忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

満月ですね。

ちょっと用件があってドノヴァン(D大先生)に電話をかけると、旧家があるラグナビーチにいるという。
明後日から始まるUSツアーの準備で忙しいよ、トホホと言っていた。

「USツアー後はエルサルバドル、そしてオーストラリアツアー、ヨコハマと続くので、それら日程に押され気味で、そっち(ノースハワイ)に行けるのはいつになるのかわからない」と弱気になっている。

アメリカの携帯会社のヴォライズンでは、俺の写真とD大先生を起用した広告キャンペーンを実施中だが、このUSツアー中にも各地のヴォライズンストアで、サイン会が実施されるとアナウンスされている。



とすると、彼のスケジュールは

  23時 公演終了
深夜2時 ホテル着
 
  10時 起床
  11時 ロビーコール 移動
  14時 ストアサイン会場到着後 サイン会
  16時半  サウンドチェック(リハーサル)
  18時 サウンドチェック終了 軽食
  19時 前座スタート (共演もあります)
  21時 本番スタート

というような過酷なスケジュールとなります。

これらステージからステージへの移動もかなりの距離で、州をまたぐことになると6〜8時間の車での移動、これが毎日だと殺人的なものとなります。

まあ「売れっ子ミュージシャンとなるとこんなことになるのか」と少し客観的な目で見ていますが、どの世界にも楽して脚光を浴びるということはないようで、地道な活動が必要なのですね。

各会場はソールドアウト(売り切れ)しているようですが、当日券を売るはずなのでお近くの方は、音の評判がめちゃくちゃ高い「Pass It Around」ツアーにぜひ参加してください。

日程はこちらです↓



今回のツアーバスの絵柄は、俺作品がズドーンと使用されています
エッヘン○↓



さて、ノースハワイ。
勇人さんブログにもあるようにノースショアが小さくなって、俺はうっすら届いている南うねりに目をつけました。

新しくできたバイパス道路を通り、



もうすぐオープンするレストランとショップが集合するというククイウラモールを抜け、



ホワイトハウスに到着すると、逆向き駐車されたフレちゃん号がありました!



今朝もサーフする約束をしていたのですが、時差ぼけコンティニューの俺が起きられず、ミスしてしまい、まだ会っていなかったフレちゃんと偶然の再会です。

そして先行して来ていたウッドとガス(黒犬)とにっこりうれしく会いました。



波は小さく、たまに腰胸くらいのセットが入ってきます。

それでも鎌倉七里ヶ浜の真夏のような風と、ギラのギラギラ海面反射に昔を思いだし、やさしく豊かな気持ちのセッションをウッドと楽しみました。



上がってきたウッドは「波、思ったよりいいゾヨ」と、いつものウメボシ殿下のような口調で大喜び。



その後、NAKISURFコムのTシャツやステッカーを手がけるドクサープリント主宰のカイル鞠黒のオフィスに行くと、新作ステッカーがたくさん誕生していました。



↑SEE YOU NEVER(2度と会わないよ)というモンスター

↓ 「俺は裸の方が上手にサーフできる」
というソウル系。
なるほど股間にぽっちり何か付いていますね。



これはハワイ地方に昔から伝わる「no worry beef curry(ビーフカレー、心配しないで)」という意味なしステッカー↓



全てはこの人が仕組んでいるのです。

カイル鞠黒近影↓



家に戻ると富士山在住のサンゴウさんが全仮面ライダー総図鑑とライダーカード3種を送ってきてくれました。



さらに言いますと、これらのカードは全てラッキカード絵柄だったような気がします。

カルビーのロゴが懐かしい。



子供の頃の俺はこの旧1号にしびれました。

でも何で急に2号に代わっちゃったんでしたっけ?

南米のショッカーの企みを追いかけて、と劇中では言われていましたが、じつのところ本郷猛さんが急病だったのかな?

誰か知っている人がいたら教えてくださいね。
PR


パワフルでパーフェクトな波。
波が旬なノースハワイ。



駐車場から見える波はこんな感じです。

「ヒサシブリネ〜」とクレイグ・ハドソンと再会。
あり余る日本の四方山話で、陽が傾きそうになった。



5日前のブログで東京名車美術館編をやったが、彼の1989年型マツダ・トラックもかなりの名車で、俺のサビタも霞むほど。

「物を大切に」とは両親が俺に教えてくれたこと、そんなことを思い出しながらシャッターを切った。

ブレイクは少しオンショア気味だからなのかどこまでも無人で、沖には多数のクジラがブリーチングしていた。

親子クジラは潮を吹いたり、飛び跳ねたり、「彼らのドリーミングバケーションであるのですよ」と、クレイグが教えてくれた。



日本滞在時に夢にまで見たノアとのサーフセッション。
遠く離れていると、こんなことを夢想してしまうのです。

ノアが乗るのは最新作「キャッチサーフ」のスポンジボード4フィン!

たくさんの波を捕まえ、浜に上がった後はサッカーをして、それからノアは貝殻を探しに遠くまで行ってしまった。

時差ぼけのひどい俺はそれを見ながら寝てしまい、「お腹が空いたよ」というノアの声で起きて、カビカのあっちゃんの『イシハラマート』へ行く。

これは「ポキ」という料理で、その定義は魚、または貝、イカ、タコ、エビを海藻とごま油&醤油で和えたハワイならではのお総菜。

とてもおいしいです。



朝のお弁当が半額セールになっていた。

プライスカードが「ベントー」と単語になっているようにノースハワイは日本の食文化を今も持ち続けているのです。



どの庭にもなっているアップルバナナまで売っていた。
もいで食べられるもので、誰も買わないのでは?

と思うけど、ちゃんと売っているのですね。
これは酸味があるので好き嫌いがはっきりしているバナナです。

ちなみに俺は大好きです。



これも庭で採れるパパイヤ。



やはりお値段はお安いですね。



1980年代にサーフ修行と称してオアフ島に来た時にスーパーマイブームとなった「グアバジュース」もまだまだ健在です。



いちごポッキーも売られていました。



お菓子の乾物、つまり梅干し系のフルーツ各種。
これもノースハワイならではです。



俺の大好きなマカダミアナッツ・クリームパイ。
ダイエット中なので、パスしましたが食べたいなあ。



これは立派なひな人形ですね。



スキー大好きサーフ写真家の菜央ちゃんが「(俺の)表紙の写真集を私は持っていました!」とメールしてくれました。



なんだか懐かしいなあ。

(おまけ)
俺にD200ハウジングを購入したTさんが作品を送ってきてくれました。

波に乗るのもすばらしいですが、波を撮る喜びがこの作品には詰まっていますね。



今日もお越しいただき、ありがとうございます!

明日の波はどうなるのだろうか?

ブイ情報等、復活させなくては、と思うのだけど、まだまだハードコアに波を追い求めていないので、ノースハワイのサイドストーリーを明日もお送りします!

今朝電話をくれた長老フレちゃん、ウッド、カイルにありがとう。
明日こそ一緒にサーフしましょうね。


ノースハワイに帰ってきました。

クリスマスから約5週間動かしていなかった「サビタ」のエンジンをかけると一発で点火した。

見た目はボロでも中身はタフ、これがサビタの魅力なのかもしれない。



波はメジャーリーグベイでダブルちょいくらい。

しかし、オンショアがもう入っていると、カイル、クレイグ、フレディ、ウッドからそれぞれ電話が入った。

なので、ゆっくりしてから軽く闘牛岬でサーフ。
暖かい波と暖かい大気。
そんな「ここではあたりまえ」のことをしっかり味わってから旅の荷ほどきをしました。



カイラがピンキーからいただいたアートに↑
自然からのアート↓



どちらもいいなあ。

で、さらに



DDG(人間)アートに↑
ナチュラルアート↓

*DDG=ドドゲ→ドドゲの由来についてはこちらをご覧下さい



どちらもすばらしいです。

これはリプレイ発信の最強アートデニム↓



南島のがんちゃんにもアート作品、BD3大が届きました。



その南島でアート写真の第一人者である「王子」こと北島さんに今年のカレンダーをいただきました。



どれもこれもすばらしいです。
南島がここに閉じこめられています。



D大先輩からいただいた昔の野球雑誌。
旧き良き時代ですね。



先日D大先生たちと行った茅ヶ崎「市民の森」で「どんべー」こと田崎さんが発見したハートがついた切り株。



アップルストア銀座店のエース健三さんのオフィスに飾られた俺作品。
よくもここまで集めていただきました。



こちらはカビカのあっちゃんのデスク前↓



あっちゃんもたくさんお持ちで光栄です。

(おまけ)
さっきAVISO SURFBOARDSコム内にある王子(ニック)ブログをのぞいたら、クリスチャン・ワックと行った彼らのショートトリップが掲載されていた。



俺の大好きなIN-N-OUTバーガーで、3x3つまりビーフパティが3枚、チーズ3枚というCW特製バーガーを試すクリスチャン。

たった$3.99(約360円)というすばらしい値段にびっくりうっとり。
食べたいなあ。



今回BD3にクリスチャンはペイントを施したようで、



こんなサイケデリックな作品に仕立て上げました。



俺のBD3にも描いてくれ〜!

とはD大先輩と俺からの真の声です。




しばしのスイートホーム東京を後にし、



リムジンバスで成田に向かい、ビルに沈む夕陽を見て、この旅の色々を思い出していました。

あのこと、あの日、あの人、この人、あの波。
こうして意識に決着をつけられる旅はすばらしい、と実感し、

「次はどこに行こうか?と」またさらなる目的地を夢想しはじめました。



成田到着後は今回封印していた「とんかつ」に食指を伸ばし、無常なる空の旅への決意をカツに封じ込めました。

第2ターミナルビル内にある「和幸」、なかなかおいしいです。

一度休憩室に行き、シャワーを浴び(500円)、各地で行った銭湯を思い出す。

鷹番の湯

鶴の湯

極楽湯

太陽の里

どれも良かったなあ。

それにしてもこんなに大きな鉄の塊が空を飛ぶということに驚く。

この便は本日最終22時発ホノルル行きです。



いつもは席に着くとすぐに寝てしまうのだけど、成田ーホノルル間だけは機内食を待ちます。

「えー本日は猛烈な偏西風を後ろに受けまして、機は時速1100km/h!で航行し、最速の5時間で到着いたします」という機長アナウンス。

時速1100km!と驚き、そんなわけはないとCAに確認するとやはりそうだという。

一切揺れず、まるで地上のような滑空。

早く着くのはすばらしい、と東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズ最新作を読む。

機内はいつものように満席、そこで飲むトマトジュース、そしてこのスープストック製の機内食は「もしかしたらエコノミークラス最強なのかもしれないなあ」とうっとりする。

本日の「きのこハッシュドビーフ」に胡椒をたっぷりかけて、

「フレッシュサラダ」に特製ドレッシングを、そして悶絶したほどおいしかったのは、サイドディッシュの
「エリンギマリネ」でした。

最後に「オレンジゼリー」をうっとりと食べてから就寝。

この機内食、NAKISURFコムで扱いたいほどのお味です。
umi cafeさんかカルディさんはいかがですか?



気づくともう朝だった。

機内放送で、「前方左手にノースハワイ島が見えます〜」とやっているので窓をのぞくと、本当だ!ソフトサンド、イナリーズがばっちり見えました。

波があるぞ、あそこの地形はこうなっているのだな、と確認しながらの空からの目でフレちゃんを捜しちゃいました。



これは南側、ホワイトハウスが見えます。



さらに22分ほど空を進むとオアフ島の北西にあるカエナ岬が見えました。

勇人さんが今いる場所ですね。
彼はこの時間サンセットでサーフしていたようです。



ノースハワイ島を飛び越え(追い越し)ホノルル国際空港に到着し、入国審査、税関を抜けて、200mお隣にある離島ターミナルビルに来てからチェックイン。

ものすごい行列で、それを嫌った俺はセルフチェックインし、これで待ち時間ゼロ。

とゲート57にやってきて、スターバックスのサンドイッチを購入しようとして、値段を見るとなんと8ドル50セント(約800円)の法外な値に驚き、豆乳紅茶(300円)のみとする。

昔のハワイアン航空プロペラ機の写真!?に感動しました。
良い時代だったんだろうな。

でも運賃がものすごく、当時の換算レートでホノルルーマウイ間往復で35万円程度だったということです。

とすると、空の旅はずいぶんと身近というか庶民的になりましたね。

ちなみに今回のホノルルーノースハワイ間は特別セール価格で27ドル(2500円)でした。



その2500円の飛行機。



賑やかなワイキキ、アラモアナ上空をひとっ飛び。



先ほどのノースハワイにカットバックするように到着し、



自宅に戻りさっそく麗翠せんせにいただいた「さぬきうどん」を作って食べました。

波乗りに行ってきます!


今日はとうとうノースハワイに帰る日で、エアポートリムジンバスを予約したり、本屋に買い物にと忙しくしています。

さて、昨日はショールーム付近、そして青山にいました。

自転車でショールームに遊びに来てくれたU-skeさんとおくちゃん↓



NAKISURFはSOLの店内でもあるので、サイケデリックなハンドメイド品にうっとりとするふたり。



美人リナちゃん↓



青山で開催されているU-skeさんの個展会場でトミヤマさんと飯田さん、そして飯島おーくんと↓



原宿に戻り、JWTさんでいただいた『新作キットカットの詰め合わせ』を」ヘンドリックスサンへぜひ」とにいただきました。



ショールームでは材木座の加藤さんがFFとグラスホッパーを確認しに来られたり、



なりたまさんのご友人の萩原さんもいらっしゃいました。



さらには「サーフファースト編集の彗星」と言われる得さんと千木(ちぎ)さんも登場。



新展開の「サーフ1」楽しみですね。

それからショールームの近所で行われる日本発のサーフィン写真集『75−85』の出版記念パーティに行ってきました。



発起人の天才奇才なんでもござれのマスター白谷さんと↓



もうひとりの発起人インスピレーション由美さん↓



横山泰介さんを始めとした巨匠写真家勢揃い!
みなさんすばらしき大先輩です。
いつまでもすばらしい作品を撮り続けてくださいね。
俺は後を追い続けます。



泰介さん&ともちゃん、りょうこさんに岡本さんの「チーム・キンチャンズ」大先輩カップルズ↓



マカハ・バッドボーイズの近江さん。
彼は間違いなく日本のミック・ジャガーです↓



天才デビル西岡さんと、テストライダースのボーカル田中俊人さん、コラムニスト&映像作家の井澤さん、そして後ろはディレクションマスターの白谷さんのスーパーチーム↓



お母さんになった美都ちゃんとスーパー脩自さん、ダブの戸倉さんに辣腕鈴木猛さんのハワイチーム↓



ブエノガールと一色海岸の主、レジェンド沼田さん↓



小山内さんと徳上さん、そしてペロさん↓



レジェンド蛸さんと杉山さん↓



やさしきグレイトオーシャン&スノーマンの戸田さん↓



ブルース・オズボーンさん↓



スケート界の大御所アキ秋山さん↓



トミヤマさん、藤原さん、そして女優さん↓



超満員の会場は禁煙環境で、そのおかげで長く会場にいることができました。
白谷さん、ありがとうございました。



サーフィンライフ大編集長内田さん、山崎しんさん、赤井得さん↓



サンディエゴの大先輩の肉ちゃんと0501のおごせさん↓



チャーリーさんもやってきました↓



先日おじゃました「なみある?」の美人ディレクター田中さんもいらっしゃいました↓



それから恵比寿でマー様ことマーカス・マーナーと「Fummy's grill」で野菜食事を↓



パーティには間に合わなかったD大先輩も来られました。
みんな25年来の友人です。

楽しいなあ。



それからリリーちゃんとも合流し、



この「ラ・ボエム」でデザート三昧。

ここも今時珍しく「全席禁煙環境」。

夜中なのにこんなきれいな空気が店内で吸えるとは思わなかったと、いちごづくし(200円!)と580円のプリンにうっとりにっこり。



艶美イルミネーションでさよなら三角またきて四角↓


さよなら三角 また来て四角
四角は豆腐 豆腐は白い
白いはウサギ ウサギは跳ねる
跳ねるはカエル カエルは青い(みどり)
青い(みどり)は柳(葉っぱ) 柳(葉っぱ)はゆれる
ゆれるは幽霊 幽霊は消える
消えるは電気 電気は光る
光るは〜♪

と、

俺の弱い心に活を入れ、そして正義のために、よりスゲエリッピングのために今日も元気なD大先輩こと三浦さんと、



「原宿SHOWROOM設立」に多大なる協力をいただき、洋服大好きな俺に世界有数レベルの古着うんちくと、東京ライフの愉しさを教えていただいたリリーさんにありがとうございます!!



もうすぐ成田に行きます!

今日もお越しいただきありがとうございます。
明日からはノースハワイ編です。

これからもよろしくお願いします〜。


なんと桜(河津桜?)が咲く湘南で「なみある?」さんのランチに参加させていただきました。



左から田中さん、清水さん、阿部さん、浅野さん、中嶋さん、こうださんに広告工房の大竹さんの面々。

で、俺が食べたのはこのチキンサラダ。

奄美で18才の体内年令というオホメ評をもらってからというもの、健康志向食を維持しています。



日本での食料品の買い物は、大好きなカルディ・コーヒーファームで行っています。

ドノヴァンと一緒に行ったけど、彼も大好きなお店で「カルディの曲が創りたくなった」と言うほど愛していました。

ここはカリフォルニアで大好きな「トレーダージョーズ」の日本版です。
オーガニックコーヒーはもちろん、おいしいうどんにパスタ、水からワインまで全てここに没頭するように購入しているんです。

全国150店舗だったっけかな?
かなり色々な場所にあるお店です。

勝手に宣伝しちゃいましたが、カルディをぜひぜひ〜!



ランチ店の外に出ると、潤ちゃんこと、池田潤さんを発見しました。



潤ちゃんは「なみある?ムービー」の納品に来たそうで、あまりの偶然にびっくり。



七里ヶ浜の真ん前にあるなみある?本部オフィスでは、阿部さんと浅野さんとで動画ユーザーの考察結果を拝聴し、お見えになったサーフ1磯部さんと入れ替わりました。



オフィスでいただいたこの「なみある?」ステッカー、本日原宿ショールームにて先着50名さまに配布しております。

イーグルテーブルの上に置いておきますので、よろしければお持ちください。



またウミカフェに行き、無調整豆乳ラッテをいただく。
「ネーミングを」と一平くんからあったので、「ソイビターラッテ」はいかがでしょうか?

調整豆乳のように甘くないのを表現(ビター)してみました。

ぜひ〜!



昔からやさしい一平くんと嘉子ちゃん↓



俺が昔住んでいた茅ヶ崎の海沿いの家を見に行くと、まだそのままで保存(笑)されていた。

シロとグレの家でもありました。
懐かしいなあ。

お隣の高橋さんは引っ越しされたのかな?



辻堂のトリムズオブヘアーさんに行き、かばさわさんとレンタル可能なBD2。



ここは元祖レンタルプログラムシステムに協力いただいた1号店で、このボードはいまだにレンタル可能です。

次はAVISO BD3を考えているのですが、現在お客さまの注文多しで、なかなかレンタル用の個体が確保できていないのです。

近日中に始まります。



昔懐かしい鎌倉腰越を抜け、



去年土井さん家に納品された大型NAKIPHOTO作品を拝見しにいきました。



全身で波を表現する純吉くん↑

そこからカビカのあっちゃんに車を返却し、バスで藤沢駅まで向かい(210円)、18時31分発湘南新宿ラインで恵比寿に行き、この生肉のカルパッチョと、



大好きなスパゲッティミートソース。(カロリー高そう)



沖縄帰りのおなじみきんちゃんと、「カリスマMCなりたまさん」ことFMの女王、成田真美さんと楽しくお食事をいただきました。



その後、熱湯で精神修行させてくれる千駄ヶ谷の「鶴の湯」に行き、



温度計で確かめると先日の激温は47度だったことが判明。
本日は46度で、5分間水を入れてようやく42度。

ひえー、と真っ赤になりながら根性入浴し、ショールームに戻って早寝しました。

ショールーム併設のSOLは朝から取材攻勢でした。



「海が大好きで、FINEをいつも読んでいます!」というサーフィン好きのかおりちゃんとお奨めしたBD3↓



静岡県からわざわざショールームにこられたみやたさん夫妻↓



10代の時に一緒にサーフしていた旧友サーファーの山岡さんにお越しいただき、新しく届いた

FIREFLY 6'0"

FIREFLY 6'2"

Zen2 5'11"

JJ Rocket fish 6'2"

を開封しました。



これでショールームに展示されているボードは23本となりました。

来週にはフレックスライトのオリジナル版等が届くのでもう10本ほど増え、3週間後にはAVISOからさらに12本届きます。

3月の頭には45本のラインナップとなりますNAKISURFコムショールームをどうぞよろしくお願いします。

と、オープン記念に福岡の酒井さんにいただいたポルシェ997GT3 RSのミニカー。
かっこいいなあ。



カフェヒロさんとグアバベリーの森くんからいただいた南国花。



上にも登場したトリムズさんから美しいお花。



アクエイジ社のベイダー皇帝さんからは蘭!



ショールームの内外に美しく咲いています。
ありがとうございました!

(おまけ)
AVISO主宰のジョンから「新聞に掲載されました」と画像が届いたのでここに公開します。



これは大阪D大先生ライブで、とおるとU-SKEさんと一緒の一枚。
この日が遠い昔に感じます。



今日もお越しいただき、ありがとうございます。
また明日お会いしましょう!


こんにちは、船木@七里ヶ浜です。
波はフラット、たま〜にSUPなら乗ることができる極小サイズがブレイクしています。

サーファーは皆無。
風も強く、かなり寒いです。

これが東京。
ミーティングがあった恵比寿ガーデンプレイスから撮りました。



これがAVISOジョンが今いるオレゴンの景色。



映画『バベル』みたいに3つの土地の話の脚本が書きたくなりました。

現在(15:30)は鎌倉umi cafeで、



この「成分無調整豆乳ラッテ」をいただきながら書いています。

夜東京。



渋谷駅前にあった「ドド、ど」の落書き。
DDG(ドドゲ)マニアの仕業だと思いませんか?



絶品ごまとろろうどん↓



ショールームに遊びにきてくれたナナちゃん↓



シモーン整体を受けました!



シモーンさんによると、俺の腰が悪いようで、それを調整してもらいました。
すると、足の冷えが止まり、「体、再発進」できるようになりました。

それから恵比寿「GO HEMP」の杉本さん、そして主宰の橋本さんにお会いしてきました。



NAKISURFコムでは、このうっとりとするような手触りのHEMP素材を用いた展開というのを企画中です○

博と大ちゃんと「音音」でランチ。



D大先輩が反応していた単気筒ドゥカティ。



夕方ビームスさんでミーティングしました。
もうすぐうれしい、すばらしいニュースをお知らせできると思います。
お楽しみに!

(おまけ)
そのジョンのいるオレゴン。



極寒サーファー。



(おまけ2)
前回なぜか人気が高かった「スーパーカーシリーズ」の東京編です。
とある立体駐車場には、こんな超車がたくさんありました。

(各車名を訂正、更新しておきました。またお願いします!)



マイバッハ↓



スカリエッティ↓



所有者の方にお願いしてメーターパネルを撮らせていただきました。



これは360モデナですね。
カバーもフェラーリでした。



AVISOケースもこんなのがあればいいのになあ。



アメリカでは「ビーマー」というニックネームのBMW↓↑



新型レンチャン↓



デッフェンダー90↓



赤フェラーリ兄弟↓



モデナ兄弟↓



ベントレーとスカリエッティ↓



酒井さんが大好きなポルシェ997GT3 RSとアルファロメオ164↓



わんちゃんが狙っているアウディQ7とルノー・アヴァンタイム↓



ランクル200!右側はレンチャン・スポーツの日英対決↓



えーと、これはシルエットから見るとエンツオですね。
かっこいいなあ。



007のボンドさんの愛車、アストンさん家のマーちゃん↓



いやあ、東京はすごい!

俺にとっては立体駐車場が名車美術館のような気持ちになりました。

今日もありがとうございます。
また明日お会いしましょう!

お問合わせ・ご注文
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:Naki 2009 または船木三秀
HP:NAKISURF
性別:男性
職業:専門職
趣味:海
自己紹介:
 11年暮らしたカリフォルニアからノースハワイ島に住みかえ、毎日クオリティの高い波で波乗りをしています。

 私は波乗り殉教者で、肩書きはプロサーファー、写真家、画家、ルポライター、デザイナーです。

 風が創ったさざ波が合わさり、遠くの洋(うみ)から陽の下、夜の中を駈けてきたうねりに乗る、というような気持ちで波に接している。
 その欲求と探求心は飽くことがないようで、小さい頃からの夢であった世界の海を旅し、自分なりのアウトプットを続けています。

 波を知ることは海を知ること。その深遠無限のインスピレーションを感じ、ゆらゆらと絡まった日々をこのブログで綴れたらなあ、と。

 そんな波乗りの奥深さ、その意識や感覚を文章、写真、絵で表現できたらと思っています。

 同業の方、同じ夢の方、海が好きな方、波乗りを愛する方、この場でお話しましょう。

 ありきたりの道具論に留まらないメッセージをみなさまと創ってみたいのです。

 また、カリフォルニア州、サンクレメンテ発のサーフショップ『NAKISURF.COM』も運営しております。

 こちらは長年培ったサーフ業界のコネクションを活かし、世界で一番誇れるWEB STOREを目指しておりますので、どうぞご覧になってください!

ぜひ!

 どうぞよろしくお願いします。
最新の記事
(04/28)
(03/08)
(03/07)
(03/06)
(03/05)
(03/05)
(03/04)
(03/03)
(03/02)
(03/01)
(02/28)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/24)
(02/23)
(02/22)
(02/21)
(02/20)
(02/19)
(02/18)
(02/17)
(02/16)
(02/15)
(02/14)
ブログ内検索
CURRENT MOON
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2008 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ