎ注意。



ヘンドリックス・サンのポスター撮影中。



どこに行ってもファンが多い大先生。
移動中もこうしてやさしく応対し、そのやさしい人間性がいつも感じられます。



オジーとパシャリ。



こちらは稲村ヶ崎のK大先生が壱岐に行ってらして、そのご友人の蓬莱さんのショットを送ってきてくれました。

ボードはなんとファイヤーフライFL!

にっこにこで、いっぱいありがたいです。



奄美の友人が、同宿の友人たちと帰る間際に撮っていただいた一枚。
みんな元気ですか〜?



SHOWROOMにシャッターが付きました!



これから福岡に移動します。

D大先生は福岡が大好きで、酒井さんたちとサーフするのを心待ちにしているのです。



しゃちほこにお別れを告げて、クルーは新幹線で一路大阪に向かいます。



待合室での楽しい時間。



彼らにとっては見るもの、食べるもの全てが楽しく、最高な時間でした。



コスミックダディ実演中↓



あっという間に新大阪に到着!



名古屋でSFJ代表の守山さんにお会いでき、



「山から海へ」というDVDをいただきました。
ドノヴァンも出演しているので、みなさんもぜひ〜!



ビートルズ!?



コスミックダディのDお父さん↓



バックステージではビラボンのデザイナーさんがサンプルTを持ってきてくれました。



クアトロはパルコの8Fにありました。

「ここに来たことがあるな」と思っていたらGLOVEのときに来ましたね。



俺の大好きな"YOUR HEART"を熱唱中!
今回のツアーで俺にとって何がうれしいかと言いますと、この曲をライブで毎日聴けることなのです。

いい曲です。



やはり心斎橋もすばらしい盛り上がりで感動しました。

D大先生のギターソロに全員しびれていたなあ。



恒例の「ヘンドリックス・サン〜」

とヘンドリックスを呼び出して始まる親子競演もあり、



すばらしき大阪の夜をアリガトー!



終了後はみなさんと記念撮影タイムです。



SFJのみなさん。
ひかりちゃんが戻ってきました。



奈良で鶏飯食堂を営まれている古川さんご夫妻↓



チーム弊社@京都。
佐保にえみちゃん、麗翠せんせにyukari縁ちゃん。



IDTの美人コンビのめぐみさんと真理さん↓



おみやげに竹とんぼをいただいたヘンドリックス・サン(旧名ドロンパ)↓



食事に行こうと、例の宗右衛門町に行き、ランボルギーニの詰め合わせをパシャリ。
でも、今見るとしっかり「撮影厳禁」って書いてありました。



大阪はたこ焼きやで〜



ナースdeナイスとくるならこちらは「サーフdeナイス」と応戦したくなりました。



今日もドノヴァンばかりですいません。
俺もドノヴァン漬けなので、他に書くことがないのです。

波はどうかなあ?

良い日にしましょうね!

クルーはこれから広島に移動します!
お問合わせ・ご注文
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ